1. Home
  2. マネー
  3. ビットコインにネム? 今さら人に訊けない仮想通貨のギモン

ビットコインにネム? 今さら人に訊けない仮想通貨のギモン

1,229

20180214_bitcoin_1

流出問題や大きな値動きで話題になる仮想通貨。実はよくわからないという人も少なくありません。ビットコインとは、ネムとは何か。電子マネーとどう違うの? 仮想通貨の基本をおさらいしましょう。

仮想通貨にはどんな役割があるのか

仮想通貨はもともと、世界中どこでも使える通貨としての役割が期待されて誕生しました。円は日本でしか使えませんし、USドルはアメリカでないと使えません。仮想通貨と似ているものに電子マネー(nanacoやEdyなど)がありますが、こちらも一般的な通貨と同様で使用範囲は限定されます。

通貨の使用範囲が定められているのは、各国に中央銀行と呼ばれる機関があるためですが、仮想通貨の場合は民間で管理されています。ブロックチェーンという特殊な技術を使い、利用者同士が仮想通貨の安全性や透明性を管理。これが世界中で通用する通貨とされる理由です。

仮想通貨とは何か考えるとき、最初に覚えておきたいのはドルや円のようなお札やコインがないことです。紙幣や貨幣などの代わりに電子データがあります。では、どのようにお金を管理するのでしょうか?

仮想通貨の管理の方法

仮想通貨を購入した人はウォレットと呼ばれる方法で仮想通貨を管理しています。ウォレットにはいくつか種類があり、オンラインの仮想通貨取引所やソフトウェアで自分のパソコンに購入した仮想通貨を置いておくことが可能です。フィッシング詐欺や不正アクセスによる仮想通貨の盗難など、それぞれに便利さとリスクが伴います。

仮想通貨で買い物できる店舗も増えており、日本では一部の通販サイトや家電量販店などでビットコイン決済ができるようになりました。

20180214_bitcoin_2

ビットコインとアルトコイン

最も有名な仮想通貨はビットコインです。ビットコインは世界で最初に公開された仮想通貨で、知名度も市場規模も最大級です。ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれ、1,100種類以上あるとされています。しかし、その実態は玉石混交。マネーロンダリングなどに使用されるものや、注目されず価値がほとんどないものも。

日本の仮想通貨取引所で主に取引されている通貨はおよそ次のとおり。 ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、リップル(XRP)。 2018年2月時点では、ビットコイン、イーサリアム、リップルが市場規模の大きい通貨トップ3です。

コインチェックの流出事件と過去の被害

先日、仮想通貨取引所コインチェックから、アルトコインの1つネム580億円相当が流出するという事件が起きたのは記憶にあたらしいこと。

なぜ、コインチェックは大量の仮想通貨流出を許してしまったのでしょうか? 取引所の管理体制が抱える2つの問題が指摘されています。それは「マルチシグ」と「ホットウォレット」。

マルチシグ(マルチシグネチャ)とは、仮想通貨をやりとりするときに使われる秘密鍵の管理方法です。マルチシグを導入することで秘密鍵の数が複数になるので、仮に1つの秘密鍵が盗まれたとしても安全性を保つことが可能。安全性が高まる一方で、取引にかかる時間が増えるという課題もあるからか、コインチェックではマルチシグを導入していませんでした。

ホットウォレットとは秘密鍵をネット上で取り扱うことをいいます。対になる言葉にコールドウォレットと呼ばれる管理方法もあり、こちらはオフラインで秘密鍵を管理します。一般的にコールドウォレットは安全性が高いされており、コインチェックでもコールドウォレットを採用していました。しかし、一部でホットウォレットでの管理をしており、今回流出したネムはすべてホットウォレットで管理されていたということです。

仮想通貨取引所への攻撃は今回だけでなく、2017年2月には韓国の仮想通貨取引所ユービット、2014年2月には世界最大級のビットコイン取引所マウントゴックスも被害にあっています。

Cryptocurrency Market Capitalizations, NEM

photo by Getty Images

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    2. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    ビットコインにネム? 今さら人に訊けない仮想通貨のギモン

    FBからも最新情報をお届けします。