cafeglobeの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. キャリア
  3. 資金不足のプロジェクトを見切り発車したい人へ [Richard Branson Column]

資金不足のプロジェクトを見切り発車したい人へ [Richard Branson Column]

Richard Branson Column

資金不足のプロジェクトを見切り発車したい人へ [Richard Branson Column]

イギリスの実業家でヴァージン・グループ創始者・会長のリチャード・ブランソンが、ビジネスパーソンや起業家の質問に応えます。

Q:トランシルバニア出身の者です。この地域で初の5つ星のブティックホテルをオープンする事業をしています。貯金をつぎ込み、プロジェクトも終盤に入りましたが、完成させるには資金が足りません。客室の4分の3ができあがった今の状態で、オープンさせるべきでしょうか、それとも全部完成するまで待つべきでしょうか?(ゾルト・ゼケリー/ルーマニア)

第一印象を犠牲にしてはならない

A:あなたの問題は、事業を始めようとする多くの起業家が直面することです。僕ができる一番重要なアドバイスはこれです。「いい第一印象を与える機会は、一度しかありません」。

つまり、ブティックホテルを完成させるまで、オープンしない方がいいかもしれないということです。まずあなたが確実にしなければならないのは、ブランド・アイデンティティをきちっと設定して、細かなところまでゲスト体験を高めることです。早くオープンすれば一時的に収入は入るかもしれませんが、長期的なリスクをとるには値しないでしょう。

口コミというのは素晴らしい販促ツールですが、不利にも働きかねません。オープン時に何か不足なものがあれば、ゲストはそれに気づいて噂はあっという間に広がります。あなたのホテルの初期の予約は評判にかかっていますから、急いでオープンしたためにゲスト体験がお粗末であれば、評判を取り返すのは容易ではありません

オープン前は期待を高めるいい期間

だからと言って、立ち止まるのがいいわけではもちろんありません。オープン前に、ブランドを知ってもらうためにできることはたくさんあります。Virgin Hotelsチェーンがいい例です。最初のホテルはシカゴです。街のランドマークだったオールド・ディアボーン・バンク・ビルを時間をかけて改装して、2015年1月にオープンしました。何もかも完璧にしたかったので、プロジェクトには随分時間をかけました(にもかかわらず、屋上ラウンジなどいくつかの施設は、同年の後半になるまでオープンしなかったのです)。でもその期間、このホテルが他のホテルとは違ったものになることをPRして、期待感を持ってもらうことができたのです。

当時まだWiFi接続に課金していた競合ホテルに行って、宿泊客に無料WiFi接続を提供するなんていう、お茶目なこともやりました。Virgin Hotelsには通常のフロントデスクはありません。携帯のアプリを使ってチェックインし、部屋の温度調整やテレビ、ルームサービスの注文も、アプリから操作できるようになっています。

また、Virgin Rumorsというコンテストも催しました。今度オープンするホテルならやるだろうというサービスを、何でもありで予想してもらったのです。これには舐めることができる壁紙とか、テレポーターとか、奇想天外な予想も寄せられました。でも、優勝したのはそれにくらべれば常識的でした。あるカップルが、ゲストに寝る前の読み聞かせをしてくれると予想したのです。シカゴでオープンした週末に、僕らはそれを実現しました。僕は優勝したカップルに、彼らのお気に入りのモーリス・センダックの『かいじゅうたちのいるところ』を読んで、布団をかけてあげたのです。

オープン初日から、お客様は何よりもゲストを優先する僕らのホテルを褒めてくれました。2016年には、コンデナストの読者投票で、米国のベストホテルに選ばれたのです。オープン前、僕らは他のホテルがやっていることをすべて検討し、旅行者が直面する問題を解決すべく努力しました。無料WiFi接続に加え、アーリーチェックイン・レイトチェックアウトのペナルティをなくし、ミニバーのアイテムはリーズナブルな価格に設定しました。

僕は改装中のホテルを、ヘルメットをつけて見て回りました。まだ埃だらけの現場で、カーペットも壁に丸められていました。でもその時でさえ、どんなに立派なホテルになるかがはっきりとわかりましたし、目をキラキラさせてプロジェクトに取り組むスタッフの熱意を、しっかり感じました。

