1. Home
  2. キャリア
  3. プレゼンの前には体を動かすべし。10分の有酸素運動でメンタルアップ

プレゼンの前には体を動かすべし。10分の有酸素運動でメンタルアップ

やる仕事は山ほどあるのに、なんだかやる気がでない。ついスマホや2杯目のコーヒーに手が伸びてしまったりします。そんなとき、頭の回転を取り戻すには体を動かすのが一番のようです。

10分の有酸素運動で脳パフォーマンスが14%UP

20180124_10min_1

カナダのウエスタン大学のBrain and Mind Instituteがある実験を行いました。いすに座って10分間雑誌を読むグループと、中程度以上の有酸素運動を10分間行うグループに分け、10分後の認知パフォーマンスを測定。すると運動したグループは運動前と比べて認知パフォーマンスがアップ、状況によっては14%も上がっていたそうです。

研究者たちは、これまでは継続的な運動でなければメンタルへの効果はないとされていましたが、即効性があることが判明したと述べています。

この実験を行った同大学のヒース教授は、学生たちにテストや面接の前には運動をするように勧めているそうです。

エアロバイクのようなワークアウトが短時間でもできればベストですが、会社のまわりを早足で散歩したり、一駅前で降りて歩くのでも効果はあるはず。10分ぐらいなら思ったよりも簡単に取り入れられそう。大事なプレゼンテーションや会議の前の運動は、メンタル力アップに一役買ってくれそうです。

頭の雑念をリセット

この記事を読んだとき、短い間でも体を動かすことが脳のリセットになるのではないかと感じました。運動している間は頭の中の雑念が断ち切られて、リセットされるような気がします。

そういえば、美術館ワークアウトを知って以来ちょこちょこと踊っているのですが、5~6分でも体を動かした後は気持ちがいいし、頭がスッキリするんです。これにも、14%アップとまではいかなくても、同じような効果があるのかもしれません。

10分の有酸素運動にこんな即効性があるのなら、もうやらない手はありません。

Inc, Western University

photo by Gettyimages

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    4. 『スター・ウォーズ/エピソード9』キャスト決定! 気になるレイア役は?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わずため息。時を忘れるパール展

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    プレゼンの前には体を動かすべし。10分の有酸素運動でメンタルアップ

    FBからも最新情報をお届けします。