1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「G」の文字がニクい素敵さ。禁断の唇を叶えるグロス•アンテルディ

「G」の文字がニクい素敵さ。禁断の唇を叶えるグロス•アンテルディ

美しい艶と鮮やかな発色を誇る「ジバンシイ」の「アンテルディ(禁断)」シリーズに、新製品が加わりました。「グロス•アンテルディ」です。

20180209_givenchy_1

「グロス•アンテルディ」全12色 6ml 3,700円(税別)。

ふっくらと弾力感のある唇を実現するブラック・ローズ・オイルを配合し、潤いを補給しながら立体的な口元へと導きます。同時に、マザー・オブ・パールとシャイニー・ポリマーが見事な艶を演出し、唇の縦じわカバーにも効果的

また、女性らしさを際立たせるヌードカラーや目を奪うようなレッドなど個性をいかしてくれる9色のほか、唇のpHに反応して色を変化させ、ミステリアスさやセクシーさを感じさせるリップに仕上げる3色のレヴェラトゥール・シェードなど、12色で展開します。

20180209_givenchy_2

「グロス•アンテルディ」の12色は、各色に合わせて艶をもたらす成分の配合量が微調整されており、スタイリッシュに仕上がる。左から、No.06 ギャングスタ・ヌード、No.10 オーバー・ローズ、No.12 ルージュ・スリラー。

アンテルディらしい艶と色の素晴らしさは、言わずもがな。同製品でさらにときめくのは、そのデザイン。フェルトタイプの新型アプリケーターを採用しているのですが、その先端には「G」の文字が象られているのです。GIVENCHYのGであり、Glossy、Glamour、GuiltyのGでもあるのだとか。唇への摩擦を減らす設計となっており、なめらかな使い心地、かつ瞬時に均一に塗布することが可能。

20180209_givenchy_3

レヴェラトゥール・シェード3色。左から、唇本来の色を鮮やかなピンクに燃え立たせるNo.01 ローズ・レヴェラトゥール、トップコートとしても使えるNo.16 ノワール・レヴェラトゥール、ブルーのマザー・オブ・パールが大胆なパール感を表現するNo.03 エレクトリック・レヴェラトゥール。

唇のpHで変化する色は、その人が持つ肌色に馴染みやすいですし、そしてこのデザインの可愛さとあれば、レヴェラトゥール・シェードは贈り物として重宝しそうです(もちろん、自分のドレッサーに仲間入りさせることは大前提)。

ちなみに、「禁断」と聞くと、何やら甘美な印象を抱きます。これ、人間科学的に当然のことなのだそう。何かの制限に縛られると、その閉塞感への抵抗が生まれ、動物的欲求=快楽と結びつくことで甘美な感情へと変わってしまう、という。そして閉塞感が強ければ強いほど、制限の枠を出た時の解放感はひとしおに。

社会で生きる以上、社会的制約はあるもの。「禁断の唇」をコンセプトにするグロス•アンテルディで、こっそりと解放感を味わいましょう。

パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]

電話:03-3264-3941

パルファム ジバンシイ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    4. 『スター・ウォーズ/エピソード9』キャスト決定! 気になるレイア役は?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わずため息。時を忘れるパール展

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    「G」の文字がニクい素敵さ。禁断の唇を叶えるグロス•アンテルディ

    FBからも最新情報をお届けします。