お金を払う価値があることを証明し続ける

あなたのホテルがその地方で唯一の5つ星ホテルになろうとしているのは、素晴らしいことです。でもその姿を世界に明かす前に、あなたのビジョンがすっかり実現されているようにしなければなりません。そしてその後もビジョンを積み重ね、あなたのホテルに余分のお金を払うだけの価値があることを、証明していかなければなりません。それを可能にしてくれるのは、いいチームでしょう。

一生懸命貯めたお金を新しい事業につぎ込むのは大変なことだし、怖くなるのも当然です。僕が雑誌『Student』を始めた当初は、広告主をとるのに非常に苦労しました。毎回、次の号が出せるかわからない状態だったのです。でもしっかりリサーチをした上で、他では得られないものをどのようにしてお客に提供するかが明確なのであれば、成功の可能性は高いものです。

続々オープンするVirgin Hotelsチェーン

オープン後も、夢を見続けてください。Virgin Hotelsは、サンフランシスコに次のホテルをオープンすべく準備中です。もっと早くオープンすることもできたのですが、シカゴ同様、考えうる最高のゲスト体験をしてもらうために、全てを完璧に整えたかったのです。それは、今後予定されているどのホテルでも同じです。僕らはすでに、ダラス、ニューヨーク、ニューオーリンズ、ナッシュビルで着工しています。パームスプリングス、シリコンバレーでも計画が進行中です。さらにボストン、ロスアンゼルス、マイアミ、シアトル、ワシントンDC、ロンドンでも機会を探っているところです。

ゾルトさん、自分のホテルのプロジェクトをここまで進めたことを、ぜひ誇りに思ってください。でも世の中にそれを披露する前に、仕事は終わらせるべきです。忘れないで欲しいのは、これはあなたのビジネス・アドベンチャーの始まりに過ぎないということです。一生懸命仕事をして、少しの運があれば、そのホテルのドアを開けた時に、もっと多くのドアが開かれるでしょう。

Good luck!

リチャード・ブランソン

イギリスの実業家で、ヴァージン・グループの創設者・会長。ヴァージン・レコードを筆頭に、航空産業、携帯電話、出版、金融から、飲料水、宇宙旅行まで幅広い分野で事業を展開。気球で太平洋横断に挑戦するなど冒険家としても有名である。鋭い洞察力、ユーモアに富んだ発言と自由な生き方で世界中に根強いファンを持つ。

© 2017 Richard Branson, Distributed by The New York Times Syndicate[原文:Take the Time to Get It Right/執筆:Richard Branson](翻訳:スマキ ミカ)photo by Getty Images

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 顔診断。顔のパーツから性格を見抜く方法

    2. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    3. 読書家ビル・ゲイツおすすめ2018話題の新刊

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 裏方だからこそ、力がなくては役に立てない/トランスコスモス吉止幸路さん、石井美彩さん

    6. 新卒とココが違う。キャリア転職で知っておくべき面接マナー

    7. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    8. 知的さはセミマット肌に宿る。賢者4人の愛用ファンデ

    9. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    10. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    1. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    2. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    3. 顔診断。顔のパーツから性格を見抜く方法

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    8. 読書家ビル・ゲイツおすすめ2018話題の新刊

    9. 裏方だからこそ、力がなくては役に立てない/トランスコスモス吉止幸路さん、石井美彩さん

    10. 箱根駅伝トップ校から学ぶ、チームを伸ばすマネジメントテク

    1. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 見直すべきは◯◯費。プロが教えるお金の貯め方

    4. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    5. 顔診断。顔のパーツから性格を見抜く方法

    6. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 「味わう」を意識すると人生は豊かになる。ソムリエ・佐藤陽一さんの哲学

    10. すでにアラフォーの半数以上がはじめてる。2018年の自分磨き事情

    資金不足のプロジェクトを見切り発車したい人へ [Richard Branson Column]

    FBからも最新情報をお届けします。