1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 女性も憧れる本当に「かっこいい」女性になるには

女性も憧れる本当に「かっこいい」女性になるには

1,448

20180228_book_1

photo by Getty Images

「かっこいい女性」と聞くと、生まれながらに強い女性を想像してしまいます。しかし、「かっこいい」という個性は、鍛えることで自ら作っていくことができるようです。女子プロレスラーであり、アラフォー女性社長でもある里村明衣子著『「かっこいい」の鍛え方』 より、生きる上で「かっこいい」をどう作っていくのか、その考え方をご紹介します。

「女の子なのに」という言葉が強くしてくれる

「かっこいい」という気持ちはパワーを与えてくれます。強烈なかっこよさは、一歩を踏み出すためのあと押しをしてくれます。自分のやりたいことだけで誰かに否定されたり、虐げられたり、それで自信が持てずに諦める人がたくさんいる。「女の子なのに」「女の子だから」と言われることもあるでしょう。そんなときに、力を与えられるような存在になりたくて。
そう思うと、「女の子なのに」という言葉は、むしろ私を強くしてくれたのかもしれません。

60ページより引用

15歳からプロレスの世界に入った著者は、20年以上のキャリアを持っています。しかし、著者が入門した1994年が、女子プロ人気のピークであったとか。数々のタイトルを獲得して王者にまで登りつめたものの、業界人気は下火になってしまいます。

さらに、所属していた団体が解散して、一夜にして無職を経験。そこで、一念発起し、日本初のローカル女子プロレス団体「センダイガールズプロレスリング(通称:仙女)の立ち上げに賛同します。しかし、その活動に励んでいた最中に2011年東日本大震災が勃発。道場も事務所も半壊し、最悪のタイミングで仙女の代表を引き継ぎました。

それでも著者は、プロレスをやめようとはしなかったといいます。その原動力は「プロレスが好き」ということ、そして「女の子なのに」という両親を説得して入門したという強い決意にあるのだとか。

「女性なのに」「女性だから無理」。そんな言葉は、オフィスのあちこちに、いまだ溢れています。それさえも原動力にしていく心意気こそ「かっこいい」を後押ししてくれるようです。

女性が憧れる女性とは

仙女は、スタートした頃から「女性が憧れる女性」という姿勢を打ち出していました。男性は男性に厳しいように、女性は女性に厳しい。人は同性には厳しいですよね。男性が見る部分も大切ではないとはもちろん言いませんが、そんな厳しい目をクリアして「かっこいい」と思ってもらえたなら、それは本物。芯が通ったかっこよさだと思うのです。

166ページより引用

報われない日々に葛藤しつつ、女子プロレスを盛り上げたいと奮闘する著者の姿は、多くの男性・女性から支持されています。著者は、自身だけではなく、仙女自体を強い女性の象徴のような団体にしたいと考え、育ててきました。ひとつの団体として、バラエティに富んだパッケージを心掛け、たとえばアイドル的存在や見るからに「この人には勝てない」という存在など、ひとつのカラーに偏らない団体を目指しているのだといいます。

人気はとても大切。エンターテイメントでもあるプロレスですが、命をかけて試合をするアスリートでもあるということを軸に持っていれば、おのずと女性が憧れる女性に成長していけるようです。何万人、何十万人の人に支持される世界にしていくためにも、意識を高く持つ。

「かっこいい」は持って生まれたものだけではなく、こうなりたいと考え方を鍛えることで、より磨かれていくようです。


20180228_book_2

「かっこいい」の鍛え方:女子プロレスラー里村の報われない22年の日々

著者:里村明衣子
発行:インプレス
定価:1,500円(税別)


ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 収入アップを狙うなら、3つの見地から考えよう

    6. 長子はIQが高い? きょうだいの生まれ順が、あなたの性格に与える影響

    7. これから訪れる人生の危機を予習できるアラフォー必読小説

    8. 上司より先に帰りづらい問題。若手社員が先輩に提案するのは「ポジティブな帰り方」

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 博学多才タイプ

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 若手社員に「仕事の断り方」を聞いてみたら回答が斜め上を行っていた

    8. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    9. 博学多才タイプ

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    9. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    女性も憧れる本当に「かっこいい」女性になるには

    FBからも最新情報をお届けします。