1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 名品のひみつ。肌も髪もボディも輝く、全身に「魅力」をまとう美容液/読者プレゼント

名品のひみつ。肌も髪もボディも輝く、全身に「魅力」をまとう美容液/読者プレゼント

JOY=すこし贅沢なお買いもの

1,356

20180126_skincare_1

うるおって内側から発光しているようなツヤ肌は、女性を「もとから美人」に見せる絶対条件。そんな理想の肌を、まるでメイクのように叶えてくれる美容液を見つけました。

「ツヤとうるおい」の美人バランスを再現

カネボウ スキン グロス オイル ウォーター」は、肌を柔らかくするオイル相と、みずみずしいうるおいを与えるウォーター相からなる2相タイプの美容液。軽く振ることで2相が混ざり、つややかなのにベタつかない、なんとも「女度」の高い肌に仕上げてくれます。

女性が美しく見えるうるおい感や、ツヤ感のバランスにこだわって開発しました。使うたびに振り混ぜることで、自分の美しさを手づくりしているような楽しさを感じていただけたら」と話すのは、「KANEBO」PRの星野由紀さん。

化粧水の後に使うだけでなく、洗顔後のブースターやヘアオイルにもオススメだそう。使うだけで女らしい気持ちになれるのは、茶花の香り“ティートピア”をベースに、ローズとミュゲを合わせた香りによるところも大。1本で何役にもなる使い勝手の良さと、ドレッサーに置くだけで気分が高まるビジュアルは、旅先に連れていくコスメやプレゼントにも最適です。

肌も心もうるおして、みずみずしく

女性はひと月のなかで肌の水分、皮脂バランスが大きく変わります。そんなときにも、「カネボウ スキン グロス オイル ウォーター」が強い味方に。

肌が乾燥してくすみがちになったとき気分がいまいち上がらないときに、ぜひ化粧水のあとにていねいになじませてみてください。女性がもっとも美しく見える時期のつややかな印象を取り戻し、女性らしい魅力にあふれたポジティブな気持ちになれるはず」と星野さん。

シャカシャカと振って、ふんわりカラーのピンクのオイルがウォーター相になじんでいくのを見守るのもなんだか楽しい。なんとなく肌がカサついて元気がないときも、メイクの下地として「カネボウ スキン グロス オイル ウォーター」を仕込んでおくと、「ツヤとうるおい」のバランスが整って急に美人に見える気がします。

優雅な香りに包まれて、心までうるおう上質なスキンケア。艶やかな肌と髪、そして全身に「魅力」をまとわせてくれる、大人の女性にふさわしい逸品です。

カフェグローブ編集部が“いま買うべき逸品”をご紹介する「JOY=すこし贅沢なお買いもの」。今回は「カネボウ スキン グロス オイル ウォーター」を1名様にプレゼントします。

お話を伺った方/「KANEBO」PR 星野由紀さん

読者プレゼント

カネボウ スキン グロス オイル ウォーター(50ml)5,000 円(税抜) 1名様にプレゼントいたします。

応募方法:件名を『カフェグローブ スキン グロス オイル ウォーター読者プレゼント応募』とし、お名前を明記の上、下記メールアドレスへご応募の旨をお送りください。当選者の方に後日ご連絡を差し上げます。

応募メールアドレス:info_cafeglobe@mediagene.co.jp(@は半角に置き換えてください)

応募締切:2018年2月25日(日)23:59 まで ※当選はお知らせを持ってかえさせていただきます。ご提供いただきました個人情報を、本プレゼントの運営に関すること以外の目的で使用することはありません。

カネボウ スキン グロス オイル ウォーター

撮影/柳原久子 文・取材/田邊愛理

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    名品のひみつ。肌も髪もボディも輝く、全身に「魅力」をまとう美容液/読者プレゼント

    FBからも最新情報をお届けします。