1. Home
  2. キャリア
  3. リーダー不在の時代に求められる「真のリーダー力」

リーダー不在の時代に求められる「真のリーダー力」

仕事の本棚

2,336

20180120_book_2

3月に年度末を迎える企業が多いなか、いま一度、自身が管理するチームや部署内の見直しをはかりたい時期です。そうはいっても、なんとなく生まれている部下との温度差に悩むリーダーも多いのではないでしょうか。小宮一慶著『ビジネスマンのための「リーダー力」養成講座』より、良きリーダーとはどうあるべきなのかを紹介します。

20180119_book_2

今の日本に欠けているものは「リーダーシップ」

いま、日本にもっとも欠けているもの、そして、現在の日本の経済の停滞を招いているもの、それは、リーダーシップです。政治家を見ても、東芝の社長を見ても、あるべきリーダーシップをもった経営者やビジネスマン、政治家が非常に少なくなっていると感じます。(中略)リーダーが変わることによって会社の業績も、会社の内容も大きく変わるのです。それならば、この国の経済が、世界に類を見ないほど停滞を続けているということは? そうです。「良いリーダー」がいないこと。それを育てるリーダーシップ教育がないこと、それが日本経済の停滞の理由です。

9~13ページより引用

リーダー不在の日本といわれて久しい昨今ですが、リーダーに必要な資質とは、正しい「価値観」と、それに基づく「決断力」「行動力」であると著者はいいます。リーダーは、一度決めたことであっても引かなければいけないときには、引く決断ができなくてはならない。それがリーダーにもとめられる真の「決断力」なのです。また、リーダーの役割を得るには、早くからの準備が必要です。正しい「価値観」と「決断力」を日ごろから学びつつ覚悟を積み重ねてこそ、来るべきときに適切な「行動力」を発揮できる真のリーダーになれるのです。

リーダーが陥りがちな8つの勘違いとは

①人は、肩書きで動くと思っている/②部下に慕われていると思い込む/③自分は仕事ができると思い込む/④和気あいあいの組織を目指す/⑤公私混同をしても問題ないと思い込む/⑥守りに入/ ⑦自分を偉い、賢い、と思い込む/⑧退職後も特別扱いされるのが当然だと思っている

106~117ページより引用

著者は、リーダーが抱きがちな「勘違い」ベスト8をこのようにあげています。はじめてリーダーになったとき、多くの人は「こんなことは絶対にするまい」と、心に決めてスタートするはず。しかし、知らず知らず、あるいは無意識のうちにしてしまっていることの多くが、ここに凝縮されているかのようです。

たとえば「チームをまとめるために肩書きをください」と言う人がいます。実際に、私も耳にしたことがあります。それは、正しい一面ではありますが、心理学では、肩書きのことを「権威」と呼ぶのだとか。人は権威に弱く、命令権や決定権のある人には従わざるを得ません。だからといって、本心から従っているかどうかは、また別の話です。

社内で地位が上がると、人事権や評価権など、自分が采配できる範囲が広がってきます。すると、部下や取引先はご機嫌をとろうとしてきます。それは、ただ肩書きを尊重しているだけなのに、自分が崇められていると勘違いしてしまう……。頭では分かっていても、よほど気をつけていないと勘違いしてしまうものなのかもしれません。自身をいつもフラットに、シビアな目線で律していく強さがリーダーには重要です。

リーダーが行うべき10の習慣とは

①小さなことでも決断する/②新聞を一面トップ記事から読む/③部下の話にメモをとる/④肩書きにこだわらず人に会う。ちやほやされない場所に行く/⑤本を読む。話題の新刊を読む。古典を読む/⑥歩く/⑦親孝行する/⑧ニコニコする/⑨毎日、反省する時間をもつ/⑩夢を語る。理念を語る

154~171ページより引用

リーダーとしての自信がない人は、どういうことに日頃から気をつけていけばよいのでしょうか。著者は、リーダーとして成功するために、ふだんから実践したい「正しい努力」と「習慣」について10の項目をあげています。ショッピングや食事など、小さな決断事は無数にあります。そこで常に最良の決断をしていく習慣がポイントであるようです。優柔不断な態度をしていると、人の指示や行動に従わざるをえなくなります。

素早く決断するクセをつけることはたしかに有効でしょう。そして、自身の関心を社会の関心に合わせていくために、一面トップ記事を必ず読むことも大切な習慣。さらに、読んで気になったことをメモしておくことを著者は推奨します。メモは新聞だけではなく、人の話を聞くときにも威力を発揮します。一歩踏み込む行動が、優れたリーダーに共通するのだとか。これからの優れたリーダーには、地に足着けて自身を律し、地道な努力をやり続けられる資質が重要なようです。

ビジネスマンのための「リーダー力」養成講座

著者: 小宮一慶/発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン/定価:1,000円(税別)

photo by Gettyimages

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. シンギュラリティの足音は聞こえている/林信行さん[前編]

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. メンターと呼べる存在、いる? NOなら、ここで出会えるかも

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 63歳でビキニ姿のクリスティ・ブリンクリーは、ビリー・ジョエルのアップタウン・ガールだった #TBT

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 人生に行き詰った時、抜け道を見つけるヒントは意外と身近にあります

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    5. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    8. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    10. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    リーダー不在の時代に求められる「真のリーダー力」

    FBからも最新情報をお届けします。