1. Home
  2. ライフスタイル
  3. うっかりミスや物忘れ。困る前にチェックするべき脳の健康5つのポイント

うっかりミスや物忘れ。困る前にチェックするべき脳の健康5つのポイント

1,038

うっかりミスや物忘れ。困る前にチェックするべき脳の健康5つのポイント

年始の抱負、初詣と、年の初めは健康のありがたさを再確認する機会にあふれています。心身の健康はもとより、脳の健康もキープしたいと思う今日この頃。海外サイト「Psychologies」のまとめから、記憶力を活性化するためのチェック項目を5つピックアップしました。

1. 定期的な血圧測定とチェックアップ

高血圧をコントロールしないでいると、神経回路にダメージを与えます。(中略)タバコ、糖尿病、コレステロールは、脳卒中の発生を促す要因になりえます。脳卒中も、ニューロンの接続にダメージを与えます。

Psychologies」より翻訳引用

つまり、高血圧の人は定期的な血圧測定を忘れずに。高コレストロール気味の人や喫煙者も、定期的に健康診断を受けることが、身体の健康のみならず脳の健康にも役立つわけです。

2. 抗酸化作用のある食品を取り入れる

抗酸化作用のある食品を摂取することで、酸化ストレスを引き起こすフリーラジカルが過剰に生成されることを抑制できると言われています。酸化ストレスが高い状態が続くと、老化が促進される原因に。

リストのトップには、オメガ3、オメガ6、多価不飽和脂肪酸があります。

Psychologies」より翻訳引用

これらが豊富な食べ物として知られるのは、アンチョビ、ニシン、サバ、いわし、鮭、など。もちろん、大量に食べればいいわけではなく、一番大切なのはバランスのとれた食事であることを忘れてはなりません。

3. 身体を動かすこと

スポーツのメリットは、身体の自動的な動きを維持することにあります。余計なことを思考する必要がなければ、脳の記憶に使える場所が大きくなるからです。たとえば、話しながら階段を下りるというようなこと。普段、運動が足りない高齢者は、階段を下りる動きにすべての注意が奪われ、同時に(話すことが)できなくなります。

Psychologies」より翻訳引用

言われてみれば、身内の高齢者とは、何かを探したり靴を履いたりといった動作のたび、会話が途切れてしまうことに思い当たりました。日常の動きを自動的に体がこなすようになるためには、規則的に体を動かす必要があるのです。

同記事によれば、1日30分程度のウォーキングでも十分な運動量だそうですから、通勤時間を利用すれば、無理なくクリアできるように思えます。

4. ルーチンを避ける

毎日同じことを繰り返す日々。そのルーチンにはまり込むと脳も活性化されないことになります。

神経心理学者フランシス・ユータシュ教授は、記憶力を刺激するのに、次のことを薦めます。「庭仕事でも、旅行でも、クロスワードパズルでも、ドキュメンタリー番組を見るのでも何でもいいから、楽しんでできる活動(をするのが良い)。それを通して他人ともかかわることで、単調な生活から抜けだすことができるはずです」

Psychologies」より翻訳引用

つまり、読書にせよ、映画や音楽鑑賞にせよ、見た後聞いた後に、誰かとそのことを話し合えば、ルーチンから一歩離れることになります。逆に言えば、頭の運動のつもりで、数独やクロスワードパズルに精を出していても、それがルーチンになってしまっている場合は、あまり脳の活性化には役立っていないかもしれないわけです。

5. 良好な愛情、友情関係をはぐくむ

複数の研究が証明しているように、ソーシャルリンクから外れた人は、そうでない人よりも、老いるのが早いものです。

Psychologies」より翻訳引用

仕事を持ち、働いていれば、ソーシャルリンクから外れることは少ないでしょう。そのなかで、良好な人間関係を構築できれば、さらに良い刺激を得ることができ、脳にも好影響をもたらします。

こうして並べてみると、どれも、記憶力の活性化のみならず、身体や心に好影響を望める項目ばかり。一石二鳥どころか、一石三鳥の効果が期待できるこれらのチェックポイント。改めて意識して、この一年を過ごしたいと思います。

Psychologies

photo by Shutterstock

冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    うっかりミスや物忘れ。困る前にチェックするべき脳の健康5つのポイント

    FBからも最新情報をお届けします。