1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. haruの恋占い 2018年の物語。4月うまれのあなたは「孤独を恐れない」ことが課題!

haruの恋占い 2018年の物語。4月うまれのあなたは「孤独を恐れない」ことが課題!

9,776

haruの恋占い 2018年の物語。4月うまれのあなたは「孤独を恐れない」ことが課題!

全体運

2017年につながった縁、それが「不毛な関係」だと自覚があるのならば、2018年の3月までにあなたのほうからきっぱり「その人・あること」から離れましょう。孤独を恐れてはいけません。孤独はあなたが思うほど悪いものではないから。誰かに振り回されることなく、先回りし過ぎて気持ちが不安定になることもなく、あなたの心はあなたが自由にハンドリングできる......それが孤独の良さです。このまま不確かなものにつかまって、吹き荒れる風に身を任せていてはダメ。体力も気力も消耗していくばかりです。これまであなたはよく頑張ってきました。でも3月までに自らあなたを解放するタイミングが訪れます。そのときがきたら、ためらわずにあなたを縛っていたものの手を思いっきり振りほどいて。そして自由と軽やかな心を取り戻すのです。

恋愛運

中毒性のある恋にご注意を。一瞬はあなたを快楽へと導くのですが、その効果は短く、かわりに狂おしいほどの執着心を植えつけられてしまいます。今年は危険な香りが立ち込める恋に踏み込んではダメ。フランキンセンスの香りが、危険な縁をあなたから遠ざけてくれますよ。

結婚運

「誰かと一緒に暮らすこと」について、もっと軽やかに考えてみましょう。今年のあなたは「ひとりのメリット」を多々実感すると思います。誰かとともに歩まなくても、あなたは自分の力で幸せになれる力を持っています。だから「結婚」という二文字に執着しないで。

仕事運

今年もっとも輝いているのが仕事運。昇進や海外での活躍など、憧れていたポストにつく可能性が大! 周囲がなんと言おうとも、あなたの意思を貫いてください。その思いは今年後半に必ず現実のものとなります。ゴールドのアクセサリーが仕事運アップのお守りとなります。

ハッピーの粉

職人技が光るもの、家に代々伝わるものや行事など、「伝統」を意識して過ごしてみて。精神的な落ち着きと経済的な安定が約束されます。仕事にも「伝統的ななにか」を取り入れるとさらに運気がアップします。

カフェグローブの占いをもっと見る

>>haruの恋占い

>>逢坂杏の12星座占い

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    haruの恋占い 2018年の物語。4月うまれのあなたは「孤独を恐れない」ことが課題!

    FBからも最新情報をお届けします。