cafeglobeの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 夫からインフルエンザや風邪をうつされないようにするには [The New York Times]

夫からインフルエンザや風邪をうつされないようにするには [The New York Times]

The New York Times

20180207_nyt_1

photo by Getty Images

Q:夫やパートナーがひどい風邪を引いたりインフルエンザにかかったりしたときに、自分が感染するリスクを減らすためにできることはありますか? 同じベッドで寝るのをやめるとか、同じものを使うのをやめること(ほぼ不可能ですが)は意味があるのでしょうか? 家から出て行く以外に、感染を防止する簡単な方法はありますか? 夫に症状が出てしまったら、もう手遅れなのでしょうか?

とにかく手洗いが予防のカギ

A:一緒に暮らしている人が病気になれば、感染を防ぐのは困難なのは確かです。当然ながら頻繁に手洗いをすることが、家の外でも中でも病気の感染を防ぐカギだと言うのは、米ニューヨーク州ハンティントンの医療機関プロヘルスケアアソシエイツのロビン・トンプソン医師だ。

「密接な接触を避けるのは効果があるかもしれないが、確実ではない」とトンプソン医師は言う。病気の人と同じベッドで寝るのは感染の可能性を高めるが、それは避けられないことが多いとトンプソン医師。「家から出て行くわけにはいかない」 シンクや、冷蔵庫の扉部分など頻繁に手で触れる場所を定期的に磨いて清潔に保つことも、病気のウイルスを減少させる可能性がある。

ティッシュはすぐ捨てる

米オハイオ州のクリーブランドクリニック感染症科のスーザン・リーム医師は、歯磨きをするときのコップなど、共用しているものは感染の媒体になり得ると指摘する。「使用済みのティッシュなどはすぐに捨てて、誰かがそれを触らないようにすべき」とリーム医師はアドバイスする。

配偶者などがインフルエンザにかかった場合は、予防接種を受けるのが最も効果があるとリーム医師は言う。リーム医師本人は病気の感染が心配されるときは、正しい食事を摂り、運動をし、十分な睡眠を取るといった自分でコントロールできる基本的なことを実践するようにしている。「おそらくそれが感染を防ぐ助けになるか、少なくとも病気になりにくくなる」

咳やくしゃみをするときのエチケット

20180207_nyt_3

photo by Shutterstock

米総合病院メイヨークリニックで感染病の研究を行っているプリティッシュ・トッシュ医師は、風邪をひいたら、咳やくしゃみをするときに手のひらではなく肘で口を覆うようにするなど、エチケットを守ることが大切だと言う。

トッシュ医師は、自分が風邪をひいたきは家族とできるだけ距離をおき、ひとりになるようにしているという。家族は同じ時期にウイルスにさらされることが多いため、感染が重なることも珍しくないとトッシュ医師は指摘する。とはいえ、夫が風邪をひいてから数日後に自分も症状が出はじめたら、誰からもらったのかあなたには分かるだろう。

©2018 The New York Times News Service[原文:How Do I Avoid Catching Cold or Flu From My Sick Partner?/執筆:Karen Weintraub](翻訳:Masako. M)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    2. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    3. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    4. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. オフィスで簡単に試せるミニマインドフルネス

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 職場での悪い噂をストップ。透明性あるチームをつくるには

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. いいオフィスがいい仕事を生む。働き方先進国デンマーク#3

    1. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    2. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    7. アルマーニのグロークリームで最強素肌へ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 箱根駅伝トップ校から学ぶ、チームを伸ばすマネジメントテク

    10. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. 見直すべきは◯◯費。プロが教えるお金の貯め方

    3. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    4. 「味わう」を意識すると人生は豊かになる。ソムリエ・佐藤陽一さんの哲学

    5. 好かれるとはちょっと違う! 職場で尊敬される人になるには

    6. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    9. 部屋を片付けられないのは、意思決定力が弱いから

    10. すでにアラフォーの半数以上がはじめてる。2018年の自分磨き事情

    夫からインフルエンザや風邪をうつされないようにするには [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。