1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「ちょっといいコーヒー」をやめると、人はもっと幸せになれる

「ちょっといいコーヒー」をやめると、人はもっと幸せになれる

8,054

20180322_cafeglobe_coffee_top

コーヒーのランクを下げると、人はもっと幸せになれる」。そう言われても、すぐに納得できる人は多くないでしょう。わざわざ自分の好きなものに対して、質の悪いものを選びたがる人はいません。もし、あなたがそこまでコーヒーにこだわりがないのなら、別の品物に置きかえて想像してみてください。たとえば、ミネラルウォーターやお酒、衣料品や毎日の消耗品など……。

アップグレード好きな現代人

コーヒーの場合、お金持ちでなくても最高級品を1度や2度楽しむぐらいのゆとりは誰にでもあります。なので上質なものの良さを知り、それを毎日求めてしまうようになりがちです
(中略)
こうなると、もう後戻りはできません。

ライフハッカー[日本版]より引用

高価で上質なものを生活に取り入れることで、ライフスタイルが豊かになり、仕事のモチベーションも高められるような気がします。確かにそうです。毎日忙しく働いて稼いでいるのですから、コーヒーくらいちょっと贅沢したい。そう思います。コンビニやファーストフードの安いコーヒーでなく、できればコーヒーショップで注文したのがいい。雑誌やウェブマガジンでは、おいしいコーヒー豆の選び方や、趣味の良いハンドドリップ用ドリッパーやグラインダーといった道具一式について、心惹かれる特集がたくさん組まれています。いいなあ。こうした「アップグレード」への誘惑は、身の回りにあふれています。

20180316_coffee_1

photo by Getty Images

でも、待ってください。そうした「ちょっといいもの」は、本当に暮らしを豊かにしてくれているのでしょうか。せっかく稼いだ、大切なお金を費やしてまで求めるものなのでしょうか。高級品に囲まれたセレブは、見ていてうらやましいものですが、逆に「ダウングレード」したからといって、生活がみじめになるわけではないのです。

最近は、高級品でなくても、リーズナブルで質の良い品が簡単に手に入ります。安いコーヒーを試しに飲んでみて、それがまずかったとしても、他のコーヒーを試してみましょう。何度かチャレンジすれば、「質の劣る」、けれどそこそこおいしいコーヒーが見つかるはずです。

「ダウングレード癖」をつけて有意義にお金を使う

コーヒーにかける時間やお金を節約しても、あなたの人生が変わることはありません。ミレニアル世代の人も、家の購入資金がたまることはないでしょう。けれども、コーヒーをダウングレードできれば、どんなものでもダウングレードできるようになります。
(中略)何かをダウングレードすることで、現在文化的にデフォルトになっている「アップグレード・モデル」への抵抗力が鍛えられ、意志の力が養われるのです。

ライフハッカー[日本版]より引用

大切なことは、本当に気にかけるべきものにお金を使う余裕をふやすことです。コーヒーをダウングレードできれば、ほかの贅沢品にたいしても、ハードルは下がってくるはず。いままでお金をかけていたものが、それほど魅力を持たなくなり、気にかける対象が減ることで、本当に気にかけるべきものに力を注げるようになるのです。

自分にとって「ダウングレード」しても差支えないものは何なのか、普段から仕分けしておくのもよさそうです。なにより、毎日忙しく働いて稼いだお金なんですから、有意義に使って、本当の意味で幸せな人生を手に入れたいものです。

ライフハッカー[日本版]
文/カフェグローブ編集部

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 28%の離職率を4%に変えた、サイボウズ流チームワークとは

    9. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    10. 家でバリスタのコーヒーを。IoTコーヒーメーカーで好みの味を再現

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    10. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    「ちょっといいコーヒー」をやめると、人はもっと幸せになれる

    FBからも最新情報をお届けします。