1. Home
  2. キャリア
  3. 無理に世界旅行はしなくてヨシ! 若いうちに経験しなくても困らないこと

無理に世界旅行はしなくてヨシ! 若いうちに経験しなくても困らないこと

無理に世界旅行はしなくてヨシ! 若いうちに経験しなくても困らないこと

最近、「若いうちにやっておくべきことリスト」「死ぬまでにやらないと後悔する○つのこと」などの書籍が人気ですが、果たして本当に正しいのでしょうか? SNSでそれらの行動を実践している友人たちを見て、「どうしよう、自分は全然できていないじゃないか!」「別にこれやりたくないんだけど、やらないと後悔するのかな......」などと思った経験がある方は多いでしょう。

しかし、「Business Insider Japan」によると、やっぱり無理してやる必要はないのだそう!

無理に世界を旅しなくていい

よく「若いうちに世界中を旅しておいた方がいい」と言われています。しかし、自分にとってどうしてもそれが必要でないと思えるのなら、無理にしなくてもOK。他にもっと大切なことがあれば、そちらに時間とお金をまわしましょう

自分にとって意味を持たない経験を、無理にする必要はない。24歳のINSIDERのクリスティン・サラキー(Kristin Salaky)記者は、北米から出たことがない。飛行機が好きでなく、家に近いところで楽しむことを好むからだ。旅行は楽しむものであり、義務ではない。行ったことのない場所がたくさんあるからと言って、ストレスを感じる必要はない

Business Insider Japan」より引用

このサラキー記者のように、国内旅行や近所、そして家の中でも新しい発見をしたり、気づきを得たり、充実した時間を過ごすことはできます。

業界の全ての人とつながりを持つ

人脈づくりもこの手のリストによく挙がっています。しかし、類は友を呼ぶという言葉があるくらいですから、何かに一生懸命に打ち込んで自分を磨いていた方が素敵なつながりができそう。反対に、やみくもに人脈ばかりを求めても自分を磨いていなければ、つながるはずの縁もつながりません

専門家はネットワーキングを礼賛し、カンファレンスやハッピーアワーなどのイベントに参加して、共通の目的を持つ専門家同士が関係性を築くことを奨励するだろう。だが、ペンシルべニア大学ウォートン校の心理学者アダム・グラント(Adam Grant)氏は、少し異なる見解をニューヨークタイムズで述べている。おしゃべりに興じるのではなく、仕事に打ち込むことに集中し、自然に関係性が構築されるのを待つべきだ、と。

Business Insider Japan」より引用

大好きなことに取り組んで、あとは自然な流れに任せていた方が、素敵な人脈が生まれるかも。

今どきは会社をやめずに副業するという選択肢も

映画やドラマを観ていると、主人公が会社で上司にビシッと辞表を突きつけ、新たな人生への一歩を踏み出す......というドラマティックなシーンがあります。現在の会社や仕事に不満を抱えている人は、憧れてしまうかもしれません。もちろん、どうしても合わないとか、他にやりたいことがあるのなら退職してもいいでしょう。しかし、無理に退職する必要はありません

いずれにせよ仕事があるなら、自分がもっと働きやすくなるような工夫をしてみよう。スタンフォード大学のビル・ブルネット(Bill Burnett)教授とデイブ・エバンス(Dave Evans)教授は、「グッドタイムジャーナル」をつけることをすすめている。最初の部分は活動記録で、主な活動の内容と、自分がそれにどれだけ集中し、情熱を持って取り組んだかを書いていく。

次は反省だ。活動記録を振り返り、パターンやサプライズを見つける。その上で、自分にとって面白くないタスクを削る方法を考え、代わりに大切な人と過ごす時間を増やす方法を考えてみよう。

Business Insider Japan」より引用

今の仕事に少しでも良いところがあるのなら、まずは楽しく快適に仕事ができるよう工夫を。今の仕事を続けながら、大好きな分野で副業を始めるという選択肢もあります。

同記事では、マラソンや理想のパートナー探しについても、無理にする必要はないと説いていました。もちろん、心の底からやりたくてたまらないのならぜひ挑戦を。結局、大事なのは自分自身が本音で何を望んでいるのかということではないでしょうか。たとえ他人から見たら不思議でも、その時その瞬間の自分にとって心からの選択であればきっと大正解!

Business Insider Japan

photo by Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    7. 怒りのピークは6秒。アンガーマネジメント実践法

    8. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    9. 不安に負けない。indaHash CEOのマインドタフネス [MASHING UP]

    10. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「若返りのツボ」を押すだけ。巡りを整えて健康美人に

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    8. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    9. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    10. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    無理に世界旅行はしなくてヨシ! 若いうちに経験しなくても困らないこと

    FBからも最新情報をお届けします。