1. Home
  2. ライフスタイル
  3. グランヴィル ローズの花びら500枚。周囲を虜にする肌へ

グランヴィル ローズの花びら500枚。周囲を虜にする肌へ

虫媒花の場合、蜜や花粉を虫たちに運んでもらう必要があるため、花々は虫を惹きつけるべく、綺麗な色や形となり、よい香りを発します。色・形・香りは、人間にとっても美しさを見極めるポイントであり、だからこそ花は美しく感じられるわけです。

どの花もそれぞれ美しいのですが、とりわけバラは、私たちの感性を刺激します。これには理由があって、それはバラの花が、1:1.618という黄金比で構成されているから。自然界に存在する美の法則で、人間がもっとも心地よく感じる比率と言われています。

クリスチャン・ディオールとバラ

上記のように説明されてはいますが、理論抜きにバラに大いに魅せられた人物がいます。クリスチャン・ディオールです。

クリスチャンは、幼少期をノルマンディーのグランヴィルで過ごしました。可憐なピンクで彩られた彼の邸宅の庭園にはバラ園が設けられ、そこに咲き誇る淡いピンクのバラは、幼いクリスチャンのお気に入りでした。バラからたくさんのインスピレーションを得て、彼はさまざまなクリエイションにバラの姿を残したのです。

花びら500枚分の成分を凝縮させたファンデーション

バラの花は、「ディオール」のプレミアム スキンケアライン「プレステージ」にも用いられています。海が近く、潮風が吹き付ける場所で育つこの野生のバラには驚くべき生命力があり、ディオールの研究者はこのバラを7世代にわたって交配し、10年にわたる研究の末、類まれなるパワーを持つグランヴィル ローズを生み出しました

20180117_dior_1

「プレステージ ル クッション タン ドゥ ローズ」SPF50/PA+++ 15g12,000円(税別)。

2018年初頭にプレステージシリーズから発売されたクッション ファンデーション「プレステージ ル クッション タン ドゥ ローズ」には、1製品につき500枚分の花びらのスキンケア成分を配合。グランヴィル ローズを40倍に濃縮した有用成分が、使うほどに滑らかで健やかな肌へと導きます。

グランヴィル ローズの花びらの美しさに着想を得て、今回、新たに光を反射・拡散するフォーミュラを開発。みずみずしく透明感のある仕上がりながら、同社製品のなかでも特に優れた肌色補正効果を発揮し、気になる部分のカバーや色むらを整えてくれます。

バラの力を取り込んで、周囲を魅了する肌を手に入れましょう。

パルファン・クリスチャン・ディオール

電話:03-3239-0618(カスタマーサービス)

パルファン・クリスチャン・ディオール

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    グランヴィル ローズの花びら500枚。周囲を虜にする肌へ

    FBからも最新情報をお届けします。