1. Home
  2. ライフスタイル
  3. PCが入ってスーツにもあう、リュクスな2wayバッグに熱視線

PCが入ってスーツにもあう、リュクスな2wayバッグに熱視線

1,070

PCが入ってスーツにもあう、リュクスな2wayバッグに熱視線

気分もあらたに、バッグやシューズといった通勤アイテムを新調したくなる時季。働く女性のパートナーともいえるビジネスバッグ、2018年はどんなものを持ちたいですか?

背負ってもエレガントさをキープしてくれる

20171227_fumikoda-4.png女性誌などで特集を組まれるほど市民権を得ているのが、「スーツにあうスニーカー」です。スポーツテイストのミックスは、ふだんの服だけでなくビジネスシーンでも人気ですね。

ところが、ドレスダウンしてしまうとたちまち野暮ったくなってしまうのがビジネスバッグ。とくに「リュック」はスーツにはあわないからと、あきらめてしまう女性は多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、働く女性を意識したブランド「FUMIKODA(フミコダ)」の2ウェイショルダーバッグ「EMMA」。2018年春夏の新作としてラインナップされました。

以前にもご紹介したことがありますが、「FUMIKODA」のこだわりはデザイン性と機能性に優れていること。そしてバッグ本体やパーツに使用されているのは最先端の日本製人工皮革や日本の伝統工芸素材。どのアイテムにも共通しているのは、驚くほど軽く丈夫で、持つだけで女っぷりを上げてくれるエレガントさを持っているということ。

マチはたった13センチ。エレガント&スマートに持てる

20171227_fumikoda-3.pngEMMAは、13インチのパソコンがすっぽり入るサイズでありながら、マチは13cmとコンパクト。リュックとしても背中に寄り添い、ショルダーとしても脇への収まりもよいのが特長です。もちろんハンドル部分を手に持ってハンドバッグとしてもOK。「こんなバッグを待っていた!」という女性の声が聞こえてくるようです。

「FUMIKODA」の2ウェイショルダーバッグ「EMMA(エマ)」は、「machi-ya」のクラウドファンディングで支援を募集中。大好評を得た前回に続く第2弾となります。クラウドファンディングといっても実行は確約されており、最大29%OFFとなったりカラーが選べるタッセルチャームがついたりとリターンも充実しています。

支援の受付は、2018年2月24日(土)14時まで。リターンのあるものは数量が限られているので、欲しいと思ったら急いだほうがよさそうですね。こんな素敵なバッグを持ったら、2018年の仕事運も上がること間違いなし。ぜひ「machi-ya」をチェックしてみてください。

FUMIKODA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    PCが入ってスーツにもあう、リュクスな2wayバッグに熱視線

    FBからも最新情報をお届けします。