1. Home
  2. マネー
  3. 見直すべきは◯◯費。プロが教えるお金の貯め方

見直すべきは◯◯費。プロが教えるお金の貯め方

11,821

20180130_lh_1

「お金が貯まる人」「お金が貯まらない人」。違いを生みだすのは「節約の仕方」だと説くのは、ファイナンシャルプランナーの横山光昭(よこやまみつあき)さんです。横山さんが教える本当に効果のある節約とは?

節約したければ「固定費」を削減すべき

本当に効果があるのは、ズバリ「固定費」の削減だと横山さん。固定費とは、毎月の支出額が決まっている支出のことで、家賃や生命保険料、新聞代や通信費を指します。固定費の削減には、一度見直すことで節約の効果が継続できるというメリットがあります。見直したほうがいい固定費の例がこちら。


・契約したままプランを見直していない、スマホや光回線の利用料金
・行く回数が減ってしまったスポーツジムの年/ 月会費
・視聴時間が少なくなった、有料のケーブルテレビや動画アプリの利用料金
・定期購入している健康食品、サプリメント、ミネラルウォーターなど

これらは今の生活に本当に必要なのか、カットしてよいものなのか、検討するべき支出の代表例です。何ごとも惰性でお金を支払っているのはムダと考えてください。そこからが「効果的な節約」のはじまりです。

Lifehacker[日本版]」より引用

食費など「流動費」の節約は難しい

これに対して、食費や日用品、水道光熱費といった「流動費」の節約はあまりおすすめできないとか。流動費は、気持ちや行事などさまざまな影響を受けて変化するうえ、節約を続けるのが難しいからです。たしかに、「食品をどこより安く買えるスーパーに行く」ような節約って長続きしませんよね。

私はさっそく通信費を見直そうと思いました。横山さんの節約術についてもっと知りたい人は「Lifehacker[日本版]」を参考に。

Lifehacker[日本版]

photo by Gettyimages

谷崎文香

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    2. Bluetoothにも採用の技術、開発者はハリウッド女優でした

    3. メンタルヘルスのプロに聞いた、精神力の鍛え方

    4. 折れない心「レジリエンス」を手に入れよう!

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 学校で教えてもらえなかった「文章の書き方」

    7. 上司は漫画を読んでいる。でもいつ、どこで?

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. みんな、「転職」してよかった? #ホンネ調査

    10. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    1. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    2. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    3. 学校で教えてもらえなかった「文章の書き方」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    6. Bluetoothにも採用の技術、開発者はハリウッド女優でした

    7. たったの3つで、ビジネス英語がようやく自分のモノに

    8. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    見直すべきは◯◯費。プロが教えるお金の貯め方

    FBからも最新情報をお届けします。