1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 些細な不安ごとから解放されたい。家のIoT化のススメ

些細な不安ごとから解放されたい。家のIoT化のススメ

賃貸住宅のIoT化を目指す「ロボットホーム」が提供する「Apartment kit」の1つ、「スマートロック」が今夏、デザインを一新します。

20180222_aprtmentkit

スマートロックとは、扉が閉まると自動施錠され、解錠はアプリかテンキー、交通系ICカード類、従来の鍵で行えるようにする鍵のシステム。不正に解錠されると警報が鳴り、入室記録はアプリから確認することができます。

新デザインは、センサー部分を傾斜させ、操作領域を広げることでボタンがタッチしやすい仕様に。扉デザインに馴染みやすいグレーカラーを採用し、スタイリッシュに進化

施錠したか思い出せないのは、脳の働きによる

「鍵かけたかな……」という不安は、誰しもに起こりえます。この不安は、習慣的にこなす作業を、脳が自動化システムに組み込むために発生するのだそう。たとえば施錠も、外出のたびに鍵をかけることが習慣化し、次第に行動が無意識化されていくため、閉めたかどうかをなかなか思い出せなくなるのだとか。

よって、基本的には不安に思うより、まずは脳を信じればOK。なのですが、2013年に日経ビジネスが実施した調査によれば、「今後、企業に開発してほしい商品は?」という問いに対し、4人に1人(25.1%)が「外出先から戸締りを確認できるシステム」と回答したことからも、施錠に関する不安はつきものだとわかります。

つまり、家のIoT化=日々の生活から小さな不安を取り除ける行為。日中、仕事に集中するためにも、できる限り導入していきたいものです。

エアコンも電気も、Apartment kitで管理

ちなみにApartment kitには他に、室内の温度や湿度状態の情報を取得し、エアコンやテレビなどの操作をワンタップで行ったり、外出先から管理できるようにしたりする「ネイチャー センサー リモート コントローラー」や、窓に取り付けておくと不正に開閉されたことが通知される「タグ セキュリティ」、照明のカラーや照度のコントロールを可能にし、外出先でも電気の消し忘れに気がつける「スマート ライト」などが揃います。

エアコンのスイッチ切ったっけ? 電気消したかな?? 些細な不安から解放されましょう。

ロボットホーム

電話:03-6721-0724

ロボットホーム

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    些細な不安ごとから解放されたい。家のIoT化のススメ

    FBからも最新情報をお届けします。