1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 整形級の美顔を手に入れる顔筋トレ。シワ、たるみ、ほうれい線よ、さようなら

整形級の美顔を手に入れる顔筋トレ。シワ、たるみ、ほうれい線よ、さようなら

姿勢のよい顔 ー顔マネジメントで印象を操作するー

4,518

20180207_kaoyoga_main-2

美しい姿勢に腹筋・背筋が不可欠であるように、しなやかな「姿勢のよい顔」を作るためにはトレーニングが必要です。あきらめがちな顔のたるみの原因は、意外にも顔の運動不足。年齢に左右されない引き締まった顔に導く表情筋トレーニングを、顔ヨガ講師として活躍する間々田佳子さんにうかがいました。

日本人の顔は圧倒的に運動不足

簡単な「表情(ポーズ)」を作るだけで、顔のむくみやたるみを解消し、引き締まった小顔になれると大人気の間々田さんのメソッド。

日本語は、平均して20%しか表情筋を使わなくても発声できる言語。欧米人と比較すると、私たちにはまだまだ使っていない顔筋がたくさんあるんです。顔の筋肉も、運動不足だと衰え、たるんでしまう。まんべんなく動かす感覚をマスターすれば、血液、水分、リンパ液の循環が良くなって、若々しく弾力性のある筋肉になります」と間々田さんは話します。

忙しい女性が表情筋ストレッチに慣れるには、「ながらトレーニング」で毎日の行動と結びつけ、習慣化するのがコツ。姿勢のよい顔を作る4つの「ながらトレーニング」と、お悩み別のポイントトレーニングを指南してもらいました。

* * *

姿勢のよい顔になる、4つの「ながらトレーニング」

1.顔の準備運動。ベッドのなかで「ぐぅ〜っとぱ〜あっ」

20180207_kaoyoga_1-2

1.手足を上下に思いっきり伸ばし、息を吐きながら、すべてのパーツを顔の真ん中に集める。ギュッと力を入れてOK。
2.いったん鼻から息を吸い、大きく吐きながら「ぱあ~っ」と目元・口元を全開に。その後、顔も体も脱力するイメージでリラックス。

間々田さん「顔にギュッと力を入れてから緩めることで、筋肉が目覚め、血行アップ。眠気もスッキリ」

2.イキイキ顔に形状記憶。メイク前に「おだんごロック」

20180207_kaoyoga_2-2

1.上の歯を8本以上見せて、頬を上げてスマイル。
2.人差し指と親指で輪を作り、あごから肉を集めるように頬の肉をつかんでロック。頰にできたおだんごを持ち上げて、その位置を形状記憶させるイメージで。

間々田さん「朝、一回やるだけで一日中ほっぺたアップ。私のお気に入りのトレーニングです」

3.ほうれい線スッキリ。トイレに行ったら「フグの顔」

20180207_kaoyoga_3-2

1.フグのようにぷくっと口のまわりに空気を入れ、ふくらませる。ほうれい線を伸ばすイメージで。
2.右頬、左頬、上唇の上、下唇の下……と、空気を移動させる。

間々田さん「ふだん使わない頬の筋肉を刺激。ほうれい線の解消に効果的です」

4.お疲れ顔をリフトアップ。ソファやお風呂で「見返り美人」

20180207_kaoyoga_4

1.座った姿勢で体をひねり、右斜め上をしっかり見ながら右側だけ口角を上げる。左側も同じように行う。

間々田さん「表情グセで固まった筋肉をほぐし、口角、目じり、フェイスラインをググッとアップ。就寝前のリラックスタイムに行うことで、顔の左右バランスも整います」

お悩み別ポイントトレーニング

首のシワ予防に「ひっひっひー」

20180207_kaoyoga_7-3

1.「ひっひっひー」と言いながら首に筋を立てる。
2.「ひ」の後、1回ごとに力を抜き、立てた筋をリラックス。「ひっひっひー」で1セット。5セットを目安に。

間々田さん「あごから首の筋肉を動かしてストレッチ。あごのラインもシャープになります」

頑固なクマも退散「ムンクの顔」

20180207_kaoyoga_6_2

1.顔がタテに伸びるように「オー」と言いながら頬と鼻の下を伸ばす。
2.視線を上にし、下まぶただけを5回持ち上げる。目の下の筋肉を使って、まぶしそうな顔を作るイメージで。

