1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. haruの恋占い 3月のあなたの物語(1月生まれ)

haruの恋占い 3月のあなたの物語(1月生まれ)

1,244

01_01

今月「この人は、わたしの味方だ」という絶対的な存在を感じることができるでしょう。「味方」という表現は、まるで敵に包囲されたなかで唯一あなた側についている人……というような崖っぷちに立たされる雰囲気が漂いますが、今月の「味方」はそういうギリギリ感のなかで現れるのではなく、「ずっとそばにいながら気づかなかった」けれども、ある出来事のおかげで誰かの存在にいきなりスポットがあたる……そんな感じです。

この気づきはとても重要で、いままで景色のひとつとしてしかあなたの視界に映り込んでいなかった人が、突然あなたの舞台のなかで非常に主要な人物だったことがわかるはず。いわば物語の「起承転結」の「転」のタイミング。誰かの存在を改めて意識したら、あなたがやるべきことはその人へ、温度のある言葉を返すことです。

美女の粉

夜に灯すライトを新調してみて。見ていると心がとろけるような、あなただけに通じる灯りを放つライトが今月見つかります。1日の疲れをその灯りが癒し、毎晩気持ちをリセットしてくれますよ。

カフェグローブのほかの占いも見る

>>haruの恋占い:2018年の年間占い
>>逢坂杏の12星座占い
>>吉野まゆのインド占星術

photo by Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    haruの恋占い 3月のあなたの物語(1月生まれ)

    FBからも最新情報をお届けします。