1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ちょっとしたお座敷体験。芸舞妓さんと星のや京都で過ごす夕べ

ちょっとしたお座敷体験。芸舞妓さんと星のや京都で過ごす夕べ

1,306

ちょっとしたお座敷体験。芸舞妓さんと星のや京都で過ごす夕べ

「星のや京都」への宿泊を検討中のかたへ。2018年2月10日〜28日の間に行かれることをお薦めします。同期間中に滞在すると、夕方、施設内の「Salon & Bar 蔵」で開催される「花街サロン」に参加することができるのです(しかも無料!)。

20180104_hoshinoya_1.jpg
花街文化は2014年に京都市によって「京都をつなぐ無形文化財」に選定された。

花街サロンとは、京都の花街文化を気軽に楽しめるように、と考えられたアクティビティで、芸舞妓さんによる踊りを鑑賞し、1803年創業の老舗和菓子店「亀屋良長」の逸品とスイーツに合わせたスパークリングワインをいただきながら、彼女たちとおしゃべりを楽しむ内容となっています。

20180104_hoshinoya_2.jpg
「亀屋良長」は季節感、伝統技法を大事にしながら、近年では洋菓子技術を取り入れた新ブランドを創設するなど、時代の変化を取り入れることに長ける。花街サロンでは星のや京都のためだけに作った和菓子を提供。

先斗町あたりで芸舞妓さんを見かけたことはあるものの、間近に見たことはなく、ましてやお話したこともない筆者にとって、彼女たちはとてもミステリアスな存在。義務教育が終わる15歳前後で親元を離れてその世界へ飛び込み、たくさんのしきたりがある生活の中で、芸事を学び、成長していく。働く女性としての生きがいや楽しみ、そして美の研鑽の方法など、聞きたいことはたくさん!

20180104_hoshinoya_3.jpg
舞妓さんはだらりの帯、見習いさんは半だら帯、1年目の舞妓さんは口紅をした唇にだけ、上下に濡れるのは2年目以降、芸妓さんになると赤襟が白襟に......と、着物や化粧にも決まりごとがいっぱい。

芸舞妓の歴史は室町時代から続くといわれるものの、昨今では、残念ながらその数は減少傾向に。少し前の統計になりますが、京都花街組合連合会によれば、2014年後半の京都五花街に所属する舞妓は65人。職業の幅が広がる現代だからこそ、伝統を守る担い手としての芸舞妓の存在は貴重といえます。

お座敷に上がらない限り、客と芸舞妓が会話できる機会はそうありません。花街サロンで花街文化への理解を深め、日本の伝統に思いを馳せてみてはどうでしょう。

20180104_hoshinoya_4.jpg

星のや京都「花街サロン」

期間:2018年2月10日(土)〜28日(水) 開催時間:16:00〜17:00 場所:Salon & Bar 蔵(星のや京都施設内) 予約・料金:不要・無料 ※星のや京都宿泊者限定(男性も参加可) ※スイーツ・マリアージュドリンク・芸舞妓の演舞鑑賞も無料 ※開催日程や時間は都合により一部変更になる場合あり

星のや京都

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    ちょっとしたお座敷体験。芸舞妓さんと星のや京都で過ごす夕べ

    FBからも最新情報をお届けします。