間々田さん「鍛えるのが難しい目の下の筋肉を刺激。目の下のたるみやクマが気になるときに」

10秒で顔に気合を入れる「あっかんべー」

20180207_kaoyoga_7-2

1.視線を上に上げる。
2.息を吸い、「べぇー」と舌を根元から出して、「はぁーっ」と勢いよく息を吐きだす。

間々田さん「体の中から悪い気を追い出すイメージで、口から勢いよく息を吐いて。舌を出して息を吐き切ることで、内臓が刺激されデトックス効果もあり」

意識して鍛えれば、マイナス10歳顔も現実に

体と同じように、顔の筋肉も30代を過ぎれば衰えてきます。しかも、顔が脱力している時間が長いほどたるむ……と間々田さん。

「パソコンやスマホの画面を見ているときは、多くの人が『脱力顔』をしています。顔をよく動かし、弾力性のある筋肉を育てれば、思いっきり表情を作っても表情ジワができにくくなります。顔の筋肉がなまっていると、最初はトレーニングをしてもうまく動かせないかもしれませんが、鏡を見ながら続けてみて。意識して鍛えれば、必ず応えてくれるのが顔の筋肉。早い人なら一週間で、マイナス10歳顔も夢ではないですよ」(間々田さん)

キャリアが上がるほど、人前で話したり、動画を撮られたり、自分の"顔"が気になるシーンは増えてきます。表情ジワを気にして能面のような顔でいるよりも、きらきらと笑い、怒るべきときには怒る、表情ゆたかな女性でありたいもの。

「表情筋ストレッチを習慣にすれば、ここぞというときに自分本来の輝きを100%表現できる」という間々田さんの言葉を思い出せば、毎日の「ながらトレーニング」にも気合が入りそうです。

20180207_kaoyoga_profile

間々田佳子(ままだ・よしこ)さん

顔ヨガ講師、アルゼンチンタンゴダンサー兼講師。40歳を過ぎた今でも、体内年齢は20代をキープし続けているが、30代後半に顔だけ衰えてきたことに気づき「顔も身体と同じように鍛えられるはず!」と、2010年、顔ヨガ講師資格取得。顔ヨガで若顔・印象アップ・笑顔レッスン、ビジネスに役立つ表情筋トレーニングなどを延べ2万人以上に指導している。テレビ、雑誌、新聞などのメディアや講演等でも活躍中。最新刊に『ずぼらでも大丈夫! ながら顔ヨガ』(主婦と生活社)がある。公式サイト

顔ヨガ協会

取材・文/田邉愛理、企画・構成/寺田佳織(カフェグローブ編集部)

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「掃除をする日」を消した家電。しかも軽すぎてほぼ小ウサギ

    2. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    3. 「言い換え力」は「会話力」/鈴木亮平さんに学ぶ、ボーダレスなコミュ力・前編

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. ビジネス手土産はこれで勝負。お洒落すぎる「和」なショコラ

    7. 人生に余計なアプリ入れてない? DJあおいさんの言葉にハッ。

    8. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    9. 職場のリーダーは男性よりも女性の方が向いている、という説4つ

    10. SHIHOやアンミカも実践ずみ。ほっそりの秘密は「ひねるだけ」

    1. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    2. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    3. もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

    4. 「掃除をする日」を消した家電。しかも軽すぎてほぼ小ウサギ

    5. SHIHOやアンミカも実践ずみ。ほっそりの秘密は「ひねるだけ」

    6. 「言い換え力」は「会話力」/鈴木亮平さんに学ぶ、ボーダレスなコミュ力・前編

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. わたしは何を勉強すればいい?「大人の学び」の見つけ方

    10. これからの転職面接は 「何をした」より「何ができる」の時代へ

    1. 寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンクワースト7

    2. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    3. 糖尿病を引き起こす、実はキケンな6つの習慣

    4. 「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

    5. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    6. これ、実はヘルシーです。美味しくがっつり食べられるバーガーが上陸!

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. ゴールデンウィークにやっておきたい、普段できない3つのこと/まとめ

    9. もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

    10. 「掃除をする日」を消した家電。しかも軽すぎてほぼ小ウサギ

    整形級の美顔を手に入れる顔筋トレ。シワ、たるみ、ほうれい線よ、さようなら

    FBからも最新情報をお届けします。