1. Home
  2. ライフスタイル
  3. パリのグルマンを魅了する日本人若手シェフを知りたい!

パリのグルマンを魅了する日本人若手シェフを知りたい!

1,313

言わずと知れた美食の街、パリ。若いころ、初めて訪れたパリで食べたサンドイッチのおいしさは、数年たった今でも鮮烈な印象を残しているほどです。

そんなパリの美食界で活躍する日本人も増えてきました。特に若手の台頭が近年話題です。彼らは、斬新な感覚と確かな技術を武器に、舌の肥えたグルマンたちを夢中にさせています。パリのレストランシーンでの注目も高く、まさにかの地の食の今を生み出す一員といっても過言ではありません。

同じ日本人として嬉しいことですし、可能であれば一度は実際に口にしてみたいものですが、なかなか遠く離れたパリにまで足を延ばすことは、仕事に生活に忙しい40代にとって少し難しいことかもしれません。

パリの今を、日本で堪能する

20180115_the_gastronomy_1

そんな方に朗報です。

新進気鋭の日本人若手シェフの3人、守江 慶智シェフ、北村 啓太シェフ、渥美 創太シェフの料理を一度に味わえるフェアが2018年2月23日(金)~2月25日(日)の期間限定で、ホテルニューオータニで開催されます。

このスペシャルなフェア「THE GASTRONOMY(ザ ガストロノミー)」では、3人のシェフがコース料理を分担。それぞれの得意とする食材や調理方法により1つのコースを作りだすというのですから驚きです。つまり、パリであれば、3店舗それぞれ回らなければいけないところを、このフェアで一度に体験することができる、というわけです。

三人三様の個性を心ゆくまで

各シェフの概歴を少しご紹介しましょう。

守江 慶智(もりえ よしのり)

20180115_the_gastronomy_2

1980年愛媛県生まれ。27歳よりパリの「Le Petit Verdot」「Encore」「L’ Auberge du 15」のシェフとして活躍。技法はあくまでフランス料理であるものの、酸味・甘味・苦味・うま味などの味や食感のバランスを計算した味の組み立てで独特の繊細さを表現しています。2017年10月に、自身の名前を冠したレストラン「Yoshinori」をパリ6区にオープン、パリの料理評論家からビストロ好きのローカルのファンまで高い支持を得ています。

20180117_gastronomy_7B

北村 啓太(きたむら けいた)

20180115_the_gastronomy_4

1980年滋賀県生まれ。「レ・ザンジュ」「ピエール・ガニェール」などの名店を経て、エッフェル塔を間近に臨む「オーボン アクイユ」のシェフに就任。「オーボン アクイユ」は前シェフ時代に評判を落としていた状態でしたが、少しずつ「北村の料理」が受け入れられていった結果、連日パリのグルマンたちで賑わいを見せるまでに。2017年6月、新規オープンした「ERH」(パリ2区)のシェフに就任、オープン直後からフランスの数々のメディアに取り上げられ注目を浴びています。

20180115_the_gastronomy_7

渥美創太(あつみ そうた)

20180115_the_gastronomy_3

1986年千葉県生まれ。19歳で渡仏後は、「メゾン・トロワグロ」「ステラ・マリス」「ラボラトワール・ドゥ・ジョエル・ロブション」などを経て、26歳で「ヴィヴァン・ターブル」のシェフに就任。その後、パリ11区の大人気店「クラウンバー」のシェフに抜擢されました。オープン後は、瞬く間にパリの地元住民からも支持される、超人気店に。2015年にはレストランガイド「ル・フーディング」で最優秀ビストロ賞に輝いた、パリはもちろん、世界でも現在最も人気のあるシェフの1人です。

20180115_the_gastronomy_6

ワインペアリングでさらに至高の時間を

20180115_the_gastronomy_5

さらにこのフェアでは、日本を代表するソムリエの一人でもある、ホテルニューオータニのエグゼクティブ シェフソムリエ 谷宣英が、3シェフの考案した料理の一皿一皿に対してワインをセレクトするというプレミアムな組み合わせも予定されています。今回のフェアのテーマ“世界で活躍する日本人”にフォーカスした、日本人醸造家によるワインペアリングの提案も。ワイン好きにも見逃せないイベントです。

この貴重な機会はたった3日間のみ。

フランスまでのエアチケットとパリの店舗を予約する前に、まずはフェアの席をキープする電話をかけてみようと思います。

世界で活躍する日本人シェフフェア 第5弾 「THE GASTRONOMY」

期間:2018年2月23日(金)~2月25日(日)

場所:西洋料理「ベッラ・ヴィスタ」(東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ガーデンタワー 40階)

時間:ランチ 12:00/ディナー 18:30(23日は19:00)

料金:ランチ 15,000円/ディナー 26,000円/3シェフのアミューズ(要予約)3,000円 ※いずれも税金・サービス料別

ホテルニューオータニ

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. シンギュラリティの足音は聞こえている/林信行さん[前編]

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. メンターと呼べる存在、いる? NOなら、ここで出会えるかも

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 63歳でビキニ姿のクリスティ・ブリンクリーは、ビリー・ジョエルのアップタウン・ガールだった #TBT

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 人生に行き詰った時、抜け道を見つけるヒントは意外と身近にあります

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    5. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    8. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    10. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    パリのグルマンを魅了する日本人若手シェフを知りたい!

    FBからも最新情報をお届けします。