1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「G」の文字がニクい素敵さ。禁断の唇を叶えるグロス•アンテルディ

「G」の文字がニクい素敵さ。禁断の唇を叶えるグロス•アンテルディ

美しい艶と鮮やかな発色を誇る「ジバンシイ」の「アンテルディ(禁断)」シリーズに、新製品が加わりました。「グロス•アンテルディ」です。

20180209_givenchy_1

「グロス•アンテルディ」全12色 6ml 3,700円(税別)。

ふっくらと弾力感のある唇を実現するブラック・ローズ・オイルを配合し、潤いを補給しながら立体的な口元へと導きます。同時に、マザー・オブ・パールとシャイニー・ポリマーが見事な艶を演出し、唇の縦じわカバーにも効果的

また、女性らしさを際立たせるヌードカラーや目を奪うようなレッドなど個性をいかしてくれる9色のほか、唇のpHに反応して色を変化させ、ミステリアスさやセクシーさを感じさせるリップに仕上げる3色のレヴェラトゥール・シェードなど、12色で展開します。

20180209_givenchy_2

「グロス•アンテルディ」の12色は、各色に合わせて艶をもたらす成分の配合量が微調整されており、スタイリッシュに仕上がる。左から、No.06 ギャングスタ・ヌード、No.10 オーバー・ローズ、No.12 ルージュ・スリラー。

アンテルディらしい艶と色の素晴らしさは、言わずもがな。同製品でさらにときめくのは、そのデザイン。フェルトタイプの新型アプリケーターを採用しているのですが、その先端には「G」の文字が象られているのです。GIVENCHYのGであり、Glossy、Glamour、GuiltyのGでもあるのだとか。唇への摩擦を減らす設計となっており、なめらかな使い心地、かつ瞬時に均一に塗布することが可能。

20180209_givenchy_3

レヴェラトゥール・シェード3色。左から、唇本来の色を鮮やかなピンクに燃え立たせるNo.01 ローズ・レヴェラトゥール、トップコートとしても使えるNo.16 ノワール・レヴェラトゥール、ブルーのマザー・オブ・パールが大胆なパール感を表現するNo.03 エレクトリック・レヴェラトゥール。

唇のpHで変化する色は、その人が持つ肌色に馴染みやすいですし、そしてこのデザインの可愛さとあれば、レヴェラトゥール・シェードは贈り物として重宝しそうです(もちろん、自分のドレッサーに仲間入りさせることは大前提)。

ちなみに、「禁断」と聞くと、何やら甘美な印象を抱きます。これ、人間科学的に当然のことなのだそう。何かの制限に縛られると、その閉塞感への抵抗が生まれ、動物的欲求=快楽と結びつくことで甘美な感情へと変わってしまう、という。そして閉塞感が強ければ強いほど、制限の枠を出た時の解放感はひとしおに。

社会で生きる以上、社会的制約はあるもの。「禁断の唇」をコンセプトにするグロス•アンテルディで、こっそりと解放感を味わいましょう。

パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]

電話:03-3264-3941

パルファム ジバンシイ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    「G」の文字がニクい素敵さ。禁断の唇を叶えるグロス•アンテルディ

    FBからも最新情報をお届けします。