1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 一泊は無理でも15分なら。高級ホテルに「分単位」でステイ [The New York Times]

一泊は無理でも15分なら。高級ホテルに「分単位」でステイ [The New York Times]

The New York Times

1,113

20180227_hotel_top

photo by Shutterstock

近年、アメリカでも都心のホテルのデイユースが増えている。乗り継ぎ便を待つ旅行者から静かな個室で電話したい人、集中して仕事を片付けたいビジネスマン、幼児の世話や授乳のための清潔なスペースが欲しい母親、ジョギング後にシャワーや着替えが必要な人、ショッピングの途中に足を伸ばしてリラックスしたい人たちまで、目的はさまざま。

こうした需要に貢献しているのが、HotelsbyDay.comDayuse.comなど、中高級ホテルのデイユースに絞ったブッキング・サイトだ。前者は米国の60を超える都市の約600軒、後者は世界22カ国のホテル約4000軒を対象に、時間単位で利用できる部屋を紹介する。

これらのサイトには、3時間、あるいは4時間からという最短の利用時間が設けられている。だが、最近ではさらに一歩先を進み、1分単位でのホテル利用を可能にしたサービスが登場している。2016年にサンフランシスコで創業され、2017年4月にニューヨークでもサービスを開始したスタートアップ、Recharge (リチャージ)である。

ラグジュアリーホテルでの宿泊に手が届かない人でも

20180209_nyt_01

HOTELS BY THE MINUTE ADV21 ニューヨークの最高級ホテル「ザ・ピエール」の客室。15分間のステイの値段は69.95ドル。最近、外部の企業と提携し、仕事をしたり、くつろいだりするための静かな環境を求める人々に、空室を数時間のみ提供するホテルが増えている。(The Pierre提供。The New York Times)

Recharge は現在、サンフランシスコとニューヨークの2都市のみで展開する。ニューヨークであれば「ザ・サリー」「ザ・ピエール」、サンフランシスコであれば「キャンプトンプレイス」などの五つ星を中心に、それぞれの都市にある約20軒のホテルと提携している。予約は利用前日から当日の直前まで、専用のアプリを経由したオンデマンドで対応する。2018年には、ロサンゼルス、シカゴ、マイアミ、ワシントンDCにも提供エリアを拡大予定だ。

2017年11月時点で、登録ユーザーは2万人以上。その大半が地元の人たちだという。用途はさまざまで、「なかには子供のオムツ交換をするのに、コーヒーショップのトイレは使いたくなくてホテルを使う男性客もいますよ」と創業者のマニー・バンフォ氏。「使った時間だけを支払えばいいので、お値段もお手頃です」。料金は使用後、滞在時間に基づいて分単位で計算され、登録したクレジットカードに課金される

基本サービス料は1回の利用につき30ドルから50ドル。もちろん、高級なホテルほどサービス料は割高だ。ここに、1分あたり50セントから2ドルまでの使用料が加算される。時間帯や時期により、同じ部屋でも料金が変動することも。最低料金の時期と時間帯を狙えば、さらにリーズナブルに利用できる可能性がある。

ホテル側には、空いている部屋を有効活用できれば、収益アップにつなげられるというメリットがある。Recharge側の調べでは、250室あるホテルの場合、同社との提携により、1日当たり275室分に収益を増やすことが可能だという。

週末のマンハッタンでショートステイ

20180227_hotel_1

photo by gettyimages

というわけで、Rechargeの斬新なアイデアに興味を持った私は、住まいのあるニューヨークで、早速このサービスを試してみることにした。最初に利用したのは、土曜日の午後。ミッドタウン5番街のアップルストアでiPhoneを修理してもらったのだが、これが予想以上に時間がかかり、なんと2時間も待たされてしまった。ウエストサイドのディナーの予約まで、あと1時間しかない。イーストサイドにある自宅に戻っても、またすぐ家を出なければ間に合わないため、戻るのは時間の無駄だ。そこで、Rechargeを開いてみた。

早速、最寄りの提携ホテルが10軒ほど表示された。その中から2、3ブロック先にある5つ星ホテル「ザ・ピエール」をタップ。予約ボタンを押して目的地に向かう。5分後、ホテルに到着した私は、フロントデスクで温かいもてなしを受けた。フロント係が私の予約記録を確認し、ミネラルウォーターを1本手渡してくれた。

部屋は、眺望こそビルの壁ではあったが、シルクのファブリック、木製の家具、高級ブランドEtro製のバスアメニティが並ぶ白い大理石のバスルーム、という上質のインテリアで整えられていた。アップルストアでの長い待ち時間で疲れた私は、しばしベッドに横になり、テレビを眺めて過ごした。15分間の滞在時間ですっかり気分はリフレッシュし、ナイトアウトを楽しめるまで調子が戻っていた。

チェックアウトは、アプリのボタンをタップするだけ。あまりにも簡単で驚いた。すぐにレシートがメールで送信されてきた。計69.95ドルであった。翌日、私は複数の店舗への洋服の返却、出産祝いの購入、カリーヒル地区の老舗スパイス専門店「Kalustyan’s」での香辛料の買い足しなど、一回の外出でいくつもの用事をこなす必要があった。その間に休憩を取るために2軒のホテルを利用した。1軒目は、四つ星ホテルのカテゴリーから、ミッドタウン・イーストの「フィフティNYCアン・アフィニア・ホテル」をチョイス。「ザ・ピエール」ほどの高級感はないが、シンプルで落ち着いたインテリアの部屋でメールをチェックするなど、14分間の時間を有効に活用した。代金は45.03ドル。

その後、ウエストサイドの「ザ・ミケランジェロ」をブッキング。磨かれたグレーの大理石の床にゴールド基調のエレベータがある、ゴージャス感たっぷりのホテルだ。十分な広さの部屋で、私はインド在住の義母に電話し、周囲を気にせずおしゃべりした。20分間の滞在後、61.05ドルのレシートを受け取った。

用途は使う人次第でさまざま

アプリは驚くほど簡単に使えたし、リストアップされたホテルはいずれも魅力的だった。ホテルのデイユースという新たな市場の中で、「分単位」という切り口は画期的だ。頻繁に利用できるほど手頃感があるとまでは言わないが、いざという時に知っておくと何かと便利そうだ。横になってちょっと一休みしたい時、何らかの理由で自宅以外の場所でプライベート環境が必要な時。手軽に利用できる、都心の極上ホテルでの短時間ステイは、ベストな解決策かもしれない。

© 2018 The New York Times News Service [原文:Want to Relax in a Nice Hotel for 15 Minutes? An App Can Make That Happen/執筆:Shivani Vora](抄訳:Ikuko.T)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 利用者がライザップに支払うのは「ジムの利用料」ではない? 新しいアイデアのヒントが集結

    6. 博学多才タイプ

    7. スウェットまで洒落て見えるブランドは?

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 博学多才タイプ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    一泊は無理でも15分なら。高級ホテルに「分単位」でステイ [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。