1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 華やかなドレスに格上げバッグ。春はランバンで出かけたい

華やかなドレスに格上げバッグ。春はランバンで出かけたい

20180128_lanvin_01

DRESS 661,000円

歓送迎会や部下の結婚式など、華やかなシーンの外出が多い時期。大人の女性らしいエレガントなドレスで出かけたいですよね。ランバンのデザイナー、オリビエ・ラピドス氏が就任して初めて手がけるコレクションなら、大人の優雅なスタイルが楽しめます。

メゾンの本質を現代に投影

20180128_lanvin_02

DRESS 384,000円

ブランドのロゴやパゴダスリーブ、アシメトリーやベアショルダーなど、ジャンヌ・ランバンのスタイルを思い起こさせるコレクションは、コンテンポラリーでもあり、セクシーでエレガントです。新デザイナーのオリビエ・ラピドス氏は、敬愛するデザイナーの比喩的要素からインスピレーションを得たいと考え、その点をつきつめて実現したのが、ジャンヌ・ランバンの名前とイニシャルである、“LANVIN”と“JL”をアールデコフォントのロゴにし、コレクションにスパイスを与えています。印象的で華やかなミニドレスですね。

20180128_lanvin_03

DRESS 507,000円

また、ブラックのロングドレスも、コーディネート次第で印象が変わるので、1着あると便利です。フルレングスでエレガントなブラックドレスは、大人女性の美しいシルエットを作り出してくれます。コートやジャケット次第では、ソワレだけでなくデイタイムにも活躍してくれそうです。

20180128_lanvin_04

COAT 384,000円

ドレスアップ時に格上げできるバッグも

20180128_lanvin_05

BAG 211,000円(ブルー・ブラックは参考色)

ブラックのシンプルなドレスには、差し色になる小物づかいがお奨めです。ランバンは、大振りのアクセサリーも揃いますが、実用も兼ねたバッグをコーデすると、華やかになり、ビジネスカードなど必要なものもきっちり収まります。

20180128_lanvin_06-1

BAG 243,000円

また、ビジネスディナーなどで、ドレスアップする時間がない時にも、バッグだけで印象を変えられるので、ちょっと印象的なカラーを選んでおくといいかもしれません。 ロゴのミニドレスは、ランウェイでは、かなり短いように見えますが、カラータイツなどアレンジ次第で意外に現実的に着こなせそうです。華やかな場に出席するのが楽しみになりそうなコレクションです。

※表示価格はすべて税抜

LANVIN

林 ゆり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    9. できれば避けたい「気分の浮き沈み」。原因と対策について編集部座談会で考えてみた

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    7. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    華やかなドレスに格上げバッグ。春はランバンで出かけたい

    FBからも最新情報をお届けします。