1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 単独参加でも条件はいっしょ。おひとりさまツアーが増えている [The New York Times]

単独参加でも条件はいっしょ。おひとりさまツアーが増えている [The New York Times]

The New York Times

20180213_nyt_2

Photo by Gettyimages

世界を自分の目で見るために一人旅をする人々が増えてきています。旅行会社はそうした「お一人様」のためにさまざまなツアーや便利なツールを提供。既存のツアーで一人でも参加できるようになったものや、一人でも参加できる部屋を用意してくれるツアーやパックツアーも増えました。2017年には、一人旅用の企画を提供している旅行会社を表彰する「ソロ・トラベル・アワード」も初めて設けられました。

高級旅行会社からレンタル会社、ホテルまで、ここ数年、さまざまな業界が一人旅向けの予算について2桁の伸びを報告しています。長年、大手旅行会社は配偶者やパートナー、子供と旅をする人々向けにツアーを企画する一方で、一人客のニーズには応じてきませんでしたが、ここ最近、例外が増えてきています。

バリからモロッコまで、お一人様限定ツアーも

オーストラリアに本社があり、小人数向けのツアーに特化している旅行会社イントレピッド・トラベル(Intrepid Travel)を利用する客は年間約7万5000人。そのうちの半数以上が今や一人旅をしています。2016年には同社初のお一人様限定ツアーを実施。人気を博したため、2017年には新たにいくつかの一人旅ツアーを企画。バリ(以下いずれも9日間で1010ドル〜)、バリ島(1010ドル〜)、ペルー(2200ドル)、モロッコ(15日間1220ドル)、ベトナム(10日間1215ドル)、インドのデリー・アグラ・ジャイプールの黄金の三角地帯(8日間で709ドル〜)、メキシコ(9日間で1,781ドル)などのツアーを提供しました。

その一つ、モロッコ旅行では旧市街地フェズ巡りや、サハラ砂漠をラクダで旅する体験、トドラ渓谷やオート(高)アトラス山脈地域の村での買い物、ベルベル人の家での一夜を体験できるツアーを実施。一人客限定ツアーは、イントレピッドの利用客のニーズやリサーチ結果を反映したものになっており、一人で過ごすバケーションにいかに関心が高まっているかを示しています。イントレピッドによれば平均的なツアーの参加者は約10人。旅程は決まっていますが、自由時間もあります。

20180213_nyt_1

Photo by Shutterstock

50代以上向けに少人数旅行を開催しているオーバーシーズ・アドベンチャー・トラベル(Overseas Adventure Travel)は、以前からお一人様も受け入れてきましたが、2017年11月にはニーズの高まりを受け、今年のツアーでは新たに一人客の枠を2000人分増やすことを発表しています。同社では、2010年には一人客の割合は約27%でしたが、昨年までに46%までに増加。今年は約半数に伸びるのではないかと同社は見ています。

高級ツアー会社アバクロンビー&ケントの場合、2017年までの2年間で富裕層の一人客が15%以上増加しています。同社は昨年、ニーズの高まりに応えて全大陸で40を超える全てのツアーで一人客向けに初めて割引も実施しています。

旅のプランを探せる便利なウェブサイト

一人旅のアドバイスや旅行プランを提供しているウェブサイト、ソロトレッカー・フォー・ユー(Solo Trekker 4 U)には、一人客を受け入れてくるツアーを見つけるためのコンテンツ「Solo Travel Pricing Tracker」があり、900以上の旅行会社を網羅している同サイトのデータベースをもとに、一人部屋の追加料金がないもの、または一人旅をする場合にさまざまな追加料金が安いツアーなどを選べるようになっています。検索してみて自分の要望にかなったものが常に引っかかるとは限りませんが、一人旅に特化した旅行会社や一人客を受け入れてくれるツアーなどを探すには便利です。

一人旅をする人々の欲求やニーズを考慮してくれる旅行会社を見つけるのは、やはりそれほど容易ではありません。例えば、一人客が一人部屋を希望すると昔から追加料金を請求されてきました。その値段のせいで一人旅をあきらめる人もいるでしょう。

旅行会社や船旅会社が追加料金を値下げ、または無しにすることもありますが、一人客のためというより旅行会社側に都合が良い場合の話です。また、追加料金を払いたくないという客に相部屋を用意するのが旅行業界の慣例になっていますが、全ての旅行客が知らないツアー客と同じ部屋に泊まりたがるわけではありません。

とはいえ、一部のツアーで一人客に対して追加料金を割引するか、一切請求しない旅行会社も中にはあります。研修旅行を専門で提供しているロード・スカラー(Road Scholar)は今年と来年、一人客が追加料金なしで一人部屋に泊まれるツアーを実施することを発表しています。

© 2018 The New York Times News Service[原文:New Tools and Tours for Solo Travelers/執筆:Stephanie Rosenbloom](抄訳:Misako. N)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    2. ドライヤー、めんどくさい? アヴェダから最強時短アイテムが出たよ

    3. 「このまま今の会社で仕事を続けるのは難しい」と考えている人に提案したいこと

    4. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    7. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. ビットコインと思っていたら、ビットコインキャッシュだった!という話

    10. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    1. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    2. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. いくつあてはまる? 仕事もプライベートも充実しているリーダーが持つ5つの要素

    7. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「このまま今の会社で仕事を続けるのは難しい」と考えている人に提案したいこと

    10. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    7. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    8. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    9. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    10. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    単独参加でも条件はいっしょ。おひとりさまツアーが増えている [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。