1. Home
  2. キャリア
  3. 若きジョブズが採用で重視した、たった一つのスキルとは?

若きジョブズが採用で重視した、たった一つのスキルとは?

16,766

20180116_jobs_1

故スティーブ・ジョブズ。いまでも彼の名前を記事で見ると気になって読んでしまいます。

採用で最重要視するセルフマネジメント力

最近見たのが、こちらの動画。若きスティーブ・ジョブズが人事採用についてインタビューに答えています。彼は、採用でもっとも重視するのはセルフマネジメント力だと断言しています。

すばらしい人材とは、セルフマネジメントができる人だ。管理される必要はない。彼らは何をすべきかがわかれば、どうやってそれを遂行するか自分で考えることができる。

Youtube」より翻訳引用

当時、応募者は面接に加え、多くの社員と会って話をして丸1日をアップルで過ごしたと、徹底した採用過程も判明しました。ジョブズも、リーダーの一番重要な仕事は採用だときっぱり。 今のアップルでも同じような採用プロセスが行われているかはわかりませんが、洞察ある発言です。

転職でもアピールできるセルフマネジメント力

では、セルフマネジメント力とはどんなスキルなのでしょうか。「Morning Star Self-Management Institute」はこう説明しています。

組織のメンバーひとりひとりが、それぞれの人間関係を築き、自分の仕事を企画し、他のメンバーと業務を調整し、任務に必要なリソースを確保し、必要があれば他のメンバーへの是正処置も行う責任を負うのです。

Morning Star Self-Management Institute」より翻訳引用

つまり、指示も管理もされずに、仕事のさまざまな面を自ら実行するスキルといえます。このようなセルフマネジエント力もキャリアアップの重要ポイント。転職のときのセールスポイントにも、採用時の応募者の選抜にも取り入れることができます。

リーダーの仕事はビジョンを伝えること

では、セルフマネジメント力の高いチームでは、上司やマネージャーは必要ないのでしょうか。ジョブズは、「リーダー」の仕事についてこう語っています。

すばらしい社員に必要なのは共通したビジョンだ。それがリーダーシップ。つまり、リーダーとはビジョンを持っていて、まわりの人たちが理解できるようにそれを明確に伝えることができる人。そして共通のビジョンについて皆のコンセンサスをまとめることができる人なんだ。

Youtube」より翻訳引用

なるほど。部下を管理するのがマネジメントだけではない。共通のビジョンを構築して、それを伝えることができるのがリーダー。 アップルを率いたスティーブ・ジョブズの鋭敏さをあらためて感じました。

Youtube, Quartz, Morning Star Self-Management Institute

photo by Gettyimages

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    若きジョブズが採用で重視した、たった一つのスキルとは?

    FBからも最新情報をお届けします。