1. Home
  2. ライフスタイル
  3. バレンタインにパールを贈る。モロゾフの宝石チョコ

バレンタインにパールを贈る。モロゾフの宝石チョコ

1,366

カカオは貨幣として流通するほど珍重されたもので、16〜7世紀のヨーロッパではスペインを中心に流通していました。フランス王ルイ14世に嫁いだスペイン王女、マリー・テレーズは、輿入れの際、チョコレートを飲む道具とチョコレート専門の料理人を連れてきたといいます。時は豪華絢爛な王朝時代。お金や宝石と並んで、彼女にとってはチョコレートも大切だったわけです。

モロゾフはバレンタインチョコの生みの親

「モロゾフ」は、1932年、当時のカタログにバレンタインチョコレートを掲載し、1936年には「バレンタインにはモロゾフのファンシーチョコレートを」というキャッチコピーとともに広告を掲載しました。バレンタインにチョコレートを贈る習慣を日本に根付かせたモロゾフの、2018年のバレンタインコレクションのラインナップの中に、マリー・テレーズが喜びそうなものを見つけました。それはチョコレートであり、宝石でもある「イン ザ シェル」

「月の雫」や「人魚の涙」とも呼ばれる美しいパールが、チョコレートで表現されています。

20180131_morozoff_1

写真はすべて「イン ザ シェル」シリーズより。

「古くより世代を問わず人気のあるパールは、身近な存在でありながら、誰もが憧れる存在だと思っています。そんな愛らしくも神秘的な魅力に惹かれ、パールをテーマに選びました」(モロゾフ商品企画担当)

20180131_morozoff_2

「コフレ」20個入2,700円(税込)。※薄型チョコレートは3個重ね

20180131_morozoff_3

パール型、マンディアン、シェル型などすべてがアソートされた「イン ザ シェル」14個入2,160円(税込)。

艶めく本真珠のようなカシス トリュフに、コットンパールのような質感のラム トリュフマール ド シャンパーニュ トリュフ、パールを模したトリュフやパフチョコレートをのせたマンディアンや、アクセサリーに見たてたボックスなど、キュートさとモード感を備えています。

20180131_morozoff_4

ネックレスのように配された「ショコラ デュ ビジュー」7個入756円(税込)。

20180131_morozoff_5

イヤリングのような可愛い「ショコラ デュ ビジュー」6個入594円(税込)。※シェル型チョコレートは2個重ね

モードなチョコレートにするために。あのブランドとコラボ

「パールをテーマとしたブランドを作るうえで、洋菓子メーカー×アパレルブランドという新しいタッグを組みたいと考えていました。そこでコラボレートしたのが「シアタープロダクツ」。過去にパールをモチーフとしたアクセサリーをデザインしておられるのはもちろん、彼らのデザインは個性的で、ファッションの新しい楽しみかたを提案しているからです」(同、商品企画担当)

服や小物の素材やフォルムだけでなく、それを身につける人や、その人の周りの時間や空間までも鑑みてデザインをしているシアタープロダクツとのコラボコレクション。おしゃれが好きなかたへの贈り物に。

モロゾフ

電話:078-822-5533(お客様サービスセンター※月〜土9:00〜17:30)

モロゾフ「イン ザ シェル」

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. シンギュラリティの足音は聞こえている/林信行さん[前編]

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. メンターと呼べる存在、いる? NOなら、ここで出会えるかも

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 63歳でビキニ姿のクリスティ・ブリンクリーは、ビリー・ジョエルのアップタウン・ガールだった #TBT

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 人生に行き詰った時、抜け道を見つけるヒントは意外と身近にあります

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    5. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    8. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    10. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    バレンタインにパールを贈る。モロゾフの宝石チョコ

    FBからも最新情報をお届けします。