1. Home
  2. キャリア
  3. いいオフィスがいい仕事を生む。働き方先進国デンマーク#3

いいオフィスがいい仕事を生む。働き方先進国デンマーク#3

1,716

「世界一幸せな国」と言われるデンマークでは、人々はどんな風に働いているのだろう? 日本とは何が違うのだろう? この連載ではデンマークの人々に直接、それを尋ねてきた。

連載第1回第2回で話を聞かせてくれた4人の男女は、デンマーク有数の製薬会社ノボ ノルディスクの社員。聞けば聞くほど、今の会社に満足していること、ここで働けて自分はハッピーだと思っていることが言葉の端々から伝わってきた。

c3s-IMG_4263

社内は日の光にあふれ、すべての椅子が美しい

これまで見てきた通り、デンマークらしい幸せな働き方を支えているのは「人々の考え方」と「社会のあり方」。ただそれに加えて、ノボ ノルディスクでは「社内環境」も重要なピースのように見える。

コペンハーゲンの郊外に位置するノボ ノルディスク本社では、ほぼ円形の社屋をぐるりと緑が囲む。大きな窓からは明るい陽射しがふんだんに差し込み、ゆったりしたワーキングスペースはパブリックなエリア、社員が話し合いながら仕事をするエリア、一人で作業に集中するためのエリアなどにゾーニングされている。

c1-IMG_4210

中心部が吹き抜けでワークスペースは外周部に。

c2DSC_8155

ワークショップ用のスペースや打ち合わせ用のソファ、ライブラリのあるパブリックなエリア。

いかにもデンマークらしいのは椅子やソファだ。社内はまるで家具のショールームのように、機能的で洗練されたたたずまいの椅子しか見当たらない。デンマーク人の家具へのこだわりは、家の中だけの話ではないようだ。

c4s-IMG_4216

2人用、4人用のソファも多いが、1人用のこんな椅子も。

社員食堂にはどこかで見たことがあるぞという椅子が。デンマークを代表するデザイナー、アルネ・ヤコブセンの名作「アントチェア」だ。実はこのアントチェア、もともとはヤコブセンがノボ ノルディスクから依頼を受けて同社の工場の社員食堂のためにデザインしたものなのだ。

c5IMG_4249

美しく実用的な、濃紺と白のアントチェア。

もちろん社員食堂で見るべきものは椅子だけではない。ヘルスケアの企業らしく健康に配慮した料理が並び、盛りつけが美しいだけでなく味も抜群。なにより、野菜の味が濃い。デザートの皿からケーキを一切れ自席へ持ち帰る楽しみもある。これがまた、一切れではなく二切れ持ってくるべきだったと思うほどのおいしさなのだ。

c6sIMG_4254-1

見た目も味も、まるで高級ホテルのビュッフェ。

なぜこれほどまでに職場環境が充実しているのだろう? 社員の福利厚生というにはいささか過剰にも見えるけれど?

オフィスファシリティの整備を担当するトーベン・ブーア・ストーゴーさんは、眼下に緑を見下ろすワーキングスペースを案内して歩きながらこう説明してくれた。「生産性を上げようと思っても、旧弊な業務プロセスや社員の凝り固まった考え方を変えるのはそう簡単ではない。でも、それに比べたらオフィスの環境を変えるのは簡単でしょ?」

たしかにこれだけ素敵なオフィスなら、社員であることを誇らしく思えるだろうし、会社に来るのも楽しみになる。そうして働く人のモチベーションが上がれば、生産性は上がる、ということか。

トーベンさんはいまの自分の仕事にとても満足している。「ここで働く人のパフォーマンスを上げるためにオフィス環境を整えることは、ノボ ノルディスクが目指している『世界中の患者さんを助けること』につながりますから」

ワークライフバランスも完璧ですしね、と、かたわらの素敵なソファに腰掛けて付け加えた。

いい働き方も、幸せなワークライフバランスも、唯一の正解なんてものはない。でもゆったりした素敵なオフィスで、良い椅子に座って仕事でき、おいしいランチが食べられる職場は、理屈抜きでうらやましい。

取材・文・写真/江口絵理、取材協力/ノボ ノルディスク

江口絵理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 科学が裏付けた、バナナの健康パワー10

    2. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    5. 隣のチームはなぜ順調に「働き方改革」が進んでいるの?

    6. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 科学が裏付けた、バナナの健康パワー10

    3. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    4. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    8. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    9. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    10. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    8. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    9. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    いいオフィスがいい仕事を生む。働き方先進国デンマーク#3

    FBからも最新情報をお届けします。