1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 自分らしく、欲張りに。メイクの自由度を無限大にする「絵の具」コスメ

自分らしく、欲張りに。メイクの自由度を無限大にする「絵の具」コスメ

たとえば目元のメイク。淡い明るい色をアイホール全体に塗っておき、目のキワに濃い色を入れてぼかし広げていく。その際、同系色を使用すると馴染みやすい。……メイクを日常的に取り入れ始めて約20年。こういった基本テクニックは当然マスターしているわけですが、ふと、つまらなくも感じます。メイクの可能性って、もっとあるんじゃないかな? と。

だからこそ「資生堂」の「PLAYLIST」から登場する新アイテムが、胸に刺さりました。メイクの楽しみや自由度を広げてくれる「マルチペインター」です。

20180226_shiseido_1

ぼかしやすい滑らかなクリームタイプのフェイス用マルチカラー「プレイリスト マルチペインター」全12色 8g 各2,700円(税込※編集部調べ)。

自分らしいメイクを楽しんでほしい、が原点

絵の具のようなチューブに入った12色のフェイス用ペインターで、アイシャドウ、チーク、リップと、顔のどこにでも使用可能。単色で使えるのはもちろん、複数色を混ぜてもOK。同製品は資生堂ビューティークリエイションセンターに所属するヘアメイクアップアーティストの経験とノウハウから生まれました。

「『この色はここに使ってください』のように使い方や使うパーツを限定しないアイテムを作りたいと思っていました。好きな色や、こういうメイクが素敵だと感じる自分らしさに従って、メイクを欲張りに楽しんでほしい。それが開発のスタート地点です」(資生堂ヘアメイクアップアーティスト 豊田健治さん)

20180226_shiseido_2

マルチペインター12色と、カラーを混ぜるのに便利なステンレス製パレットがついた「プレイリスト マルチペインターセット」27,000円(数量限定)。写真のブラシは単品での販売もあり。「プレイリスト フラット&スクリューブラシ」1,944円(ともに税込※編集部調べ)。

目をみはる発色と、ぼかしやすさを両立

指先またはブラシにマルチペインターを少量とり、好きなパーツに、思いのままに広げていきます。スポーツ観戦などで使用するイベント用の特殊アイテムとは違い、アイシャドウやチークとしてぼかした時、肌馴染みが美しいのが特徴

「混ぜても美しい仕上がりが続くよう、発色の良さと透明感を極めました。よって、単色で使用した時の色の鮮やかさにも目をみはるはずです。2018年春夏の海外コレクションではビビッドなオレンジやピンク、コーラル、イエローが目を引きました。マルチペインターで、ぜひ、取り入れてみてください。特にコーラルは誰にでも使いやすい色だと思いますので」(豊田さん)

全12色のラインナップということは、2色を混ぜるだけでもその組み合わせは144通り。それぞれを混ぜる色の量によってもニュアンスが変わりますし、3色以上混ぜることもできるわけなので、色の可能性は無限大。こんなわくわくすることってあるでしょうか!?

この春夏、カラーメイクに注目が集まっていることを踏まえても、旬顔になれるアイテムであることは間違いありません。

PLAYLIST

電話:0120-81-4710(資生堂インターナショナル) ※2018年3月1日(木)発売

PLAYLIST

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. たったの3つで、ビジネス英語がようやく自分のモノに

    2. みんな、「転職」してよかった? #ホンネ調査

    3. 胸を張って言おう。「私は美しい」/奥田浩美さん

    4. 学校で教えてもらえなかった「文章の書き方」

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ぷはっ。もしも、飲めば飲むほど綺麗になれるビールがあったなら

    8. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    9. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    10. 純ジャパニーズに聞く! ビジネスで英語を使う時の3つのポイント

    1. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 学校で教えてもらえなかった「文章の書き方」

    4. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    5. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    6. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. たったの3つで、ビジネス英語がようやく自分のモノに

    9. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    10. 高収入の人が毎朝やっていること

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    自分らしく、欲張りに。メイクの自由度を無限大にする「絵の具」コスメ

    FBからも最新情報をお届けします。