1. Home
  2. ライフスタイル
  3. いつも、こめかみに微笑みを。美容ジャーナリスト齋藤薫さん

いつも、こめかみに微笑みを。美容ジャーナリスト齋藤薫さん

姿勢のよい顔 ー顔マネジメントで印象を操作するー

1,338

20180201_kaorusaito

突然だけれど、「おはよう」「こんにちは」そして「お疲れ様」そういう毎日の当たり前の挨拶の時、あなたはにこやかな顔をしているだろうか? 言われてみると、わからない。自信がない。ひょっとしたら、ニコリともせずに、惰性で挨拶をすましているかもしれない。そこに、自覚も記憶もないのが、自分の顔の表情なのだ

そう、こんなことがあった。私の目の前に、母親が急に鏡を差し出して、こう言ったのだ。「あなたはこんな顔してテレビを見てるのよ」と。映っていたのは自分の全く知らない顔。初めて見るような険しい顔。顔の表情は、ここまで無意識なのだと思い知ったもの。ハッと気づいて、いけないいけない、優しい顔をしなくてはと意識をしても、また何分か後には自分の知らない顔になっている。

「何かにそっくり」と思ったら、そう言えば姿勢も全く同じ。姿勢が丸いことに気づいて、いけないいけないと背筋を伸ばしても、数分後にはもう元に戻っている。まさに、姿勢と顔はよくも悪くも連動しているよう。言い換えれば、キュッと上向きの凛とした顔は、まさしく“姿勢のよい顔”。でもなぜいい姿勢は続かないのだろう。そしてなぜ、凛とした上向きの顔も、続かないのだろう。自分の顔なのに。

もっと言えば、年齢を重ねるほどに凛とした顔もよい姿勢も、さらに長く続かなくなる。それも1つのエイジングなのだろう。

* * *

そこで思い出したのが、いつも惚れ惚れするほど威勢のよいダンスの講師が言っていた、こんな一言だった。「私はいつも、イスの背もたれにもたれないの。背筋を真っ直ぐにしている方がずっと体がラクだから」。聞いた時は、そんなこと、ありえないと思ったが、本来はそういうものなのかもしれないと思い直してみた。

背もたれにもたれない。なるほど、やってみると気持ちがいい。逆に言えば、人間、丸めた背中を背もたれにうずめている方がむしろ体がだるくなり、どっと疲れが出る仕組みになっているのだろう。背もたれにもたれない心がけ、何とも言えない心地よさが、それを続けさせてくれたのだ。

* * *

じつは、顔の姿勢も同じ。背中を丸めるように、無意識に眉間にシワを寄せていると、顔の筋肉がひどく凝っていることに気づかされる。じゃあ背もたれを使わない心がけと同じように、顔の姿勢を正すコツとは何なのか。やはり頭で考えると、到底続かなさそうなのに、不思議にクセになるのが“こめかみで笑うこと”。これは、証明写真や集合写真を撮られる時に、誰もが無意識にやっている筋肉運動。モデルがオーディションで審査員に見られる時も、とても自然にこめかみに力が入ると言われる。

やってみてほしい。口角を上げなくても、こめかみに力を入れるだけで、顔が凛として、様々な筋肉がキュッと上を向き、穏やかなよそ行きの顔になる。いや、こめかみで微笑むようにすると、目がぱっちりと美しく見開かれ、瞳もキラキラ輝き、またとても自然に口角も上向きになり、とても華やかで艶やかな、その人の最も美しい顔になる。顔の筋肉も、そういう自然な連鎖のような動きこそが、最も美しい表情を作ることを覚えていて欲しいのだ

両方のこめかみに、意識の上だけでいい。わずかに力を入れて、こめかみで微笑む……思い出すたびにやってみて欲しい。ほんの一瞬でできる心がけ。1人の時でも、電車の中でも、いつでもどこでもできる、こめかみの微笑み。それがクセになった時、顔は驚くほど美しくなる。生き生き輝くようになる。ひょっとするとメイクよりも、ずっと人を美しくしてくれるのだ。

* * *

笑顔が人を美しくすることは、みんな知っている。そして、いつも笑顔を絶やさない人になることが、周囲の人の心をぐるりと惹きつけることも、よーく知っている。笑顔ばかりが思い出される人になるって、人生において素晴らしいこと。それ自体が自ずと運命を切り開いてくれるだろう。それでも人は、なかなか“笑顔”顔になれない。

だから、“こめかみの微笑み”から始めてみて欲しい。不思議なもので、筋肉で微笑みの形を作ると、心まで晴れやかになる。心が晴れるから笑顔になるだけじゃない。逆の作用も起こりうるのだ。しかもナチュラルキラー細胞までが働いて、免疫力が高まるとまで言われる。顔における微笑みは、奇跡的とも言える力をもたらしてくれるのだ。

だから、こめかみに、いつも微笑みを。

文/齋藤薫、企画・構成/寺田佳織(カフェグローブ編集部)、photo by shutterstock

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    7. 怒りのピークは6秒。アンガーマネジメント実践法

    8. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    9. 不安に負けない。indaHash CEOのマインドタフネス [MASHING UP]

    10. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「若返りのツボ」を押すだけ。巡りを整えて健康美人に

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    8. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    9. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    10. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    いつも、こめかみに微笑みを。美容ジャーナリスト齋藤薫さん

    FBからも最新情報をお届けします。

  • 「美人」へのレッスン (講談社+α文庫)

    「美人」へのレッスン (講談社+α文庫)
    齋藤 薫講談社
    by Amazon.co.jp