1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ゴールデン・グローブ賞「Time’s Up」バッジがシンボルに [The New York Times]

ゴールデン・グローブ賞「Time’s Up」バッジがシンボルに [The New York Times]

The New York Times

2017年のアカデミー賞授賞式では、夜のパーティーで皆がお揃いで身につけていたアクセサリーといえば、米国自由人権協会(ACLU)のブルーのリボンだった。一方、日曜日に開催された2018年のゴールデン・グローブ賞授賞式では、白黒デザインの 「Time’s Up(注:そんな時代はもう終わり、という意味)」バッジがシンボルとなった。

20180112_nyt_top

(Photo by Greg Doherty/Getty Images)

ジャスティン・ティンバーレイク、ダニエル・カルーヤ、ユアン・マクレガー、ウィリアム・H・メイシー、ジョセフ・ファインズ、ジョー&ニック・ジョナス、ライアン・シークレストなどのスターらが、このバッジを襟元に付けているのが見られた。

マドンナのスタイリストがデザイン

先日発表された「Time’s Up」運動は、全米各地で起こっている性的嫌がらせや性暴力と戦うことを目的として、女優、そして女性のエージェント・脚本家、監督、エンターテインメント業界のエグゼクティブら数百名によって発足されたものだ。

この運動にはリーダーはおらず、メンバーとしてはアシュレイ・ジャッド、エヴァ・ロンゴリア、アメリカ・フェレーラ、ナタリー・ポートマン、ラシダ・ジョーンズ、エマ・ストーン、ケリー・ワシントン、リース・ウィザースプーンらが名前を連ねている。

ハリウッド・レポーターによると、この「Time’s Up」バッジは、ウィザースプーンが先月、コスチューム・デザイナーでスタイリストのアリアンヌ・フィリップスにデザインを依頼したものだという。フィリップスは、歌手マドンナのスタイリストとしても活躍し、映画『キングスマン: ゴールデン・サークル』やトム・フォード監督の『ノクターナル・アニマルズ』などの衣装も手掛けた実績がある。今年のゴールデングローブ賞授賞式では、性的嫌がらせを経験した人々に対する支援を表明するために多くの俳優らが全身黒ずくめの衣装を着たが、このバッジはその決断に敬意を表すものだ。

WOW!! Together we are SOOO POWERFUL!! 🖤🙌🖤🙌🖤🙌 #Timesup #WhyWeWearBlack #United

Reese Witherspoonさん(@reesewitherspoon)がシェアした投稿 -

「リースは俳優の集まりに来てほしい、と私に言いました。そして、彼らは(ゴールデン・グローブ賞授賞式で)黒を着る予定なので、受賞候補者や男性プレゼンターのためにバッジを作ってくれないか、と依頼されたんです」。フィリップスはハリウッド・レポーターの取材に対し、このように語った。

「ちょうど年末のクリスマス休暇に入るところだったのですが、私は『できます』と答えました。そして、私がまず初めに電話したのは、“共犯者”のマイケル・シュミットでした(シュミットは、リアーナやシェール、レディー・ガガなどの衣装を手がけてきたデザイナー)」。その後二人は、バッジのデザインと500通りものサンプルを製作するという一連の作業を、たった2週間の間に共同でやってのけた。フィリップスは、このバッジを身につけている自分自身の写真をインスタグラムに投稿し、「変革のために立ち上がったレッドカーペットの女性たちと一致団結して、みんなで乾杯&投稿しましょう」というメッセージを添えた。

「Time’s Up」運動には、メンバーの寄付により設立された弁護基金も含まれている。この基金では、社会的に弱い立場にいる女性たちが暴力の加害者に対し法的手段をとれるようサポートしたり、(DVやセクハラ関連法等の)法制化のために案を練っているワーキンググループを支援したり、スタジオやタレント・エージェンシーが雇用面でもっと男女平等を推進するよう後押しするなどの活動を行っている。

© 2018 The New York Times News Service [原文:Time’s Up Pins Are the Political Accessory at the Golden Globes/執筆: Giovanni Russonello] (翻訳:吉野潤子)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 毒のある同僚と距離をおいてスッキリ働くためには

    5. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 外見は一番外側の中身。仕事中、おしゃれ賢者・佐藤悦子さんは何着てる?

    9. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    10. まずは正直者であれ。「100人100通り」の働き方を叶えるチーム術

    1. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    10. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    7. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    8. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    9. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    10. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    ゴールデン・グローブ賞「Time’s Up」バッジがシンボルに [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。