1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. haruの恋占い 1月のあなたの物語(10月生まれ)

haruの恋占い 1月のあなたの物語(10月生まれ)

haruの恋占い 1月のあなたの物語(10月生まれ)

心がふわふわとしてなかなかひとつに定まらない今月。両極端の考えに揺さぶられて、あっち行ったりこっち行ったり。動きの割にはこれといった成果がなく、無意味に疲れてしまう予感です。

根拠のない自信に満ち溢れたと思ったら、今度はすぐに「お先真っ暗」な気分に陥ったりするので、できるだけ気分まかせに行動しないように気をつけましょう

たとえばテンションが高まって壮大な計画を立てたとしても、すぐには行動に移さないことが大事。いろんなアイデアが浮かんでも、必ずひと晩は寝かせて再度考えて直してみて。翌日には「なんで昨日はあんなにひとりで盛り上がったんだろう」と自分でも不思議になるほど冷静になっているはず。上がり気味のテンションをコントロールすることで、気分の浮き沈みをなるべく穏やかにすることができます。

美女の粉

今月は喉からくる病気に要注意。とくに喉の乾燥に気をつけて。就寝時は必ず加湿器などで室内の湿度を高めに保つかマスクをして寝るなど、乾燥対策を徹底して。

カフェグローブの占いをもっと見る

>>haruの恋占い

>>逢坂杏の12星座占い

photo by Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    haruの恋占い 1月のあなたの物語(10月生まれ)

    FBからも最新情報をお届けします。