1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. haruの恋占い 3月のあなたの物語(2月生まれ)

haruの恋占い 3月のあなたの物語(2月生まれ)

1,238

02_01

今月のあなたはちょっと不安定になる傾向に……。いつもならばクールに対処できるのに、今月は誰かの行動や言動を深読みしすぎてしまい「愛されていないのかもしれない」「自分が思うよりも他人はわたしのことをそんなに思っていないのかも」など、悲観的になって落ち込みがち。

状況は変わっていないのに、むしろ誰かや周囲はあなたを好意的に見ているのに、あなたのなかに「もっと」とか「わかりやすい言葉がほしい」とかいつになく甘えん坊な顔がひょっこり現れてしまうようです。その原因は、あなたのなかにいま「タフさ」が足りていないから。単純に言えば栄養や睡眠が足りていないという物理的な問題なだけ。これって自分で調整できることだから、いますぐにでも改善できるはず。あなたにタフさが戻れば、すべてのことが「考えすぎだった」ということに気づいて、視界に明るさが戻ってきます。

美女の粉

なにかを手に入れたいと思ったら、予算で妥協するよりも、思い切って「高いけれど長持ちするもの」をチョイスして。本物を手にしたという自覚が、自信へとつながります。

カフェグローブのほかの占いも見る

>>haruの恋占い:2018年の年間占い
>>逢坂杏の12星座占い
>>吉野まゆのインド占星術

photo by Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    haruの恋占い 3月のあなたの物語(2月生まれ)

    FBからも最新情報をお届けします。