1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 春節を祝いましょう。福を呼ぶ、桃色コレクション

春節を祝いましょう。福を呼ぶ、桃色コレクション

20180118_mac_1

「M・A・C」の春コレクションのテーマは「桃」

弾けるようなピンクカラーのリップスティックや、9種のピンク アイシャドウがセットになった「ラック アンド フォーチュン」、肌に健康的な印象を与えるピーチカラーのパウダー ブラッシュと、桃色祭り! 桃をイメージしたパッケージにもそそられます。

20180118_mac_2

「ルナー ニュー イヤー コレクション」より。左から、シャイニーからマットまで9種のピンクカラーがセットになった「ラック アンド フォーチュン」5,900円(限定色)、可愛いさも女らしさも表現できるピンク5色の「リップスティック」各3,300円、幸せを呼び込むピーチカラーの「パウダー ブラッシュ」4,400円(限定色)(全て税別)。※一部店舗限定発売

2018年春夏ヘアメイクのトレンド筆頭格にあげられる「ピンク・メイク」ですが、M・A・Cが桃色を選んだのは、単に流行に乗ったからではありません。

来る2018年2月16日、中国やアジア各国が旧正月(春節)を迎えます。家に桃の花を飾って旧正月を祝う風習があることから、メイクにも桃を取り入れて、新年をお祝いしよう! とM・A・Cは考えたのです。

20180118_mac_3

なぜ、旧正月に桃の花なのかという由来については諸説あり、初春にだけ咲くことから新年の幸せを願うために桃の花を飾るであるとか、「大いに事業を発展させる」という意味の中国語「大展鴻図」の「鴻図」が広東語では「紅桃」と同音になるからだ、良縁を運ぶと言われるからだ、などなど(てっきり、桃が延命長寿の仙木や、辟邪の力を持つと言われることに由来しているものと思っていました)。

日本にいると旧正月を気に留める機会はあまりありませんが、せっかくなので、幸せを呼び込みそうな桃メイク=福メイクに挑戦してみましょう

ちなみにこの新作コレクション、かなり話題を呼んでいます。即完売の恐れありゆえ、入手はお早めに!

M・A・C(メイクアップ アート コスメティックス)

電話:03-5251-3541

M・A・C

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    4. 『スター・ウォーズ/エピソード9』キャスト決定! 気になるレイア役は?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わずため息。時を忘れるパール展

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    春節を祝いましょう。福を呼ぶ、桃色コレクション

    FBからも最新情報をお届けします。