1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. 吉野まゆのインド占星術
  5. クンバサンクランティは軽やかなコミュニケーションが花開く【吉野まゆのインド占星術】

クンバサンクランティは軽やかなコミュニケーションが花開く【吉野まゆのインド占星術】

3,027

20171216_india_top

2月15日〜3月14日の全体運

太陽がみずがめ座に入室する2月13日は、サイデリアルの暦では「クンバサンクランティ」というひとつの区切り。金星もみずがめ座に入室しており、軽やかな1か月の幕開けとなりそうです。

ビジネスを司る水星はやぎ座にあり、一筋縄ではいかないラーフ-ケートゥ軸(ドラゴンヘッドとドラゴンテイル)に絡むため、何かと行き違いや伝達ミスなどが生じがちになります。余裕を持ったスケジューリングを心掛けてください。

2月15日には水星はみずがめ座へ入り、軽やかなコミュニケーションが花開くときです。そして2月16日はみずがめ座-しし座の軸で新月および部分日食がおこります。ちょうど冬季五輪のまっただ中の日食ですので、予定調和な展開にはならないかも。天候不順や遅延など波乱の可能性もあり。アスリートや競争を司る火星と、情報やコミュニケーションを意味する風のサインが活性化するため、世界を挙げてのスポーツの祭典にふさわしく、国や人種を越えたワールドワイドな交流が深まっていく様相です。

3月7日に火星は、火のサインであり、理想の追求やそれにむけての行動へ向かうアグレッシブないて座へ入り、長期滞留中の土星と合しますので、理想と現実、意識下と無意識下、大人と子供、女性性と男性性など何かと対立構造が強調され、緊張が高まる予感が


※インド占星術では、火星は4室目、7室目、8室目にアスペクトします。木星は5室目、7室目、9室目にアスペクトします。土星は3室目、7室目、10室目にアスペクトします。

※インド占星術では、木星の影響と土星の影響の両方の影響の及ぶハウス・星座をダブルトランジットが生じるといい、活性化します。

やぎ座(マカラ)みずがめ座(クンバ) うお座(ミーナ)おひつじ座(メーシャ)おうし座(ブリシャ)ふたご座(ミトゥナ)かに座(カルカ)しし座(シンハ) おとめ座(カンニャー) てんびん座(トゥラー) さそり座(ブリシュチカ)いて座(ダヌ)

>>【吉野まゆのインド占星術】年間占い

>>インド占星術とは?

吉野まゆ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    6. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 最近のアメリカ人が子どもを欲しくない理由

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    8. 身体のダメージは絶大。気をつけるべき脱水症状のサイン9つ

    9. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    3. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    クンバサンクランティは軽やかなコミュニケーションが花開く【吉野まゆのインド占星術】

    FBからも最新情報をお届けします。