1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ミラノの「森」で深呼吸。手がけたのはヴァレクストラ×隈研吾

ミラノの「森」で深呼吸。手がけたのはヴァレクストラ×隈研吾

1,396

世界の有名なデザイナーや建築家とコラボレーションしてミラノのブティックを一新する試みを2015年から行っている「ヴァレクストラ」が、新たに日本人建築家、隈研吾さんとコラボレートしています。

20180219_valextra_1

風土の延長線上にある建物を目指して

隈さんといえば、2020年の東京オリンピックの中心舞台となる、新国立競技場の設計案に採用された人物。彼の建築で特徴的なのは、木材を主体にしている点です。高度経済成長期、コンクリートと鉄で造られる建物を目の当たりにしてきた彼は、バブル崩壊後、東京での案件が減り、地方での仕事を請け負うことに。そのなかで、土地が持つ豊かな風土を感じ、その趣をいかす建築について考えるようになったことから、木材の魅力に気づいたのだそう。

都心に生まれた森

今回のヴァレクストラとのコラボレートにおいてテーマとしたのは「The Forest」。訪れたゲストを、都市にある幻想的な森林へと誘うことをコンセプトとしています。

「わたしはこのミラノの中心に、自然を持ってくる、作り出すようなことをしたいと思いました。もっとも難しい要素は、シンプルでありながら完璧であることです」(隈研吾さん)

店内には、レバノンのヒマラヤスギなど、136枚の木のプレートが配置され、そこにヴァレクストラのレザーグッズが置かれます。プレートがランダムに配置されているのは、身近ながらも予期せぬ環境の中の森の点在の様子が表現されているから。

20180219_valextra_2

また、1300年から洞窟で採掘され、ゴシック調の教会建築に広く使われるマッキア ベッキアやアルゾ大理石を配した台や、ピンクブークレのクヴァドラ生地を使った椅子などが、空間を広く豊かに感じさせてくれます。

20180219_valextra_3

伝統や美点を読み解き、それらを時代に合わせて再構築し、完璧なビジュアルを追求していく。これは隈さんの建築コンセプトでもあり、ヴァレクストラのアイデンティティでもあります。隈さんとの協業をかねてから熱望していたというヴァレクストラ、渾身のブティック。都市生活のなかに生まれた自然を体感してみてください。

ヴァレクストラ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    ミラノの「森」で深呼吸。手がけたのはヴァレクストラ×隈研吾

    FBからも最新情報をお届けします。