1. Home
  2. ライフスタイル
  3. うっかり日焼けの原因は摩擦? こすれても落ちにくい新UVケア

うっかり日焼けの原因は摩擦? こすれても落ちにくい新UVケア

1,299

そろそろ暖かくなってほしい。そう願ってやみませんが、暖かくなると衣服も薄着になり、薄着になると気になり出すのが紫外線。早め早めに策を講じておきましょう。

しっかり塗ったはずなのに……焼けた原因は摩擦

ちなみに、日焼け止めをしっかり塗っていたはずなのに焼けてしまった、という経験はありますか? これ、実に93%の女性が経験しています(※)。なぜか。この理由にカネボウ化粧品が迫ったところ、その背景には汗や水だけでなく、「摩擦」が関与していることがわかりました。

日焼け止め残存率を、塗りたての状態を100%とした時、日常生活を7時間送ると、汗の影響で62.3%、汗と摩擦の影響では38.5%まで低下することが判明したのです。

摩擦と汗・水に強い新シリーズ登場

20180208_allie_1

そこで同社が開発した機能が「フリクションプルーフ」。衣服やバッグ、タオルなどの日常の摩擦・こすれに強く、落ちにくい機能です。通常の紫外線防御剤は摩擦を受けると塗膜にダメージを負い、塗膜が欠けてしまうため、そこからUVダメージを受けてしまいます。これに対しフリクションプルーフ機能を搭載した紫外線防御剤は塗膜が弾性を持ち、形状を元に戻す力に長けるため、摩擦を受けても塗膜が一時的に変形するだけで、塗膜形状を維持することが可能。

同社製品が従来備えていたウォータープルーフ機能もさらに強化され、摩擦と汗・水へのダブルプルーフに。

このダブルプルーフ ジェルUVを搭載し、パワーアップするのが「アリィー エクストラUV」シリーズ。

20180208_allie_2

顔にも身体にもこれら1本で対応。左から、みずみずしいテクスチャーの「アリィー エクストラUV ジェル」SPF50+ PA++++ 90g2,100円、すっとのびてサラサラな肌心地の「アリィー エクストラUV パーフェクト」SPF50+ PA++++ 60ml2,100円(ともに税別、編集部調べ)。※ともに2018年2月16日(金)発売

みずみずしい使用感で全身を優しくいたわる「エクストラUV ジェル」や、ミルクタイプの「エクストラUV パーフェクト」、化粧崩れを防ぐ下地用の「エクストラUV フェイシャルジェル」、毛穴カバー力を備えた「エクストラUV BBジェル」が登場します。どの製品も美容液成分が配合されており、日焼け止めというより保湿ケア製品という印象

20180208_allie_3

左から、潤いを与えながらなめらかな肌に整える下地ジェル「アリィー エクストラUV フェイシャルジェル」SPF50+ PA++++ 60g2,100円、自然な肌トーンアップと毛穴カバーができる「アリィー エクストラUV BBジェル」SPF50+ PA++++ 30g1,600円(ともに税別、編集部調べ)。※ともに2018年2月16日(金)発売

オフィスでのアウターやカーディガンの脱ぎ着はもちろん、バッグを持つなど、日々の生活で摩擦は不可避。うっかり焼け防止に嬉しいサポーターの登場です。

※カネボウ化粧品調べ(日やけ止め使用者16〜49歳女性、N=1,143)

アリィー

電話:0120-518-520(カネボウ化粧品)

アリィー

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    うっかり日焼けの原因は摩擦? こすれても落ちにくい新UVケア

    FBからも最新情報をお届けします。