1. Home
  2. キャリア
  3. 答えられる? アマゾンの面接で聞かれるかなり難しい質問

答えられる? アマゾンの面接で聞かれるかなり難しい質問

10,338

20180302_amazon_1

たとえ50人面接したとしても、不適切な人を採用するくらいなら、1人も採用しない方が良い」とは、アマゾンCEOジェフ・ベゾス氏の言葉です。それほどまで良い人材の獲得にこだわってきた企業だからこそ、現在の地位があるのでしょう。そのために、アマゾンの面接ではかなり難しい質問を候補者にぶつけてふるい落としているそう。

Business Insider Japan」では、求人サイト「グラスドア」に寄せられた数百件のレビューの中から2017年で実際に出された質問の中からとくに難しいと思われるものをピックアップ。アマゾンの面接を受ける機会がなくても、自身を振り返る良いきっかけになるかもしれません。

独創的なアイデア力

革新的なサービスで、常に時代をリードしてきたアマゾン。その社員にも、“人とは違う視点”や“独創的なアイデア力”が求められるようです。

「アマゾンは特異な企業です。あなたの特異な点は何ですか?」 —— エリアマネージャーの面接

「CEOがオフィスに入ってきて、あなたの最高のアイデアに着手するのに100万ドルを出すと言ったとします。どんなアイデアですか?」 —— 製品開発スペシャリストの面接

Business Insider Japan」より引用

“周りと一緒”は安心しますが、世の中を変えるようなサービスや商品は誕生しづらいかもしれません。

倫理観も試される

20180302_amazon_2

もし自分よりも目下の人間が大きな悪事を働いていたら、注意したり何らかの処分をすると言い切る人は多いでしょう。でも、もしそれが少額だったら? 相手が目上だったら?

「誰かが25セント硬貨を盗むのを目撃したら、報告しますか?」 —— 出荷チェック係の面接
※25セント=約27円

「会社の方針に反するうえに、1人の従業員の安全を脅かすような決定をした上司に対して、反対しますか?」 —— エリアマネージャーの面接

Business Insider Japan」より引用

前者については、たとえ少額でもお金を軽視する企業や人間はいつか大きな失敗をすると思うのですが、はたしてアマゾン側の真意はどうでしょうか? 小さなほころびは、いつか大きな問題に発展するものです。“一銭を笑う者は一銭に泣く”ということわざもあるくらいです。

後者は、立場・役職関係なく企業にとって社会にとって正しいことを貫く人材が求められているのかもしれません。

自分の頭で考えて最適な決断を下せるか

前述のとおり、アマゾンはいつも世の中の一歩先を進んできた企業です。つまり、同社の社員になる人は、マニュアルや前例がない中でも、自分の頭で考えて最適な決断を下せる人材でなければならないということでしょう。

「“曖昧さ”に対応しなければならなかった時のことを教えてください」 —— 調査スペシャリストの面接

「データなしで決断を下さなくてはならなかったときの状況を説明してください」 —— シニア調査スペシャリストの面接

「失敗談を教えてください」 —— エリアマネージャーの面接

「複雑な状況をシンプルなソリューションで解決したときのことを教えてください」 —— シニア調査スペシャリストの面接

Business Insider Japan」より引用

新しいことに挑戦する時に、失敗はつきもの。失敗するのはある程度仕方がないので、その時にどう対処してリカバリーするのかが重視されているようですね。

前がよく見えない混とんとした中で、完璧じゃなくてもいいのでその時点でベストな決断を下せる人材。そのような人は、アマゾンだけでなく他の企業からも重宝されるかもしれません。

もちろん、コミュニケーション能力も求められている

20180302_amazon_3

独創的でアグレッシブなだけでなく、チームのやる気を引き出したりうまく協調する能力も求められています。

「人から、自分の考え方を変えることになったフィードバックを受けたときのことを教えてください」 —— データ解析担当の面接

「どうやってスタッフのやる気を引き出しますか? 」 —— エリアマネージャーの面接

「開発会社や関係者とどのようにして良好な関係を築きますか?」 —— シニアUXデザイナーの面接

「扱いが難しいチームをどうやってマネジメントしますか?」 —— エリアマネージャーの面接

Business Insider Japan」より引用

アマゾン以外の会社でも聞かれそうなごく一般的な内容ではありますが、もしかしたら、これが一番難しいかもしれません。他の質問についても気になる方は、ぜひ「Business Insider Japan」でチェックしてみてくださいね。

photo by Getty Images, Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    2. 意外とあるじゃん!学びの時間のつくりかた/まとめ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 高収入の人が毎朝やっていること

    7. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    8. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    9. 楽しく、挫折せず、身になる「学び方」って?/立教大学教授 中原 淳さん #02

    10. 仕事のパフォーマンスを上げる「食事のスキル」

    1. 高収入の人が毎朝やっていること

    2. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    3. 「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    6. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    7. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    10. 在宅フリーランスがご機嫌に働くための4か条

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    答えられる? アマゾンの面接で聞かれるかなり難しい質問

    FBからも最新情報をお届けします。