1. Home
  2. キャリア
  3. ついにビル・ゲイツが大統領選に出馬する!? その答えは……

ついにビル・ゲイツが大統領選に出馬する!? その答えは……

1,128

20180306_gates

2018年、2月27日にアメリカ最大級のソーシャルニュースサイト「Reddit」 の人気コーナー、「Ask Me Anything」にビル・ゲイツが登場しました。

大統領選に出馬して!

何を聞いてもよしのこのコーナー。質問者は「この国にはあなたのようなリーダーが必要だ」と熱心に訴え、2020年の大統領選に出馬する気はあるかとビルに尋ねました。

オプラ・ウィンフリーミシェル・オバマなど次の大統領選に出馬してほしい人たちの名前が挙がっていますが、ビル・ゲイツ!? 考えたこともありませんでした。

ゲイツ財団の中と外でメリンダとやっている仕事に専念しているので、大統領選には出馬しないよ。世界的な視点でアメリカについて、また疾病問題や気候変動問題を解決するための研究について、長期的に考えられる大統領が大事だという点には同感だ。
みな政府に期待しすぎていると思う。たしかに国はもっとうまくできるだろうが、学校や貧しい人たちを援助するなど、国よりも地域の団体ができることはたくさんある。それは国際的にも同じことだ。市民社会セクターにもっと頑張ってもらいたい。中絶や移民のような問題についてコンセンサスに達するのは無理かもしれないが、保健や教育の現状を向上させるようなことは達成できるのだから。

Reddit」より翻訳引用

ということで、大統領に立候補する気はないようです。

トークショーで見せたユーモア

「Reddit」に先立って、2月21日、ビルはエレン・デジェネレスのトークショー『エレンの部屋』に初出演しました。食品や日用品の値段を当てるというゲームで、みんなからヒントをもらってなんとか5問中3問正解

億万長者だしスーパーに行くわけないから(本人もスーパーに最後に行ったのはずっと前だと告白)値段はわからないよねと思っていたのですが、どの製品も使わない庶民のわたしもデンタルフロスしか当てられませんでした。だから、一概にお金持ちだから知らないとも言い切れないのかも。

それにしてもトークショーに出演してこんなクイズもやるなんて。これがスティーブ・ジョブズだったら、クイズはもちろんトークショーに出演するなんて想像もできません。ちょっと恥ずかしいようなこんな一面を見せてもかまわないというのもユーモアのひとつ。しかも、観客のなかには長女もいたのですから。

人びとを鼓舞するのもリーダーの資質

リーダーには庶民の生活もわかっていてはほしいけれど、世界的な視野を持ち、一流のスタッフや専門家を集めて仕事を任せ、英断ができる人が、いま求められているのではないでしょうか。

ビルの「Reddit」で思い出したのが、2018年1月のニュース。ビル&メリンダ・ゲイツ財団がナイジェリアの円借款7600万ドル(約80億円)を肩代わりすることになったのです。2014年の合意で、ナイジェリアがポリオ撲滅の目標を達成すれば、ゲイツ財団が同政府の円借款を支払うと決められていました。目標を達成したナイジェリア。ゲイツ財団の資金運営力や影響力を痛感したニュースでした。

資金や頭脳などリソースを多大に持つゲイツ財団がいろいろな業績を達成できるのは当たり前だと考えるのは簡単です。でも、自分が関わっている部分でもっとできることはないのだろうかと、あらためて考えさせられました。

こうやって、人びとを刺激し、鼓舞し、影響を与える。業績や影響力を鑑みると、ビルもメリンダも大統領候補になってもおかしくはない気がしてきました。

Reddit, Inc., Quartz, 国際協力機構
photo by Getty Images

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    ついにビル・ゲイツが大統領選に出馬する!? その答えは……

    FBからも最新情報をお届けします。