1. Home
  2. ライフスタイル
  3. インフルエンザで倒れたくない今、摂るべき栄養素は

インフルエンザで倒れたくない今、摂るべき栄養素は

9,627

毎年1月から2月にかけて感染のピークを迎えるインフルエンザ。予防のために摂取しておきたい栄養素が、ビタミンDです。意外に知られていないビタミンDの働きを紹介します。

いまビタミンDの力が見直されている

これまでビタミンDは骨づくりに関わる栄養素といわれ、骨粗鬆症予防の目的で摂取するのが主でした。しかし、最近の研究でビタミンDに免疫システムを助ける働きがあるとわかったのです。


ウイルス感染を抑えてくれるインターフェロンが出るようにうながしたり、細菌やウイルスなどの感染を抑制するカテリジンを増やすはたらきがあることがわかっています。

インフルエンザに関する研究も。ビタミンDのサプリメントをとっていた子どもたちは、そうでない子どもたちに比べてインフルエンザにかかる率が半分程度まで下がったというから驚きます。

MYLOHAS」より引用

そのため、この時期はインフルエンザ予防のためにもビタミンDを摂っておくのがおすすめです。

ビタミンDの摂取方法

ビタミンDをとり入れる方法として、食べ物からの摂取がまず挙げられます。

ビタミンDには、D2からD7まで6つの種類があります。なかでも人間の身体に必要なのはビタミンD2とD3の2つ。干ししいたけなど植物性のものにはビタミンD2が、サケや卵など動物性のものにはビタミンD3が含まれています。

MYLOHAS」より引用

また、紫外線を浴びると体内でビタミンD3がつくられます。オフィスワーカーは、たまに日光浴の時間をもつとよいでしょう。

この冬は、ビタミンDの力をかりて健康に過ごしたいものです。

MYLOHAS

photo by Shutterstock


谷崎文香

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    2. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 楽しく、挫折せず、身になる「学び方」って?/立教大学教授 中原 淳さん #02

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 35歳、人生が変わった/AVIの「工夫美容」 #01

    7. 起業家って、まるで旅人。一歩一歩で世界が変わる

    8. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    9. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    10. 仕事のパフォーマンスを上げる「食事のスキル」

    1. 高収入の人が毎朝やっていること

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. すごくいい!晴雨兼用の優秀レインパンプス/青木貴子の「仕事の洋服」#02

    6. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    7. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 時間がとれないとき、睡眠or運動どちらを優先すべき? [The New York Times]

    10. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    インフルエンザで倒れたくない今、摂るべき栄養素は

    FBからも最新情報をお届けします。