1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. 吉野まゆのインド占星術
  5. クンバサンクランティは軽やかなコミュニケーションが花開く【吉野まゆのインド占星術】

クンバサンクランティは軽やかなコミュニケーションが花開く【吉野まゆのインド占星術】

2,824

20171216_india_top

2月15日〜3月14日の全体運

太陽がみずがめ座に入室する2月13日は、サイデリアルの暦では「クンバサンクランティ」というひとつの区切り。金星もみずがめ座に入室しており、軽やかな1か月の幕開けとなりそうです。

ビジネスを司る水星はやぎ座にあり、一筋縄ではいかないラーフ-ケートゥ軸(ドラゴンヘッドとドラゴンテイル)に絡むため、何かと行き違いや伝達ミスなどが生じがちになります。余裕を持ったスケジューリングを心掛けてください。

2月15日には水星はみずがめ座へ入り、軽やかなコミュニケーションが花開くときです。そして2月16日はみずがめ座-しし座の軸で新月および部分日食がおこります。ちょうど冬季五輪のまっただ中の日食ですので、予定調和な展開にはならないかも。天候不順や遅延など波乱の可能性もあり。アスリートや競争を司る火星と、情報やコミュニケーションを意味する風のサインが活性化するため、世界を挙げてのスポーツの祭典にふさわしく、国や人種を越えたワールドワイドな交流が深まっていく様相です。

3月7日に火星は、火のサインであり、理想の追求やそれにむけての行動へ向かうアグレッシブないて座へ入り、長期滞留中の土星と合しますので、理想と現実、意識下と無意識下、大人と子供、女性性と男性性など何かと対立構造が強調され、緊張が高まる予感が


※インド占星術では、火星は4室目、7室目、8室目にアスペクトします。木星は5室目、7室目、9室目にアスペクトします。土星は3室目、7室目、10室目にアスペクトします。

※インド占星術では、木星の影響と土星の影響の両方の影響の及ぶハウス・星座をダブルトランジットが生じるといい、活性化します。

やぎ座(マカラ)みずがめ座(クンバ) うお座(ミーナ)おひつじ座(メーシャ)おうし座(ブリシャ)ふたご座(ミトゥナ)かに座(カルカ)しし座(シンハ) おとめ座(カンニャー) てんびん座(トゥラー) さそり座(ブリシュチカ)いて座(ダヌ)

>>【吉野まゆのインド占星術】年間占い

>>インド占星術とは?

吉野まゆ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 生涯現役であるために。伝説のバーマンが見つけた答え

    6. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 仮想通貨でインフルエンサーマーケティング。indaHashが成功したわけ [MASHING UP]

    9. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    10. 冒険家が教える「夢を叶えるのは、こんな言葉から」

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「若返りのツボ」を押すだけ。巡りを整えて健康美人に

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    9. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    10. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. 「女性のための」プロダクトで社会を変える。NYミレニアル世代の発想 [MASHING UP]

    10. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    クンバサンクランティは軽やかなコミュニケーションが花開く【吉野まゆのインド占星術】

    FBからも最新情報をお届けします。