1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 魚と卵とウサギのスイーツで、4月1日の2大イベントをお祝い

魚と卵とウサギのスイーツで、4月1日の2大イベントをお祝い

2018年4月1日には、2つのイベントが重なっています。

エイプリルフールはフランス語で○○

1つはみなさんご存知であろう、エイプリルフール。このエイプリルフール、フランスでは「ポワソン ダブリル(4月の魚)」と呼ばれています。

20180316_hyatt_1

アーモンドクリームベースのケーキの上に、魚の骨をモチーフにしたチョコレートをあしらったピースケーキ「ポワソン ダブリル」600円(税別)※販売期間は2018年4月1日(日)〜4月30日(月)

4月になると鯖が簡単に釣れることから、4月1日に鯖を食べさせられた人がポワソン ダブリルと呼ばれるようになった、というのが語源だそう(諸説あり)。それが転じて、子どもたちが友達の背中にこっそりと魚の絵を貼るいたずらを行ったり、魚の形のパイやチョコレートを食べたりする習慣が生まれたのだとか。

20180316_hyatt_2

さまざまな魚を模したカラフルな「ポワソン ダブリル クッキー」1枚(約10cm)850円(税別)。やきあげからデコレーションまで1つ1つハンドメイドされ、表情の違いが愛らしい。※販売期間は2018年4月1日(日)〜4月30日(月)

日本ではまだあまり知られていないポワソン ダブリルですが、近年、この時期に魚の形をしたパイなどが発売されるのを日本でも見かけるようになっています。

認知度をじわじわ上げる復活祭

そしてもう1つのイベントが、イースター。イエス・キリストが、十字架に磔になった受難の日から3日後に復活したことを祝う祭日です。復活祭は太陰暦をもとに定められるため、年ごとに日付が変わるのですが、今年は4月1日が復活祭にあたります。

20180316_hyatt_3

ペイントが施された小さなイースターエッグをバスケットに入れてラッピングした「イースターエッグ Sサイズ」3個入 2,500円、6個入 4,500円(ともに税別)。卵の中にはアマンディーヌが詰まっている。※販売期間は〜2018年4月1日(日)

イースターでよく知られるのが、ペイントを施された卵。イエスの復活と、ヒナが殻を打ち破って外に出てくる姿をかけ、卵がシンボルとなったと言われています。また、イースターにまつわる動物の1種がウサギ。多産のウサギは生命あふれる春の象徴でもあり、イースターの卵を運んでくる存在だとする言い伝えも。

20180316_hyatt_4

ホワイト、ミルク、スイートの3種のフランス産チョコレートで象った「イースターバニー」S 1,200円〜、M 2,800円〜、L 4,000円〜。卵を生む鶏も登場。「イースターニワトリ」M2,800円〜、L4,000円〜(すべて税別)※販売期間は〜2018年4月1日(日)

イースターは日本でもじわじわと認知度を上げていて、2017年にクロス・マーケティング社によって行われた調査では、イースターという名前だけは知っているという人を含めると、その認知度は約7割。この背景には、2014年から有名なテーマパークがイースターイベントを始めたことや、2015年ころからイースターエッグや料理・お菓子を販売するショップが増加傾向にあることが挙げられます。

この偶然にも4月1日に重なった両イベントをおいしく楽しめるのが、「グランド ハイアット 東京」の「フィオレンティーナ ペストリーブティック」。ポワソン ダブリルに合わせて魚の骨を模してデザインしたピースケーキや、魚モチーフのアイシングクッキーイースターチョコレートが登場します。

自分でいただいてイベントを満喫するもよし、お持たせにするもよし。春のイベントを味わいつくしましょう。

フィオレンティーナ ペストリーブティック

住所:東京都港区六本木6-10-3 グランド ハイアット 東京1F / 電話:03-4333-8713(直通) / 営業:9:00〜22:00(ケーキ・タルトの販売は10:00〜22:00)

グランド ハイアット 東京

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今度は、ほぼチワワ。でも、吸引力に自信あり!

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    7. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    8. 働くひとの幸福を考えると、おのずと企業や社会が成長する理由

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 思わずため息。時を忘れるパール展

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    6. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    10. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    魚と卵とウサギのスイーツで、4月1日の2大イベントをお祝い

    FBからも最新情報をお届けします。