1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ひとりだけど双子。ロエベとコラボした日本人アーティストって?

ひとりだけど双子。ロエベとコラボした日本人アーティストって?

1,096

リバティプリントやペイズリー柄、キルトパッチワークなど。「ロエベ」が2018年春夏コレクションに世界各国の伝統的な衣装や手法を取り入れたのは、テーマを「クラフトに造詣の深い、世界を旅する女性」と設定したから。

カジュアルなムードがありながらも美しい同コレクションを紹介するコレクタブルブックの最新版「Publication#17」がリリースされており、このコレクタブルブックで、ロエベは日本人アーティスト、イマノフミコさんとコラボレートしています。

アーティスト、イマノフミコとは?

20180122_loewe_1

写真、ビデオ、インスタレーションなどを通してセルフポートレートを発表するイマノさんの代表作は「Twins(双子)」シリーズ。セルフポートレートを切り貼りしてもう1人の自分を作り出すことで、双子の姉妹を写したスナップショットに見せるコラージュ作品です。

イマノさんのセルフポートレートは、「自分は他人からどう見えているのか」が気になったことに端を発しています。幼少期をブラジルで過ごし、小学校で日本に帰国するも、日本の学校に馴染めず、コンプレックスを抱え、自分の姿を確かめるために撮り始めたのがきっかけ。

アーティストを目指して英国とパリへ渡り、日本に戻った際、作品を認められずに精神的に追い込まれた時に彼女を救ったのもまた、セルフポートレートでした。1人よりも2人でいる方が心強い。そう考えた彼女が生み出したのが、この双子シリーズです。

パリを舞台に、本作では「3人」で撮影を決行

20180122_loewe_2

今回のコラボレーションは、イマノさんの最新作『We Oui!』(Little Man Gallery)が世界的に高評価を受け、また彼女がロエベと関わりのあるデザインユニット・M/M(Paris)と親交があったことから実現に至りました。

20180122_loewe_3

イマノさんは自身のアーティスト活動を通してアイデンティティを探す旅をしてきた方のように思っていたので、個人的には、旅する女性をテーマにしたロエベの春夏コレクションとの親和性を強く感じています。

20180122_loewe_4

本作ではこの双子姉妹にモデルのサスキア・デ・ブロウが加わり、「3人」で、フランスパンを使ってフェンシングをしたり、舞台となったパリのユネスコ本部の庭にある彫刻の陰に隠れたりして、フレンチホリデーの気ままさを表現。

これらの素敵な25作品はオンライン上でチェックできます。ロエベの新作ウェアと、世界で活躍する日本人アーティストの作品と。両方を楽しみましょう。

ロエベ

電話:03-6215-6116(ロエベジャパン カスタマーサービス)

ロエベ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    ひとりだけど双子。ロエベとコラボした日本人アーティストって?

    FBからも最新情報をお届けします。