1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 顔のプロに聞いた、目的を達成する「顔のつくり方」

顔のプロに聞いた、目的を達成する「顔のつくり方」

姿勢のよい顔 ー顔マネジメントで印象を操作するー

3,074

20180222_facereading_1

観相家・顔研究家・顔面評論家の池袋絵意知さんに学ぶ、観相学による顔マネジメント。顔のパーツによる性格診断を紹介した前編に続き、後編では「なりたい自分になれる顔」のつくり方凶相の変え方2018年のラッキーフェイスまでをうかがっていきます。

働く女性のシーン別「こんなときはこんな顔」

20180222_facereading_2_1

ここぞという時のプレゼンや、気の重い謝罪の場面など、「こんなときどんなヘアメイクにしたらいいんだろう?」と悩んだことはありませんか? 第一印象の多くを顔が決めるとすれば、目的達成のための「顔のつくり方」はぜひ知っておきたいところ。観相学の視点から池袋さんに提案していただきました。

1.プレゼンやスピーチを成功させたいとき

気合いの入ったヘアメイクをすること、これにつきます。自分でしっかり"つくりこむ"こと。ファッションもグレード高く、化粧品も高品質なものを使って。フェイシャルマッサージを受けたり、美容院に行っておくのもいいことです。コンディションを整えることも重要。寝不足で目が充血したりするのはNG。眉ははっきり、コントラストのある感じに仕上げて

2.チームをまとめたい、部下に慕われたいとき

笑顔と引き締まった顔のメリハリが大事。部下が気の遣い過ぎでパフォーマンスを落とさないように、ゆとりのある表情を心掛けましょう。眉間は開き気味にして、眉尻も上がり過ぎないように。口は大きく開けてよく話すこと。ほうれい線はあったほうがベター。ただし、頬から下にストンと落ちるマリオネットラインではなく、口を囲むようなほうれい線が吉相です。笑顔が多い、度量が広いことの表れで、いい部下に恵まれます。

3.謝罪したいとき

ファンデーションの色味を抑え、素肌っぽさが残るようなメイクがいいでしょう。メイクにはあまり色味を使わず、全体的に平坦に仕上げ、濃淡もあまりつけないこと眉のラインは平行にして、眉尻を下げましょう。三日月形の眉は若干ファニーな感じが出てしまうため、謝罪シーンにはNGです。困っている、申し訳ないというニュアンスを下がり眉で出してください。

4.出世したいとき

とにかく顔に輝きを出すこと。肌の色ツヤをよくし、髪のツヤにも気を配ってください。運、とくに金運は輝きのあるところに集まります。額も出して、ツヤ感を演出。目の輝きや、口角を上げることも大切です。

5.男性にモテたいとき

曲線を重視。眉や目のラインを曲線的にし、ほおも丸く見える感じにチークを入れて。髪も柔らかいウェーブ、丸みのあるシルエットがモテにつながります。まつ毛は長いほうが、目の動きがより際立ち、男性の目を引く効果があります。

6.女性の集団でうまくやりたいとき

余計なトラブルを起こさないことを重視するなら、自分が属する集団のなかで、もっとも標準的・平均的な髪型やメイクをすること。何かひとつでもまわりと違う部分があると、それだけで「カンに触る」と思う相手が出るのが現実です。派手よりは地味に。表情が見えるように、眉と眉間は程よく出したほうがいいでしょう。平均的な顔に見える、卵型の輪郭に近づけるようなヘアスタイルも効果的。

凶相は変えられる

20180222_facereading_2

池袋さんいわく、持って生まれた自分の顔が気に入らなくても、メイクや表情の蓄積で変えていくことができるとのこと。いわゆる「凶相」としては、カマキリ眉(極端に上がって下がる眉)、眉間の深いシワ、下がった口角などがあります。

「カマキリ眉はとにかく攻撃的。『このハゲー!』で有名になった頃の豊田真由子議員は、見事なカマキリ眉でした。『別に……』のころの沢尻エリカさんもそう。あんなメイクをしていたら、性格がメイクに引きずられてしまいます」(池袋さん)

