1. Home
  2. コミュニケーション
  3. トランプにもタイムズアップ! 今年のウィメンズ・マーチはまさに「革命」 [The New York Times]

トランプにもタイムズアップ! 今年のウィメンズ・マーチはまさに「革命」 [The New York Times]

The New York Times

トランプ大統領就任から1年、ウィメンズ・マーチがさらにパワフルになって帰ってきた。女性蔑視、人種差別的な言動、排外主義的政策をとるトランプ政権に対する抗議のデモ行動である。

#MeToo運動の拡大にともない、権力を持つ男性が立場を利用してセクハラ、パワハラをやりたい放題にしてきた事実が次々と明らかになるなか、人々は社会的にも政治的にも、より根本的な変化を求めて声をあげはじめている。この動きはアメリカの中間選挙にも大きな影響を与えることになるだろう。

20180124_nyt_2

ニューヨークのアッパーウエストサイドの路上をマーチの群衆が埋め尽くす。ニューヨークで2018年1月20日撮影 (Damon Winter / The New York Times)

ニューヨークは革命前夜の熱気

2018年1月20日、21日の週末、ニューヨーク、ワシントン、ロサンジェルス、シカゴ、フィラデルフィアをはじめ、アメリカ国外を含む数百の都市や町では、各地で数千人単位が参加して抗議デモが繰り広げられた。 ビル・デブラシオ市長のシニア・アドバイザーの公式発表によると、ニューヨークのウィメンズ・マーチは20万人規模。

20180124_nyt_3

コロンバス・サークルでのマーチには、ウーピー・ゴールドバーグと映画監督のマイケル・ムーアの姿もあった。ニューヨークで2018年1月20日撮影 (Earl Wilson / The New York Times)

タイムズアップ運動に共感し、また、家族計画やセクシャル・ヘルスのサポートをするNGO団体「プランドペアレントフッド」への支援を共和党が打ち切ったことに憤りを覚え、今回初めて参加したという32歳の看護師バネッサ・メディーナさんは「まさに革命が起きつつあると感じる」と熱っぽく語った。

20180124_nyt_4

タイムズアップのプラカードを掲げる女性。オレゴン州ユージーンで2018年1月20日撮影 (Leah Nash / The New York Times)

政府機関閉鎖が火に油をそそぐ

20日には連邦政府のつなぎ予算が失効し、政府機関の一部の閉鎖が始まったが、人々のデモに参加する意欲が削がれることはなかった。閉鎖という事態を引き起こした重要な争点のひとつには、16歳以前に移民証明書を持たずにアメリカに入国した若年不法移民の法的な取り扱い問題があり、むしろ、抗議活動をより活性化させる方向にはたらいた。

20180124_nyt_1

ニューヨークのウィメンズ・マーチに登場したオノ・ヨーコ。ニューヨークで2018年1月20日撮影 (Annie Tritt / The New York Times)

ワシントンは再びピンクハットに染まる

ワシントンのリンカーン・メモリアルで行われた抗議集会に向かう群衆のなかには、2017年1月のウィメンズ・マーチでシンボルとなったピンクの帽子を再びかぶった人が目立つ。

20180124_nyt_8

リンカーン・メモリアルに集まった参加者。ワシントンで2018年1月20日撮影 (Andrea Bruce / The New York Times)

2017年にワシントンで繰り広げられた、世論で選挙に影響を及ぼそうという呼びかけ「パワー・トゥ・ザ・ポールズ」運動を率いたリーダーたちは、今年はラスベガスでマーチを開催。各地の集会では、登壇した活動家が、中間選挙で民主党を勝利に導くよう行動を起こすことを訴える場面も少なくなかった。

20180124_nyt_6

「パワー・トゥ・ザ・ポールズ」のバナーを掲げるデモ参加者。ラスベガスで2018年1月21日撮影 (Jenna Schoenefild / The New York Times)

トランプ大統領は皮肉なツイート

ウィメンズ・マーチの一方で、19日には、ワシントンのナショナル・モールに中絶反対派が集結。人口中絶を支援するNGOへの助成を禁じる大統領令に署名したトランプ大統領の任期1周年を讃えた。ホワイトハウスから生中継されたライブメッセージのなかで、大統領は「私たちはいつも、あなた方とともに歩む」と語った。

だが、20日のツイッターでは、「好天に恵まれて、すべての女性がマーチするのに完璧な日だ」と口火を切り、「空前絶後の経済の成功と富を生み出したこの12か月を祝いに外に出よう」と皮肉った。

20180124_nyt_5

トランプ・タワーの前に集まった抗議をする人々。ニューヨークで2018年1月20日撮影 (Earl Wilson / The New York Times)

©2018 The New York Times News Service [原文:Women's March 2018: Thousands of Protesters Take to the Streets/執筆: The New York Times](抄訳:十河亜矢子)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    3. あ、変わったかも......!医師が教える若返り肌習慣3つ

    4. 「このまま今の会社で仕事を続けるのは難しい」と考えている人に提案したいこと

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    9. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    10. ドライヤー、めんどくさい? アヴェダから最強時短アイテムが出たよ

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    3. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    4. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    5. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 「このまま今の会社で仕事を続けるのは難しい」と考えている人に提案したいこと

    8. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    9. いくつあてはまる? 仕事もプライベートも充実しているリーダーが持つ5つの要素

    10. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    9. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    10. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    トランプにもタイムズアップ! 今年のウィメンズ・マーチはまさに「革命」 [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。