1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 単独参加でも条件はいっしょ。おひとりさまツアーが増えている [The New York Times]

単独参加でも条件はいっしょ。おひとりさまツアーが増えている [The New York Times]

The New York Times

20180213_nyt_2

Photo by Gettyimages

世界を自分の目で見るために一人旅をする人々が増えてきています。旅行会社はそうした「お一人様」のためにさまざまなツアーや便利なツールを提供。既存のツアーで一人でも参加できるようになったものや、一人でも参加できる部屋を用意してくれるツアーやパックツアーも増えました。2017年には、一人旅用の企画を提供している旅行会社を表彰する「ソロ・トラベル・アワード」も初めて設けられました。

高級旅行会社からレンタル会社、ホテルまで、ここ数年、さまざまな業界が一人旅向けの予算について2桁の伸びを報告しています。長年、大手旅行会社は配偶者やパートナー、子供と旅をする人々向けにツアーを企画する一方で、一人客のニーズには応じてきませんでしたが、ここ最近、例外が増えてきています。

バリからモロッコまで、お一人様限定ツアーも

オーストラリアに本社があり、小人数向けのツアーに特化している旅行会社イントレピッド・トラベル(Intrepid Travel)を利用する客は年間約7万5000人。そのうちの半数以上が今や一人旅をしています。2016年には同社初のお一人様限定ツアーを実施。人気を博したため、2017年には新たにいくつかの一人旅ツアーを企画。バリ(以下いずれも9日間で1010ドル〜)、バリ島(1010ドル〜)、ペルー(2200ドル)、モロッコ(15日間1220ドル)、ベトナム(10日間1215ドル)、インドのデリー・アグラ・ジャイプールの黄金の三角地帯(8日間で709ドル〜)、メキシコ(9日間で1,781ドル)などのツアーを提供しました。

その一つ、モロッコ旅行では旧市街地フェズ巡りや、サハラ砂漠をラクダで旅する体験、トドラ渓谷やオート(高)アトラス山脈地域の村での買い物、ベルベル人の家での一夜を体験できるツアーを実施。一人客限定ツアーは、イントレピッドの利用客のニーズやリサーチ結果を反映したものになっており、一人で過ごすバケーションにいかに関心が高まっているかを示しています。イントレピッドによれば平均的なツアーの参加者は約10人。旅程は決まっていますが、自由時間もあります。

20180213_nyt_1

Photo by Shutterstock

50代以上向けに少人数旅行を開催しているオーバーシーズ・アドベンチャー・トラベル(Overseas Adventure Travel)は、以前からお一人様も受け入れてきましたが、2017年11月にはニーズの高まりを受け、今年のツアーでは新たに一人客の枠を2000人分増やすことを発表しています。同社では、2010年には一人客の割合は約27%でしたが、昨年までに46%までに増加。今年は約半数に伸びるのではないかと同社は見ています。

高級ツアー会社アバクロンビー&ケントの場合、2017年までの2年間で富裕層の一人客が15%以上増加しています。同社は昨年、ニーズの高まりに応えて全大陸で40を超える全てのツアーで一人客向けに初めて割引も実施しています。

旅のプランを探せる便利なウェブサイト

一人旅のアドバイスや旅行プランを提供しているウェブサイト、ソロトレッカー・フォー・ユー(Solo Trekker 4 U)には、一人客を受け入れてくるツアーを見つけるためのコンテンツ「Solo Travel Pricing Tracker」があり、900以上の旅行会社を網羅している同サイトのデータベースをもとに、一人部屋の追加料金がないもの、または一人旅をする場合にさまざまな追加料金が安いツアーなどを選べるようになっています。検索してみて自分の要望にかなったものが常に引っかかるとは限りませんが、一人旅に特化した旅行会社や一人客を受け入れてくれるツアーなどを探すには便利です。

一人旅をする人々の欲求やニーズを考慮してくれる旅行会社を見つけるのは、やはりそれほど容易ではありません。例えば、一人客が一人部屋を希望すると昔から追加料金を請求されてきました。その値段のせいで一人旅をあきらめる人もいるでしょう。

旅行会社や船旅会社が追加料金を値下げ、または無しにすることもありますが、一人客のためというより旅行会社側に都合が良い場合の話です。また、追加料金を払いたくないという客に相部屋を用意するのが旅行業界の慣例になっていますが、全ての旅行客が知らないツアー客と同じ部屋に泊まりたがるわけではありません。

とはいえ、一部のツアーで一人客に対して追加料金を割引するか、一切請求しない旅行会社も中にはあります。研修旅行を専門で提供しているロード・スカラー(Road Scholar)は今年と来年、一人客が追加料金なしで一人部屋に泊まれるツアーを実施することを発表しています。

© 2018 The New York Times News Service[原文:New Tools and Tours for Solo Travelers/執筆:Stephanie Rosenbloom](抄訳:Misako. N)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今度は、ほぼチワワ。でも、吸引力に自信あり!

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    7. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    8. 働くひとの幸福を考えると、おのずと企業や社会が成長する理由

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 思わずため息。時を忘れるパール展

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    6. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    10. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    単独参加でも条件はいっしょ。おひとりさまツアーが増えている [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。