1. Home
  2. ライフスタイル
  3. フラップを開くと、虹色の物語。フェラガモの新作バッグ

フラップを開くと、虹色の物語。フェラガモの新作バッグ

「サルヴァトーレ フェラガモ」から2018年スプリングコレクションの新作バッグが発売されました。2009年に登場して以来、ベストセラーとなっているトップハンドル型の「ソフィア」の最新バージョンで、「ソフィア・レインボー」と名付けられています。

20180206_ferragamo_1

写真はすべて「ソフィア・レインボー」。2サイズで展開。H25.0×W33.0×D17.5cm 275,000円、H20.0×W25.0×D13.5cm 240,000円(ともに税別)

フラップ部分が四角いソフィアに対し、ソフィア・レインボーはフラップがラウンドシェイプに。またフロントの両サイドからは、ジッパープルがちらり。ソフィアが持つ女性らしいムードは残しつつも、カジュアルなシーンにも使える汎用性の高さがうかがえます。

20180206_ferragamo_2

20180206_ferragamo_3

「レインボー」と付けられたのは、1938年にサルヴァトーレ・フェラガモが女優のジュディ・ガーランドのために製作した伝説のレインボーサンダルへのオマージュとして、ブランドを象徴するそのクリエイティブな色使いを採用したから。フラップを開くと、マチ付きポケットのコンパートメント、1つずつに異なる色が配されています。ペールトーンのピンクや、トレンドのライラック、ピスタチオなど、洗練された春色の物語は、バッグの中でさらに展開されているのです。

20180206_ferragamo_4

ちなみにサルヴァトーレ・フェラガモは、かつて数々の名優の靴をデザインし、「スターの靴職人」の称号を得ていました。彼の靴が愛されたのは、単に美しいだけでなく、人体解剖学を基にした身体に優しい設計でもあったから。

デザイン美だけでなく使い心地も重視する彼のスピリットは今なお継承されていて、たとえばこのソフィア・レインボーにおいては、内ポケットがたくさんあるだけでなく背面にもポケットが付いていて、ショルダーストラップは長さの調節も、取り外しも可能。エレガントでありつつ、機能性に長け、しかも熟練の職人技により、耐久性にも優れている。2018年をともに生き抜く最高のパートナーと言えるのではないでしょうか。

サルヴァトーレ フェラガモ

電話:0120-202-170(フェラガモ・ジャパン)

サルヴァトーレ フェラガモ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    フラップを開くと、虹色の物語。フェラガモの新作バッグ

    FBからも最新情報をお届けします。