眉間のシワは、物事を悪い方へ悪い方へと考えるクセがあると出やすいそう。深く考えるだけではなく、"広く"考えるクセをつけ、眉間を開くようにすると改善するそうです。

自分の顔を愛するほど「いい顔」になる

20180222_facereading_4

人に慕われたいならほうれい線はあったほうがいいし、小顔はいわゆる「小あご」であり性格的にも幼い部分が目立つと話す池袋さん。一般的な美醜の概念は、あくまでその時代の価値観を反映したもので、吉相とは必ずしも一致しないのがおもしろいところです。

「なりたい顔にむけて努力することは大切ですが、その前提として、まずは自分の顔を愛することが大事です。どんな顔にも一長一短があり、結局はないものねだり。他の人から見れば、そんな個性のある顔こそがよかったりするわけですから。しっかりした大人の顔というのは、自分の顔を『いい』と思うことで育てられる。パーツを単体で見るのではなく、自分の顔そのものを愛していけば、全体的にバランスのとれた顔になってくるはずです」(池袋さん)

パーツが大きい男性的な顔立ちは、キャリアアップの武器になる。大きな目に憧れるより、小さな目ならではの清楚さや上品さを生かしたほうが、その人らしい美しさが輝きます。まずは自分の顔を好きになることが、「なりたい自分になれる顔」をつくる第一歩と言えそうです。

2018年のラッキーフェイスは?

20180222_facereading_5

これまでご自身のウェブサイトやメディア上で、その年を象徴する顔を発表してきた池袋さん。2018年はどんな顔が幸運を呼ぶのか聞いてみました。

今年は顔の造作よりも、『隠す』ということがポイントになりそう。前髪を少し下ろして、眉間は少し出す。両眉の半分くらい出すバランスがいいと提案したいと思っています。短所を隠すのではなく、長所をあえて隠す、魅力や才能がにじみ出てしまう、というニュアンスですね。顔まわりの小物、帽子やメガネをうまく利用するといいでしょう。

そして男性も女性も、『ともに生きる』というのが2018年の顔のテーマになる。眉間は開いて、人を受け入れる顔をつくってください。頬骨も、今年はメイクで強調し過ぎないほうがいいかもしれませんね。イメージは女優の宮崎あおいさん。眉間のゆったりと開いた感じが素晴らしいです」(池袋さん)

社会も政治も攻撃性を増している時代だからこそ、人をあたたかく受け入れる「顔」に。そんなイメージで自分の顔をつくってほしい……というアドバイス、大切にしたいと思います。

eichiikebukuro_profile-1

池袋絵意知(いけぶくろ・えいち)さん

観相家、顔研究家、顔面評論家。出版社で3年半、人材総合サービスで7年半営業を経験した後、それまで興味を持っていた顔の研究を本格的に始める。古くからの観相学だけでなく、自然人類学や色彩心理等の研究を取り入れ、独自の顔面観相術「ふくろう流観相学」を確立する。多方面から研究した顔に現れる性質を考慮した上で鑑定、アドバイスをすることを信条として、多くの支持者を得ている。日本顔学会会員。公式サイト

前編:顔診断。顔のパーツから性格を見抜く方法

取材・文/田邉愛理、企画・構成/寺田佳織(カフェグローブ編集部)、photo by Shutterstock

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    2. 意外とあるじゃん!学びの時間のつくりかた/まとめ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 高収入の人が毎朝やっていること

    7. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    8. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    9. 楽しく、挫折せず、身になる「学び方」って?/立教大学教授 中原 淳さん #02

    10. 仕事のパフォーマンスを上げる「食事のスキル」

    1. 高収入の人が毎朝やっていること

    2. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    3. 「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    6. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    7. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    10. 在宅フリーランスがご機嫌に働くための4か条

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    顔のプロに聞いた、目的を達成する「顔のつくり方」

    FBからも最新情報をお届けします。