1. Home
  2. キャリア
  3. お肌のために「残業なし」。仕事と肌コンディションの意外な関係

お肌のために「残業なし」。仕事と肌コンディションの意外な関係

20180316_skin_top

現在、官民一体となって推し進められている“働き方改革”。なかでも主軸とされているのが“労働時間の短縮”です。

長く働くほどいいという価値観はもう古く、今後は、いかに短い労働時間で高い成果をあげられるのかで判断されるように。残業が減った分、プライベートを充実させることで、仕事に還元できるという好循環も期待されます。

しかし、働き方改革はまだ始まったばかり。現時点ではまだまだ残業をしている人も多いのでは。そこで今回は、株式会社ナリス化粧品の調査を元に、「残業による肌荒れ」が働く女性のモチベーションに及ぼす影響を考えました。

残業が多いと肌の調子が悪くなる

GettyImages-145073975

今回の調査は、1日平均1時間以上の残業をしている 20~40 代の女性 1690 人を対象に行われました。まず、「残業が多いと肌荒れを実感しますか?」という質問に対しては、「とてもそう思う」が 21.3%、「ややそう思う」は 53.9%。実に75.2%もの働く女性が、“残業による肌荒れ”を日ごろから実感しているようです。

ナリス残業多いか

そして、その具体的な原因について調べた結果、上位5つはこのように。

残業が多いと肌の調子が悪くなるのはなぜ?

1位……ストレスがたまるから(71.1%)
2位……睡眠時間が少なくなるから(68.0%)
3位……食生活が乱れて栄養が偏るから(49.3%)
4位……長時間メイクした状態でいるから(41.1%)
5位……日々の肌ケアが不十分になるから(37.2%)

圧倒的に多かったのはやはり「ストレス」と「睡眠時間の短さ」。どちらも“美肌の大敵”として知られています。働き方改革が進んで残業時間が短縮されれば、どちらの原因もうまく解消できるようになるかもしれません。

「残業肌」ってどんな肌?

20180315_career_1

肌荒れは、メンタルにも悪影響を及ぼすことが多々あります。自分の顔を鏡で見た時に肌荒れしていると、気分が沈んでしまい人に会うのが億劫になるものです。

同調査でも、残業による肌荒れで、ストレスを抱えている女性は95.8%に達することが明らかに。

ナリス残業肌荒れによるストレス

また、「残業肌だと、肌の調子のよいときに比べて、仕事の上でどんなことが起こりそうですか?」という問いには、このような回答が集まりました。

残業肌だと、仕事上でどんなことが起こりそうですか?

1位……モチベーションが下がりそう(51.7%)
2位……自信が減りそう(42.7%)
3位……笑顔が減りそう(34.9%)
4位……接客や営業で相手に悪い印象を与えそう(27.5%)
5位……だらしない人と思われそう(26.0%)

全体で最も多かったのが「モチベーションが下がりそう」(51.7%)。次いで、「自信が減りそう」(42.7%)「笑顔が減りそう」(34.9%)となりました。「接客や営業で相手に悪い印象を与えそう」(27.5%)という、特定の職種ならではの悩みもありました。

残業が減れば、残業肌にサヨナラでき、さらには、自信をもって仕事にとりくめるようになるのかもしれません。これから新しいシーズンを迎える時期。仕事と肌コンディションのバランスについて考えてみませんか。

株式会社ナリス化粧品
photo by Getty Images

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 毒のある同僚と距離をおいてスッキリ働くためには

    5. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 外見は一番外側の中身。仕事中、おしゃれ賢者・佐藤悦子さんは何着てる?

    9. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    10. まずは正直者であれ。「100人100通り」の働き方を叶えるチーム術

    1. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    10. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    7. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    8. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    9. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    10. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    お肌のために「残業なし」。仕事と肌コンディションの意外な関係

    FBからも最新情報をお届けします。