1. Home
  2. キャリア
  3. 15分のすきま時間に自己啓発、おすすめTEDトーク集

15分のすきま時間に自己啓発、おすすめTEDトーク集

2,130

20180306_ted

TEDトークの良さは、一流の研究者や起業家、作家などの講義を誰でも気軽に受けられることです。しかも15~20分というほどよい長さ。自宅でリラックスしている時や通勤時間など、いつでもどこでもすき間時間に視聴できるので、多忙な人の自己啓発にピッタリです。

今回ご紹介するのは、Business Insiderが厳選した、おすすめTEDトーク集です。様々な分野のスペシャリストが、鋭い視点で社会を切り取っています。

学校教育はクリエイティビティを殺してしまう?

再生回数5000万回超、現時点で最も多くの人に視聴されているTEDトークがこちらです。日本でも“暗記重視”の教育方法が批判されることが多いですが、ケン・ロビンソン氏によると米国にも似たような問題があるそうです。

学校教育は創造性を殺してしまっている
by ケン・ロビンソン(19分22秒)

作家で大学教授でもあるケン・ロビンソン卿(Sir Ken Robinson)は、わたしたちは学校について少し違う考え方をしてもらいたいという。機械的な暗記ではなく、教育システムは好奇心を育てるべきであり、標準化された統一テストばかりを重視すべきでないと、彼は考えている。

Business Insider Japan」より引用

5年先の未来すら予測できない時代、暗記だけの勉強ではあまり意味がないというのは確かにその通りかもしれません。そしてこのことは、子どもの教育だけでなく社会人になってからのキャリアアップや勉強にも当てはまりそうです。

「期限はまだまだ先……」があぶない

夏休みの最後に宿題を泣きながらやっていたタイプの人にお勧めのTEDトークです。

先延ばし癖のある人気ブロガーのティム・アーバン氏が、可愛いイラストを交えながら、先延ばし癖がある人の頭の中と対策についてユーモアのある解説をしています。

先延ばし魔の頭の中はどうなっているか
by ティム・アーバン(14分2秒)

アーバン氏によると、先延ばしの本当の恐ろしさは“明確な期限のあること”よりも“特に期限のないこと”の方に現れるのだそうです。

その具体的な例として、“起業家や個人事業主の創作的な仕事”、“健康のための運動”、“家族との時間をつくること”などを挙げ、「そのような長期的な類の先延ばしは、滑稽で短期的なしめきりのある先延ばしに比べ、目につきにくく語られることもありません。通常ひとり静かに苛まれることになり、長期的で大きな不幸や後悔の源になります」と説明。最初は笑っていた客席の人々も、真剣な表情で耳を傾けていました。

片方の話だけで判断しないで

フェイクニュースが社会問題になっている昨今。情報が溢れる現代社会では、自分でその内容の公平性や正確性を判断できる能力が問われています。

そんな中で、“ひとつの話(シングルストーリー)”だけを聞いて物事を判断することの危険性を指摘したのがナイジェリア出身の作家チママンダ・アディーチェ氏です。

シングルストーリーの危険性
by チママンダ・アディーチェ(18分42秒)

直近の著書『アメリカーナ(原題:Americanah)』では、アメリカに移住したナイジェリア人としての経験や、ナイジェリア人とアメリカ人の相違点と共通点について書かれている。アディーチェはトークの中で、物語の力を強調し、ある場所を真に理解するためには多様なストーリーや意見を追求することが必要だと指摘する。

Business Insider Japan」より引用

普段の生活でも、人間関係について「片方の言い分だけを聞いて判断してはいけない」という教えをよく耳にしますが、ニュースについても同じことが言えるでしょう。

* * *

TEDトークのいいところは何と言っても、一流の講義をいつでもどこでも無料で視聴できること! 他のお勧めTEDトークについても気になる方は、ぜひ 「Business Insider Japan」 でチェックしてみてくださいね。

photo by Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    15分のすきま時間に自己啓発、おすすめTEDトーク集

    FBからも最新情報をお届けします。