1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 自分らしく、欲張りに。メイクの自由度を無限大にする「絵の具」コスメ

自分らしく、欲張りに。メイクの自由度を無限大にする「絵の具」コスメ

たとえば目元のメイク。淡い明るい色をアイホール全体に塗っておき、目のキワに濃い色を入れてぼかし広げていく。その際、同系色を使用すると馴染みやすい。……メイクを日常的に取り入れ始めて約20年。こういった基本テクニックは当然マスターしているわけですが、ふと、つまらなくも感じます。メイクの可能性って、もっとあるんじゃないかな? と。

だからこそ「資生堂」の「PLAYLIST」から登場する新アイテムが、胸に刺さりました。メイクの楽しみや自由度を広げてくれる「マルチペインター」です。

20180226_shiseido_1

ぼかしやすい滑らかなクリームタイプのフェイス用マルチカラー「プレイリスト マルチペインター」全12色 8g 各2,700円(税込※編集部調べ)。

自分らしいメイクを楽しんでほしい、が原点

絵の具のようなチューブに入った12色のフェイス用ペインターで、アイシャドウ、チーク、リップと、顔のどこにでも使用可能。単色で使えるのはもちろん、複数色を混ぜてもOK。同製品は資生堂ビューティークリエイションセンターに所属するヘアメイクアップアーティストの経験とノウハウから生まれました。

「『この色はここに使ってください』のように使い方や使うパーツを限定しないアイテムを作りたいと思っていました。好きな色や、こういうメイクが素敵だと感じる自分らしさに従って、メイクを欲張りに楽しんでほしい。それが開発のスタート地点です」(資生堂ヘアメイクアップアーティスト 豊田健治さん)

20180226_shiseido_2

マルチペインター12色と、カラーを混ぜるのに便利なステンレス製パレットがついた「プレイリスト マルチペインターセット」27,000円(数量限定)。写真のブラシは単品での販売もあり。「プレイリスト フラット&スクリューブラシ」1,944円(ともに税込※編集部調べ)。

目をみはる発色と、ぼかしやすさを両立

指先またはブラシにマルチペインターを少量とり、好きなパーツに、思いのままに広げていきます。スポーツ観戦などで使用するイベント用の特殊アイテムとは違い、アイシャドウやチークとしてぼかした時、肌馴染みが美しいのが特徴

「混ぜても美しい仕上がりが続くよう、発色の良さと透明感を極めました。よって、単色で使用した時の色の鮮やかさにも目をみはるはずです。2018年春夏の海外コレクションではビビッドなオレンジやピンク、コーラル、イエローが目を引きました。マルチペインターで、ぜひ、取り入れてみてください。特にコーラルは誰にでも使いやすい色だと思いますので」(豊田さん)

全12色のラインナップということは、2色を混ぜるだけでもその組み合わせは144通り。それぞれを混ぜる色の量によってもニュアンスが変わりますし、3色以上混ぜることもできるわけなので、色の可能性は無限大。こんなわくわくすることってあるでしょうか!?

この春夏、カラーメイクに注目が集まっていることを踏まえても、旬顔になれるアイテムであることは間違いありません。

PLAYLIST

電話:0120-81-4710(資生堂インターナショナル) ※2018年3月1日(木)発売

PLAYLIST

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    自分らしく、欲張りに。メイクの自由度を無限大にする「絵の具」コスメ

    FBからも最新情報をお届けします。