1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. 【haruの恋占い】2018年のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

【haruの恋占い】2018年のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

18,680

【haruの恋占い】2018年のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

生まれつきごとのあなたの運勢を占う「haruの恋占い」。ちょっと大人な恋の予報、そして「さらに美しくなるため」の『美女の粉』を毎月まぶします。

全体運

2018年は一年を通して、「低め安定」な空気感が漂いそう。見通しの悪い情勢、バタバタと変わる制度、荒れた天候続き......など、文字にすると「ざわざわ感、どんより感」がある運勢なのですが、でも苦境というほどの大きな出来事は起きない模様。やや低めだけどそこで安定し、つまりは「盛り上がりはないけれど、平穏」という日々が続くでしょう。

そんな2018年ですが、この一年を素晴らしく彩ることができる人がいます。それは「モチベーションを保ち続けることができる人」です。どんな小さなことでも、自分が行なっていること、目指していることに誇りを持ち、諦めずにコツコツ続けることができた人には、9月あたりに目標の達成・完成が約束されることでしょう。また今年は貯蓄に励むこともラッキー行動となります。今年スタートした貯蓄は、未来のあなたを必ず助けるものとなります。

国際的な交流が活発になる年でもあるので、海外旅行や留学を計画している人は、今年思い切って実行してみてはいかがでしょう。その行動力が実となり、年末には思いがけない展開......たとえば運命の出会いや引き抜きなど、驚きの結果が待ち受けているかもしれません。

低め安定な運勢といえど、5月だけは誰しもインスピレーションが冴える時期となります。一瞬だけ晴れわたるこの期間はぜひ美容や健康、スキルアップの強化月間にあててみましょう。かなり高めの目標を掲げるのもいいですね。年末にはその目標を達成させるパワーがこの時期に宿りますから。

反対に運気を下げてしまう行為は「夜更かし」。低め安定な運勢の「低め」に波長があってしまい、なにをするにもスムーズに進められなくなってしまいます。夜型の人や多忙な人で、睡眠を長くとるのが難しいならば、できる限り睡眠の質をあげる工夫を試みましょう。それにはまず、寝室を安らぎの場所にしなくてはなりません。テレビやミュージックプレイヤー、スマホの持ち込みはきっぱりと断念して。

では、2018年もみなさまにとって素晴らしい一年となりますよう願いを込めて、誕生月年間占いを発表いたします!

>>1月生まれのあなた2月生まれのあなた3月生まれのあなた4月生まれのあなた5月生まれのあなた6月生まれのあなた7月生まれのあなた8月生まれのあなた9月生まれのあなた10月生まれのあなた11月生まれのあなた12月生まれのあなた

>>カフェグローブの占いをもっと見る

haruの恋占い:一覧

逢坂杏の12星座占い:一覧

image by Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    【haruの恋占い】2018年のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

    FBからも最新情報をお届けします。