1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 日本発ブランドを選ぶのが正解。知性とおしゃれ感を演出するアイウェア選び

日本発ブランドを選ぶのが正解。知性とおしゃれ感を演出するアイウェア選び

JOY=すこし贅沢なお買いもの

日本発ブランドを選ぶのが正解。知性とおしゃれ感を演出するアイウェア選び

デザインもカラーも豊富。リーズナブルに手に入るようになったものの、ぴったり似合うものを選ぶとなると難易度が高いのがアイウェア。選び方のポイントや楽しみ方などをスタイリストの河部菜津子さんにうかがいました。

本当に似合うアイウェア選びのポイント

・日本人の肌色や顔の形を熟知した日本ブランドがおすすめ ・見た目チェックは客観性も重要。友人やショップスタッフの助言も参考に ・かけていることがストレスにならない軽いものを選ぶ ・大人の知性を演出する小道具としての意識を持つ ・リーディンググラスは、新たなおしゃれのはじまり

新たなおしゃれを楽しむ好機をとらえて

アイウェアが好きで、シーンやファッションに合わせて楽しんでいるという河部さん。海外ブランドの良さは知りつつも、日本人を熟知した日本ブランドのものが「しっくりくる」のだとか。眼鏡は人に与える印象が大きいので、友人やショップスタッフなど第三者のアドバイスも重要とのこと。自分では選ばないまさかのタイプが似合うこともあるそうです。

また、リーディンググラスも専用ではなく、気に入ったフレームに遠近用レンズを入れるのがおすすめ。「専用のものを選ぼうとすると楽しくない。でも、新たなおしゃれにトライできると思えば気分もあがりますよね。アイウェアは"大人の知性"を演出するのに最適です」。

フィット感とコンテンポラリーな感覚を備えた逸品/BLANC

20171221_joy_1.jpg
[BLANC/ブラン]上より、B0016 CLR(GOLD/CLR)25,000円、BM005 CLR(OLIVE/CLR)34,000円、BM001 CLR(BROWN DEMI/CLR)30,000円 ※すべて税抜価格、各カラー展開あり

「とにかくかけやすくて、フレームとレンズのカラーバリエーションが美しい」。河部さんも愛用しているのが『BLANC(ブラン)』のアイウェア。スタートは2012年と、まだ若いブランドですが、コンテンポラリーなデザインが感度の高い人たちに注目され、ロンドンコレクションのランウェイにも採用されるほど。オーソドックスでありながら、私たちが本当に欲しいもの、似合うものを生み出すことができるのは、デザイナーの渡辺利幸さんの前身がセレクトショップのバイヤー兼販売員だったことも影響しているに違いありません。

さりげなく、個性をアピールするポイントカラー

20171221_joy_2.jpg

渡辺さんの故郷は眼鏡の生産地として名高い福井県鯖江市に近く、それゆえ眼鏡は幼少時よりなじみ深いものだったそう。もちろんBLANCの眼鏡も鯖江の熟練した職人によって手掛けられ、ストレスのないフィット感を実現しています。また、注目してほしいのが左テンプル先端のポイントカラー。数多あるアイウェアブランドに混ざったとしても、ひと目でBLANCとわかる仕掛けです。ふだんは耳の裏に隠れてしまいますが、外してテーブルに置いたときなど人に褒められるのがうれしく、ほんのり優越感にひたれる眼鏡なのです。

【問い合わせ】BLANC/ブラン TEL:03-6721-0390

女性向けブランドならではの、ベストなサイジングとフォルム/propo

20171221_joy_3.jpg
[propo/プロポ]PHIL(4)32,000円、ABBY(4)34,000円、MAY(4)32,000円 ※すべて税抜価格、各カラー展開あり

河部さんの続いてのおすすめは、シンプルを基本に"いきすぎないデザイン"がモットーの『propo(プロポ)』です。「シンプルなのに、エッジが効いていて微妙なニュアンスもあり、他にはない個性を感じます。必ず似合うものが見つかるはずです」とのこと。

それは、デザイナーの石田岳大さんが眼鏡そのものを目立たせるのではなく、かける人の顔立ちを引き立てるものと考えているからでしょう。女性向けに特化したブランドならではのベストなサイジングで、主張しすぎず、すっきりとした印象を与えてくれるのが大きな特徴です。

上品なシルエットのために、小さなパーツにも細心のこだわりを持つ

20171221_joy_4.jpg20171221_joy_5.jpg

シンプルで上品なシルエットや比類のない繊細さを実現するために、製造は鯖江の職人の中でも選り抜きの技術を持つ人に担っているそう。生産量が少ないのはそのためですが、そんな造り手の愛情とこだわりが込められた眼鏡だからこそ、本物を身に着けたい私たち世代にぴったりなのです。山型のブリッジなどちょっとした遊び心も、全体的に上品であってこそ活きるポイントです。

【問い合わせ】PROPO DESIGN/プロポデザイン TEL:06-6535-0124

Editor's eye

視力0.06という超ド近眼ですが、外出時はコンタクトで眼鏡の使用は自宅のみ。そのため、チェーン系のお手頃眼鏡で十分と思っていたのですが、上質なものに触れて己の美意識を反省するばかり。そろそろリーディンググラスのお世話になるお年頃なので、河部さんのアドバイスにも勇気づけられました。後ろ向きではなく新たなおしゃれとして楽しめるのなら、年を重ねた不便も広い心で受け入れられそうです。

今回教えてくれた人

20171221_joy_6.jpg

河部 菜津子さん/スタイリスト

武蔵野美術大学卒業。1991年よりフリーのスタイリストとして活動開始し、雑誌や広告、ミュージック・ビジュアルなど幅広い分野を手掛ける。多くの女優やモデルに信頼されるスタイリストのひとり。

文/佐々木美穂

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 生涯現役であるために。伝説のバーマンが見つけた答え

    6. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 仮想通貨でインフルエンサーマーケティング。indaHashが成功したわけ [MASHING UP]

    9. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    10. 冒険家が教える「夢を叶えるのは、こんな言葉から」

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「若返りのツボ」を押すだけ。巡りを整えて健康美人に

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    9. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    10. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. 「女性のための」プロダクトで社会を変える。NYミレニアル世代の発想 [MASHING UP]

    10. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    日本発ブランドを選ぶのが正解。知性とおしゃれ感を演出するアイウェア選び

    FBからも最新情報をお届けします。