1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. haruの恋占い 2月のあなたの物語(11月生まれ)

haruの恋占い 2月のあなたの物語(11月生まれ)

1,296

11_01

今年はことあるごとに「戦う」ことが多くなりそうな11月生まれのあなた……ですが、今月はちょっとだけ戦闘モードが弱まります。その理由は「誰かの存在が気になってしかたがなくなる」から。どうやらその誰かは異性ではなく同性のようです。

いつもならばライバルの存在があなたに戦闘モードのスイッチを入れるのですが、今月は反対に白旗を降って「降参」と言ってしまいそうになることが多くなります。なぜならあなたは、その人には到底「勝てない」と思っているからです。やっかいなのは、諦めと同時に、激しい嫉妬心が芽生えること。諦めとジェラシーは相反する感情なのに、どうしてもこのふたつがあなたの心を激しく揺れ動かし、モヤモヤしたり無駄に落ち込ませたりてしまいます。

だったらバランスをとるために「諦めること」を手放してみませんか。だって「勝てない」なんてまだ決まっていないもの。あなたがその人より勝っていることはたくさんあります。嫉妬心は負の感情ではなく、あなたを高めるための重要なガソリンになるのですから。だから感情にフタをせず、がんがんジェラシーを燃やして!

美女の粉

理想を追い求めるあまり、必死になりすぎてやや表情に余裕がありません。あなたが今月目指すべきは「柔らかな印象」。クールビューティではなく、愛される笑顔を表情にたたえて。

>>haruの恋占い:2018年の年間占い

>>逢坂杏の12星座占い

>>吉野まゆのインド占星術

photo by Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今度は、ほぼチワワ。でも、吸引力に自信あり!

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    7. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    8. 働くひとの幸福を考えると、おのずと企業や社会が成長する理由

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 思わずため息。時を忘れるパール展

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    6. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    10. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    haruの恋占い 2月のあなたの物語(11月生まれ)

    FBからも最新情報をお届けします。