1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 女性も憧れる本当に「かっこいい」女性になるには

女性も憧れる本当に「かっこいい」女性になるには

20180228_book_1

photo by Getty Images

「かっこいい女性」と聞くと、生まれながらに強い女性を想像してしまいます。しかし、「かっこいい」という個性は、鍛えることで自ら作っていくことができるようです。女子プロレスラーであり、アラフォー女性社長でもある里村明衣子著『「かっこいい」の鍛え方』 より、生きる上で「かっこいい」をどう作っていくのか、その考え方をご紹介します。

「女の子なのに」という言葉が強くしてくれる

「かっこいい」という気持ちはパワーを与えてくれます。強烈なかっこよさは、一歩を踏み出すためのあと押しをしてくれます。自分のやりたいことだけで誰かに否定されたり、虐げられたり、それで自信が持てずに諦める人がたくさんいる。「女の子なのに」「女の子だから」と言われることもあるでしょう。そんなときに、力を与えられるような存在になりたくて。
そう思うと、「女の子なのに」という言葉は、むしろ私を強くしてくれたのかもしれません。

60ページより引用

15歳からプロレスの世界に入った著者は、20年以上のキャリアを持っています。しかし、著者が入門した1994年が、女子プロ人気のピークであったとか。数々のタイトルを獲得して王者にまで登りつめたものの、業界人気は下火になってしまいます。

さらに、所属していた団体が解散して、一夜にして無職を経験。そこで、一念発起し、日本初のローカル女子プロレス団体「センダイガールズプロレスリング(通称:仙女)の立ち上げに賛同します。しかし、その活動に励んでいた最中に2011年東日本大震災が勃発。道場も事務所も半壊し、最悪のタイミングで仙女の代表を引き継ぎました。

それでも著者は、プロレスをやめようとはしなかったといいます。その原動力は「プロレスが好き」ということ、そして「女の子なのに」という両親を説得して入門したという強い決意にあるのだとか。

「女性なのに」「女性だから無理」。そんな言葉は、オフィスのあちこちに、いまだ溢れています。それさえも原動力にしていく心意気こそ「かっこいい」を後押ししてくれるようです。

女性が憧れる女性とは

仙女は、スタートした頃から「女性が憧れる女性」という姿勢を打ち出していました。男性は男性に厳しいように、女性は女性に厳しい。人は同性には厳しいですよね。男性が見る部分も大切ではないとはもちろん言いませんが、そんな厳しい目をクリアして「かっこいい」と思ってもらえたなら、それは本物。芯が通ったかっこよさだと思うのです。

166ページより引用

報われない日々に葛藤しつつ、女子プロレスを盛り上げたいと奮闘する著者の姿は、多くの男性・女性から支持されています。著者は、自身だけではなく、仙女自体を強い女性の象徴のような団体にしたいと考え、育ててきました。ひとつの団体として、バラエティに富んだパッケージを心掛け、たとえばアイドル的存在や見るからに「この人には勝てない」という存在など、ひとつのカラーに偏らない団体を目指しているのだといいます。

人気はとても大切。エンターテイメントでもあるプロレスですが、命をかけて試合をするアスリートでもあるということを軸に持っていれば、おのずと女性が憧れる女性に成長していけるようです。何万人、何十万人の人に支持される世界にしていくためにも、意識を高く持つ。

「かっこいい」は持って生まれたものだけではなく、こうなりたいと考え方を鍛えることで、より磨かれていくようです。


20180228_book_2

「かっこいい」の鍛え方:女子プロレスラー里村の報われない22年の日々

著者:里村明衣子
発行:インプレス
定価:1,500円(税別)


ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    2. 「言い換え力」は「会話力」/鈴木亮平さんに学ぶ、ボーダレスなコミュ力・前編

    3. 職場のリーダーは男性よりも女性の方が向いている、という説4つ

    4. SHIHOやアンミカも実践ずみ。ほっそりの秘密は「ひねるだけ」

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 外見は一番外側の中身。仕事中、おしゃれ賢者・佐藤悦子さんは何着てる?

    8. 汗ばんでも大丈夫。私のTシャツは、においません

    9. これからの転職面接は 「何をした」より「何ができる」の時代へ

    10. 百合のように美しい「立ち居姿」を。セルジオ ロッシ限定パンプスで、歩みまで美しく

    1. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    2. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    3. もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

    4. 部下がいる人、いない人。決定的な違いは毎日のアレ

    5. わたしは何を勉強すればいい?「大人の学び」の見つけ方

    6. スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

    7. SHIHOやアンミカも実践ずみ。ほっそりの秘密は「ひねるだけ」

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. これからの転職面接は 「何をした」より「何ができる」の時代へ

    1. 寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンクワースト7

    2. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    3. 糖尿病を引き起こす、実はキケンな6つの習慣

    4. 「豆皿」はこう使う。これだけは押さえたい3つの基本

    5. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    6. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    7. これ、実はヘルシーです。美味しくがっつり食べられるバーガーが上陸!

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. ゴールデンウィークにやっておきたい、普段できない3つのこと/まとめ

    10. もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

    女性も憧れる本当に「かっこいい」女性になるには

    FBからも最新情報をお届けします。