1. Home
  2. ライフスタイル
  3. シャンドンの香りが口いっぱいに広がる極上生チョコ

シャンドンの香りが口いっぱいに広がる極上生チョコ

シャンドンの香りが口いっぱいに広がる極上生チョコ

チョコレートの種類が充実する冬は、私の好きなシーズン。特に、口どけが魅力の生チョコはこの時期に楽しみたいですね。大人の女性におすすめの極上の生チョコが、自由が丘のチョコレート専門店「マジドゥショコラ」から発売されます。

香りがテーマのBean to Bar

20171225_chocolate_1.jpg

原材料であるカカオ豆の特性をより生かすため、Bean to Bar製法にこだわっている「マジドゥショコラ」。食べる人すべてに新しい発見をしてもらえるような商品を開発しているそう。新商品のテーマは「香り」。さまざまな素材とのマリアージュを楽しむフレーバーチョコが登場しました。「燻」「柚子」「キャラメル」「和三盆」「花火」「ダークミルク」の6種類です。

「燻」は、カカオ豆の焙煎時、ロースト時間を秒単位で調整し、桜や林檎などの燻煙材で香りづけしたもの。燻製の香りがふわりとするチョコレートでした。予想を裏切る味わいだったのが「柚子」です。カカオがフルーツだったと改めて思い出させてくれる果実味に、柚子の甘酸っぱさが広がります。そして、口の中でぱちぱちはじける「花火」。食感がとてもユニークで、なんだか幼いころに食べたはじけるキャンディのようでした。

今後、フレーバーが増えるそうなので、ますます楽しみです。

「シャンドン」が香る極上の生チョコ

20171225_chocolate_2.jpg

ほかにも、カカオの実を包む白い果肉部分を使ったジュースなど、なかなかお目にかかれないカカオのスイーツを楽しめます。見逃せないのが、「MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社」とコラボレーションし、「シャンドン ブリュット」を贅沢に使用したBean to Barの極上生チョコです。

20171225_chocolate_3.jpg

見た目は、ロゼのシャンパンを連想するピンク色で、口に入れると同時に広がるシャンドンの香り。追いかけるようにスパークリングのぱちぱち感が楽しめます。生チョコのため、その口どけのねっとり感でシャンドンの香りがより口の中に長く残る印象です。シャンドンとともにいただきたい、大人のフレーバーチョコでした。

これらカカオの世界が楽しめる新商品が発売されるのは、すべて1月。新年会のおもたせにもよさそうですね。年明けが今から楽しみです。

マジドゥショコラ

住所:東京都世田谷区奥沢6-33-14電話番号:03-6809-8366公式HP

林 ゆり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    シャンドンの香りが口いっぱいに広がる極上生チョコ

    FBからも最新情報をお届けします。