1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 男性の熱烈ファンが多い米国ブランドが、ヴィジュアルブックを発売

男性の熱烈ファンが多い米国ブランドが、ヴィジュアルブックを発売

男性の熱烈ファンが多い米国ブランドが、ヴィジュアルブックを発売

アメリカで最古のアパレルブランドがどこか、ご存知でしょうか。「ブルックス ブラザーズ」です。2018年で創立200周年を迎えます。これを記念し、ヴィジュアルブックが発売されました。ブランドの歴史や、愛されてきたスタイルがまとめられています。

20171218_brooks_1.jpg
「BROOKS BROTHERS: 200 Years of American Style」7,000円(税抜)。アウトレットを除く全店、オンラインにて販売中。

ブルックス ブラザーズは発祥がメンズなので、あまり馴染みがない読者もいるかもと思い、どう説明したらブランドの魅力が伝わるのかなと考えてみました。ですが、ブランド発祥のアイテムや、あの時あの偉人がまとっていたのが同社のジャケットだった、なんて逸話が多くありすぎて、とてもじゃないけれど1000字ほどの記事にはまとまりそうにない......(ライターとしてありえない結論ですが)。なので詳しくはヴィジュアルブックでご覧いただくとして、「へー、あれもそうだったんだ!」と驚くブランドエピソードを、いくつか挙げてみます。

米国歴史上人物の隣にブルックス ブラザーズあり

20171218_brooks_2.JPG
ブランドのシンボルマークであるゴールデン フリースは、リボンで吊るされた羊。写真は保管資料に印刷されたもの。

ブルックス ブラザーズは、1818年4月7日、最高品質を保証する商品だけを取り扱うことを理念とし、ヘンリー・サンズ・ブルックスによって「製造と販売を兼業した会社」としてニューヨークで設立されました。多くの文化人から愛されるブランドに成長し、米国大統領たちをも魅了します。

20171218_brooks_3.JPG
ブルックス ブラザーズのテイルコートを描いた1920年代のイラスト。

たとえばエイブラハム・リンカーン元大統領。彼が2期目の就任式の際に着用したフロックコートはブルックス ブラザーズが特別に誂えたもので、彼がフォード劇場で暗殺された夜に着用していたのも、この上着でした。ジョン・F・ケネディ大統領もファンの1人で、彼が愛用していたのは同社の「No.2」スーツ。ほかにも俳優クラーク・ゲーブルが結婚を発表した時に着用していたなど、文化人にまつわる話は枚挙にいとまがありません。

20171218_brooks_4.JPG
熱烈な愛好家が多いブランド。写真は熱心な顧客である映画監督、スティーブ・マックイーンのブルックス ブラザーズ クレジットカード。

たくさんの「初」を生み出すブランド

米国でもっとも早く既成スーツ販売を行ったり、ポロの試合で選手の襟が風になびかないようボタンで留めているのを見たことからポロカラー(ボタンダウン)シャツを発明したり、インドのマドラス地を夏のレジャーウェアとしてアメリカにもたらしたり、はたまた英国の軍服だった斜め縞模様のレジメンタルタイの縞模様を反転させ誰もが身に付けられるパターンへと生まれ変わらせたレップタイなどなど。「米国で初めて」の歴史を多く刻んだブランドでもあります。

20171218_brooks_5.JPG
レップ ストライプ タイ。

メンズファッションの編集者にブルックス ブラザーズについて尋ねると、学生時代から憧れていたブランドだった、と答える人が多くいます。これだけ歴史深いブランドであれば当然とも言えますが、歴史が深いからファンが多いわけではなく、ファンが多いからこそ長い歴史を持てるのだという事実に、今回改めて気づいたのでした。

20171218_brooks_6.JPG
いまなお、進化し続けており、若者の間にもファン多数。写真はレッド フリースを着てスケートボードでスピンをするモデル。

ブルックス ブラザーズ

電話:0120-185-718(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

ブルックス ブラザーズ

Ayako.T

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    2. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    5. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    6. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「直感に従えば、必ず答えが見つかる」理由

    10. 雨だけど「髪、まとまってる! 」って歓喜したい

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    3. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    4. もしも部下が発達障害だったら?

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    7. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    8. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    8. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    9. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    男性の熱烈ファンが多い米国ブランドが、ヴィジュアルブックを発売

    FBからも最新情報をお届けします。